高校の同窓会名簿が届いた。

すっかりご無沙汰で、実家に帰っても
なかなか友人に会えない。

今回も落ち着いたら会って帰ろうと思っていた、なのに
父に追い出された。

名簿で、知っている友人を探す。
卒業して長年たつので
半分は住所欄は空白だ。

そうだ、彼女はどこにいるのかな?と
K美の名前を探した。




以前書いたK美だ。

すると、亡くなっていた。

ただ亡くなった事しか書いてなく
詳しくはわからない。

縁をきっていたが
まさかの、ショックを受けた。

K美は生命力が強いイメージ。
自分の好きな生き方をしていたはず。

何だか、馬鹿みたいだなあ。

どんなに勝組になろうと頑張ってそれをゲットしても
死んじゃったら何もならないじゃないか。

こんなに早く。
MKJ_hereborusu_TP_V

良く考えて見ると
高校時代で一番一緒にいたのはK美だ。
後から離れたけど。

大学時代の親友も、亡くなった。

どうして私の仲良かった人は
寿命が短いの。

この世が修行の場としたら
彼女らはもう卒業したの?

でも、家族が残っているよ。
悲しみ、寂しがっている。

いくら縁がきれた相手であっても
居なくなるなんて、そんなの嫌だ。

自分もいつ何があるかわからないとは前から思っている。

でも、大事な子どもたちを
まだ残してはいけない。

死ぬのは怖くなくても、
家族を悲しませるのは嫌だなあ。