まだ友人誰にも連絡取る気がしない。

電話をすれば、永遠と話し続けるだろう。 
これまでのお互いの事を。

だから連絡しない。

今は、話す気力も聞く気力も無い。

コロナ禍が始まってからずっとこんなだ。

帰省している間は、声を良く出し、
父や弟に色々話かけ、母とも電話で元気よく接していた。
とても元気で活力のあった自分。

自宅に帰って来てから
どっと疲れがでたのだろうか。

今年に入り、元日からずっと母の事が気がかりで
入院中も母と毎日電話していた3か月半。

長年、母からの長電話に参っていた時期もあったが
それが亡くなる3日前を最後にぷっつりと切れた。

思えば、結婚したばかりの頃、
子どもを産んだ時、母が更年期で鬱になった時、
よく長電話をしていた。

母の冷たさに怒り、縁をきりたくなった時もあった。

皮肉なものだ。
やっと自分の一番の理解者になってくれたと思ったら
いなくなってしまった。

過去の元気な時の母の写真を見ると
亡くなる前の母とは違う。
別人だ。
いてほしいのは、この人じゃない。
亡くなる前の母に会いたい。
shikun5V7A1678_TP_V

自分は、どんな終わり方をするのだろう。
独身時代はいつ終わってもいいと思っていた。

母は、人生を終わる瞬間、1人では無かった。
私がいた。手を取り声をかけた。
奇跡だったと思う。

どんなに家族が交代でついていても
たまたま、家に帰った時だったとか
席を外した時に、1人で息を引き取り、
タイミングが合わないケースが多い気がする。

産まれてくる時は、母親と一緒なのに
終わる時に1人ぽっちというのは寂しいなあ。
どうしようもないことだけど。

母を1人ぼっちで逝かせなかったという事で、私は救われた。
幸せな気持ちになれた。

まだ、母が生きている感覚がする。

親は先に逝くのだし、
長生きしたと思うし、我々が子育てが終わる年齢まで
長生きしてくれたから助かった。
子孝行な両親に感謝したい。
私も、子ども達には迷惑をかけないようにしたい。
(問題は夫)

別れの辛さは
思い出の数だけあるのだろう。

それを思うと、
夫とは、何の思い出も無いから
別れがきても何も感じない気がする。

自分の目先の自由と欲を優先し、
大きな幸せと宝物と思い出を自ら捨ててきた人。
うんと後悔してほしい。

そして私は、夫より絶対長生きしなくては。