自分の周りの???な人、特に身内の場合、
何故こんな人になったのだろうと色々考えて見る。

自分もたいした人間じゃないので
人のことを偉そうに言えないし、
?と思ってもその人を全否定してはいけないし
自分には足りない、学ぶところも沢山あると思う。

が、人に被害を与えると言うのか、
人としてそれは無いだろうと思う、どうしても譲れない点は
どうしてそうなるのかと不思議になるのだ。

あくまでも私個人の考えだが
育った環境に原因があると思う。(当たり前かな)

「うちはよそと元来身分が違うのよ。うちはよその家より優れている。」
と言い続け、人の悪口ばかり言って育てたり、
「あなたは特別。他の人より(生まれながらに)優れている。」
と過保護にしたり、
「うちはよそより優れた家系なのだから、人に勝つのは当然」
「成績さえよければ、人として上だ」
「人より上の家柄なんだから、人は我々の為に尽くして当然」

と言いながら、放任し、きちんと躾けなかった場合など。
私の周囲にはこういう環境で育った人が多い。

思春期に、友人の家庭と比べて自分の親の思考に疑問を持ったり、
反抗期を経て客観的な見方ができて、気が付けば良いのだが
反抗期もなく、親を信じ、親の為に頑張ったり、
顔色を伺ったり、逆に甘やかされ親を利用して育ち
そのまま大人の年齢になってしまったという事か。

(弟嫁も小室圭さんももしかしてその類?)

若い時は親の力で何とかなると言うより一見順調に行く。
それを自分の力と錯覚し、
本人も周りもそれほど違和感を持たない。
羨むほど、恵まれて自由に生きてるように見える。

が、親は老化し、世の中に与える力も無くなるし、経済的にも頼れなくなる。
頼る人がいなくなると、子には、それまでの生き方、考え方のツケが一機に出て来る。

最悪、子が親より先に自ら命を無くしたり。
他人や親族にも理不尽な要求をしてトラブルになり、
縁をきられたり、妻子に逃げられたり、
歳をとって初めて、自分の周りに誰もいないことに気が付く。

夫もその一人だし、予備軍。
私の親族にもそういう人はいる。

texture198192277_TP_V

夫は、母親が絶対正しいと信じた幼児のまま
歳をとっている。

これも、夫を観察してきたからわかった事で
上辺では、親離れをしているような事を言って誤魔化している。

「だってお袋がそう言ってたんだぞ」
とすぐに言い出す。

母親が言ったから絶対正しいのだぞ
と言って、他人を黙らそうとすることが
???なのだ。

夫の家では「母親は教祖様で、母親以外の女性は全て劣る」
みたいな洗脳を受けている。

結婚するまでマザコンを隠していたから、分かった時はぞっとした。

義兄嫁さんが義母と会話していた時、
楽しそうに笑っていたことを
「お袋に向かって慣れ慣れしい。もっと敬う態度で接するべきだ。ろくでもない嫁だ
親のしつけが悪い。」
と夫は裏で批判していた。??だ。

今のままでは、夫は孤独な老後と老後破産予備軍。

誰からも愛されない環境を自分で作ったのだから
仕方ないね。

つくづく、反抗期はまともな大人になる為の大事な成長過程だと思う。