今朝、母から着信があったが
バタバタしていて、出られず、
その後も何度かかかってきた。

弟にもかけて話をしていたようだった。

午後にやっと落ち着き、こちらから電話をした。

すると「ショックなことがあった」と言う。

看護師さんから「最期は自宅で迎えますか?どうされますか?」と聞かれたと言う。
弟に電話して相談したら、弟は「自分できめたらいい」と答えたらしく
「自分で決めろと言われても、自宅で最期をなんて、私はもうダメってことかね。」
と言うのだ。

弟は悲しい、辛いと言って顔面麻痺にまでなったが
態度はどこかずれており
母の不安を増やす様な対応をする。

この件に関しては、
「今すぐもうダメというのではなく、
高齢者だし重い病気持ちなのだし
いざと言う時にはどうしますか、と聞いているだけよ。
どこでも、そういう事はあらかじめ聞いておくものよ。」
と話したら、落ち着いていた。

そして、もしもの時は、こうしてほしいと
母は何度も希望を伝えて来た。

弟が自分の奥さんと面会するか?と聞いたらしい。

奥さんには入院して治療中だとは話しているが
どういう状況かまでは話していないから
今、説明して今のうちに会せようかと思って、とのことらしい。

例え、詳しい病状を知らなくても、
入院していることを知っているのに
いっさい顔もださず、何手伝いもする気の無い人、
それどころか、母に向かって何を言うかわからない。

また余計な事を言いそうだ。
弟はかばっているつもりなのだろうし
そういう面は気にしていない。

母は「会わない」ときっぱり、断ったという。

ホッとした。

今彼女に何か伝えれば、
また偉そうに母に言い、口だけだして
周りをいらつかせるだけだろう。
KZ2123DSCF2773_TP_V

母からお金だけはしっかり貰って
「遠慮なくこの人(弟)を使ってね」と言うだけ。

あなたの息子(弟)をお宅に貸してやっているのよ。
私が許可しているの、遠慮なく使って。
この人、本当に気が利かなくて。

と母に向かってこれまで、何度も言っている。

母は、もうあの人にストレス与えられたくないと
うんざりしていた。

その気持ちが弟に伝わっただろうか。

洗脳されているのと、似た者夫婦で母の気持ちを
理解していないかもしれない。

それで、悲しい、辛いと落ち込んでいる。

母が抗がん剤から解放され、少し体調が良くなり、
希望を持ち始めると
私は嬉しくなり、奇跡がおこるような気さえしてくる。

それを弟に話すと
「もう先が無いのに、何も知らずに可哀想に。辛い。」
と暗い事しか言わない。

母にも、無神経な言葉を吐く。
だから弟の反応で、母は不安になり私に聞いてくるというパターンが続く。

弟に注意した。
「勝手に母の寿命を決めないで。どうしてもうすぐいなくなると
決めてるの。本人が生きようとしているのに。
何も知らずに可哀想にだなんて、一番本人が嫌がる事よ。
自分に置き換えて考えてみて。
母の前で、暗い顔しないでよ。伝わるのよ。
母が希望を持てるほどの体調なんだから喜ぶところでしょ。
何故、そうやって悲しむのよ。まるでいなくなるのを待っているみたい」

こういうタイプの人っているいる。

悲劇のヒロイン、ヒーローになる人。

自分の為に悲しむ。相手の為でなく。

でも、性質だし、おじさんだし変わらない。

私だけでは、コロナもあり、県外だし、限界があるので
弟がいたのは助かるのだが。

最後の最後まで、母は同じストレスを抱えたまま
過ごさないといけない様だ。