母を看取る前後の様子を観察していたら
癌で亡くなる前の人によく見られる現象がいくつかあった。

脳の機能の衰えによるものと言われているが
実際、自分が見て来た母の様子から、
個人的にはそれだけでは無い様な気がしてならない。

光を嫌がったり、昼夜の区別がつかなくなるのは
そうかもしれない。

でも、一つだけ今でも気になる現象がある。
それは「お迎え現象」。

数割の人が、亡くなる前にこの体験をしているらしい。

亡くなった親や親族が、目の前に表れるという現象。

幻覚だと言われているが、
だったら、亡くなった人でなくて、今生きている身近な人が
見えても良さそうなものだ。

”亡くなっている人”が見えるというのは何故?

母の場合は、夢に出て来ると言っていた。
5分うつらうつらしては、目が覚めるという日が続いた時、
「すぐに夢を見る、とても鮮明で
いつも亡き母と姉がでてくる、何故だろう」と言っていた。

それを話す母の顔がいつもきょとんとしていた。

お迎え現象だとは内心思ったが、
そんなことは言えるはずもなく、「薬の影響かな」とか、
「会いたい人に会えて、夢でも嬉しいことじゃない?」としか言えなかった。

いつもの母なら、もっと何を感じたかを口にする。
夢を面白がる。

でも、この時の母は、夢について無表情で無感情だった。

そして母は「光の玉が飛んでいるのが見えているよ」と淡々と言った。
あの時の母は、幻覚?を自然に受け入れていた。

冷静に、動揺もせず、きょとんとした表情だったことが
母らしくなく、不思議な感じがした。

魂が少しづつ、肉体から離れつつある時期だったのだろうか。
幼い純粋無垢な子どもみたいな表情に見えた。
人は、歳をとって亡くなる場合、次第に子どもに戻り、
最後は、胎児になって母のもとへ戻っていくんだなと感じた。

看取る事は、悲しく辛いことなのだが
あの空間は、厳粛で美しく、とても幸せな気持ちに包まれていた。
母の呼吸が止まる時、
神々しい光に自分も包まれた様な、あんな清らかな瞬間は体験した事が無い。

これは、母だったからなのか、父ならまた違うのか、わからない。
ELLY_shinayakanakazenikaorubara_TP_V

結局、お迎え現象は、夢なのか幻覚なのか
断定も証明もできない。

あの世はあるのだろうか。
誰にもわからない。

父に追い返されたあの日、
しかも、お骨になってやっと母が実家に帰った日に、
私が悲しい目にあったことを母は見ていて、嘆いたと思う。
落ち込んで帰宅した私についてきてくれたと感じた。

帰宅した夜、私の寝室でラップ音が酷かった。

いつもは、全く聞こえない音がした。

母がそばにいて、私を心配しているのを感じた。

それも、私の錯覚なのだろうか?

お迎え現象は、魂が少しづつあの世に行きつつある時、
先祖がお迎えに来ているのが見えるのかも?
なんて思ったりする。
そう思う方が、納得できる。

あの世の事は誰にもわからない。

あった方が良いのか、無い方が良いのか、
自分はあった方がいいなと思う。

全て薬のせいとか、
脳にインプットされていた「あの世へ旅立つ為のプログラム」が起動したとか、
色んな見方があるだろうけど。

今、一番自分がしたいこと。
亡くなった人に、その後、どうなったのかを聞きたい。

あの後、こっちはこうだったよ。そっちはどんな?
と話をしたい。

霊感のある人を通じてではなく(信じていないから?)
自分で直接話してみたい。