久し振りに母の話題以外のことを書こう。

自分は、夫の自己中心な行動と
子育てを協力してもらえる環境にいなかった為、
フルに働けず、子育てに追われる生活だった。
なので、年金は国民年金。厚生年金はほんのわずか。

とても生活できない。子育てが終わった今、少しづつ貯金をしているが
なかなか増えない。
独身時代の貯金を大事にもっていて
頼れるのはそれだけ。

ずっと働けるかどうかも体力に自信がない。
それは夫も同じ。

おそらくいざ生活に困ったら
突然帰宅して、私を頼ろうとするだろう。
私の年金や貯金まで利用する、自分は遊び、妻を働かす。そんな人だ。
「夫が困ったら支えるのが妻というもの、
支える気がないなんて、君には失望した。がっかりだ」
と平気でいう。
いつもその手で、下手なモラハラだが、おかしくて笑う、
お前が言うかと言われたら終わるし。
自分には言い訳があるから許されると思っている。
そんな馬鹿なだ。

そんな勝手な事、絶対拒否する。
その前にどうにかして縁を切りたい。

 自分の老後の事はその時になったら考えよう。

母みたいに、自分の事には使わず、節約して必死で溜めて来た貯金を
ごっそり息子に勝手に取られ、
旦那からも「妻の年金もへそくりも全て本来は俺の金だ」と言われ
感謝の言葉も言われずに亡くなったら馬鹿らしくてやってられない。

我慢させられ、努力させられ、何も報われない人生なんて。
marbee0319sakura2_TP_V

このご時世でも、退職金や年金がきちんと貰える人が
年金が足りないだの、老後が大変だのと
お金に執着している人が意外に多いのに驚く。

海外旅行もできない、
優雅に遊んで暮らす予定が狂ったと言う。

私とは生活の基準が違う。

弟もそうだ。いくらお金を使っても足りないらしい。

だから母のお金を使い込む。
基準が違うのだろう。

母とも話していた。
私たちは、お金が無いのに慣れているから
贅沢ができないと嘆く事は無いし
最低限の生活ができればいいと思うから
お金持っている人がお金に目の色を変える気持ちがわからないねと。

幸せの基準は人それぞれだから。

貧乏だと言いながら
ブランドの名前をわざわざあげて
自分はこういう服しか着ないとか
デパートで買い物をするとか毎日ブログに書いて
老後が心配だとか
年金が少ないとか
嘆いている人、私から見れば不思議だ。

義母もそうだった。

義父の退職金を全て占いに使い
年金も毎日デパートで買い物三昧。
家は物であふれ、いつもお金がない、うちは年金が少ない。
だから嫁の親にお金をだしてもらえと
夫に言うような人だった。
年金は少なくなかったし、すぐに使うから無いのであり
いつも人に嫉妬し、僻んでいた。

それを注意するどころか
一緒になって、そうだそうだと言っていた夫。

妬み、嫉みの生き方は、どんなにお金があっても
幸せにはなれない。