昨日から、母からの着信がなくなった。

かけてみようかと何度も思ったが
夜、また苦しんで、疲れて、そして強い薬で
眠っているのかもしれないし
電話が負担になってはいけないと思い、
かけられない。
弟にもかけていない様子。

日に日に悪化している。

神様どうか、母を苦しませないでほしい。

一昨日、電話を切る時に
「あさってね(面会)」と言ってきったので
ひょっとすると今日 会えるから
体力を温存しようとか、
面会の時に話そうと思っているのかも?
と良い方向に考えようとするが
気になって仕方がない。

自分の親なのに
まるで我が子の心配をしている様な気持ちになっている。

私は、今日の午後、やっと病院に足を踏み入れられ、
面会ができる。
コロナのせいで、
病人も家族も、本当に辛い目にあっている。

196RED20404A_TP_V

母は、弱り、痩せて痛みに耐える自分の姿を
見せたくないだろう。
心配かけさせたくないと思うだろう。

もう、そんな気は使わなくていいから
本当は、父の世話じゃなく母の世話をしたいのに。

ずっと付き添って
孤独な時間を無くしてあげたい。

ついこの前まで、「いつか家に帰った時に使うから」などと
まだ、帰宅する気力は口にしていた。

抗がん剤治療の時は、
患部の痛みや肉体的な副作用はでなかったようだが
身体機能の衰えにショックを受け
精神的に参っていっていた。


それでも、緩和ケアに移って
何とか少しでも生きようとしていた。
痛みが襲い始めるまでは。

どうか、面会の時に会話ができます様に。