昨夜、弟から電話がきた。
「父の事で話したいことがある」と真剣な口調だったので
父に何かあったのかとドキッとした。

良く聴くと
父が、介護認定申請をされた事について
ごねたらしい。

”自分は健康で若い、介護認定される必要は無い。
家事をやらないのは、仕事が忙しいからであり
老化で出来ない訳ではない。
面談するなら、そうはっきり言って断る。”

と言ったそうだ。
仕事はしていないし、忙しくも無い。
だが、本人はそう言い張る。
こういう年寄りが多いと思う。

調査員は慣れているので心配はいらない、
家族が説明すれば大丈夫、むしろ認知症がわかるからいい
と弟に話したのだが

父の様子では、どんな失礼な言葉を言ったり、
調査をすっぽかしたり、怒りだしたりするかわからない。
どうしようと困りきっていた。

母が、これから家事ができなくなるし無理はさせられないよ。
お父さんがやれるの?と聞いたらしいのだが
それがまた、酷い言葉が返って来たそうだ。

全く母の事を心配するでもなく
女には死ぬまで、家事をやらせればいい。
できないなら、施設にいれたらいい。
病気であろうが、家事やらせた方があいつの為になる
など、典型的なDV発言。
AME19612005_TP_V

ちょっと前の父とは別人。

数年前の母の入院の時は、私には、母を褒め、
大丈夫だろうか、ととても心配していた。
母とのなれそめや、結婚する前のラブラブな話まで
私に聞かせてくれた。
もうあの時の優しい父は消えつつあるのか。

脳の老化、認知症は怖いし、悲しい。

弟は、現実を突きつけられ、ショックで
私に電話してきたのだ。

父の女性差別は、私の育て方を見ても
元々持っていた人だから、老化でそこだけ残ってしまったのか。

反対に差別意識が消えて、丸くなる人もいるのに。

その後、介護サービスについて調べて弟に教えたら、
面倒になったようで、父への不安が頭から離れないようで
申請を取り消すと言っていた。

サービスは週1~2回だし、
誰かがやってあげれば済む話だよと私が言うと

父の事で、悩む位なら
自分が週1回くらいは、掃除をすると言い出した。

ああ、やっとか。

ここまでこないとその気にならなかった訳だが
良かった。

遅すぎるよ。弟も父と同じ事をしていたってこと
わかっているのかな。

弟には「1人で抱え込まないで何でも相談できるという良さが
介護サービスを受ける利点でもあるよ。」とは言っておいたが。
私に色々、相談する回数が増えてきた事は
良い変化だと思う。

息子の方が、母親に対する思いは強いのかな、
お別れが近いのかもと実感すれば
このままではいけない、と目が覚めたのかもしれない。

調べたが、無症状で、安く、PCR検査を受けられるところが無い。
検査を気楽に受けられるなら帰省するのだが。
こっちで検査できても
向こうで検査できないと
帰る時が怖い。

検査を誰でもどこでもいつでも受けられる様にしていれば
安心して動けるので、経済も回ると思う。
不安だから、中途半端に自粛するわけで
前から言われているのに
何故、やらないのか。

このまま、両親と会えないまま突然の別れとなる気がして、
顔色の変わった弟1人がバタバタしている様子を
離れて見ているだけなのも
何だか、辛くなってきた。