昨日、母から電話があり
「昨日、トイレで思いっきり倒れてしまった。」という。

話をきくと
病院側の不注意のようだ。

まだ歩けるのに、転倒が怖いからと
看護師が車椅子で移動させる様になった。

本人は、寝込みたくないから
少しでも歩こうとしているのに
車椅子にされたことで、もう私はだめなんだと落ち込んでいた。

看護師は車椅子をトイレに置くと、さっと離れるらしい。
母は抗がん剤で力が弱くなっている。

車椅子から立ち上がる時にバランスをくずし
バターンと倒れたと言う。
誰も横にいないから支える人もいなかった。

何の為の車椅子?
ただ、看護師が楽をしたかっただけ?
付き添って歩くのが面倒?

車椅子を使う人なら
足腰の弱い不安定な人だろう。
なら、立ち上がり、便座に座るまで
せめて横についているべくではないか?
介助しても良いのではないか?

susipaku211-app94760_TP_V
抗がん剤による副作用で、白血球数と血小板が異常に低下している母を
絶対に怪我をさせてはいけない状況だったそうだ。

だから車椅子にしたのだろうが、もしかすると命取りになる状況だった。

本当に母の為のケアをするなら
ゆっくりでも歩かせるだろう。
介助されながら歩いてトイレに行けば
そのままゆっくり、便座に座るだけだった。

この話を弟は知らなかった。
面会ができないので
密室のケアになる。

母の電話だけが頼りで、様子を病院からは教えてもらえない。
そして、転倒した事で、もう私はダメだ、何もできなくなったと
パニックになっている母。

看護師さんの態度に、この人はもうダメだと思わせる何かが
あるのかもしれない。

母は、それを敏感に感じている。

高齢者の末期に慣れているから?

でも、1人1人違うんだよ。これが最初から気になっていた事だ。

運よく、口を切っただけで大きな怪我が無かったから良かったが
口を切った事も、今の母には危険な話だ。

何のための車椅子か。と
そして、何故、家族に報告しないのか
腹が立ち、弟に病院に問い合わせて見る様に言った。

すると、父が、家に連絡がきたという。
連絡先は弟になっているのに
この件だけ、何故父に?
耳も遠く、話をよく理解していない父。

それに加えて、
母が「何か意味のわからない同意書にサインした」と言っている。

やけになっていて、
字も小さいし、説明も聞こえないし、
どうでもいいと思ってサインしたと言っている。