元旦早々…第二弾が。

昨日夜に弟からライン。

”母が「調子悪い、病院に行きたい」と訴えるので
かかりつけの病院の救急窓口に連れて行ったところ、
CTで、十二指腸に腫れ?腫瘍?ようなものが見られた”
とのこと。
リンパ腫の再発かもしれないとのこと。

担当医ではないので
正確な診断ができず、
来週、きちんと検査するそうだ。
そのまま母は自宅に帰り弟も家に帰った。

え?
具合悪いのに放置?
母は無理して夕飯の準備したり
洗濯物を取り込んだり
家事をしたことだろう。

案の状、夜中に症状が悪化、
緊急入院になったという。

こういう弟の鈍さというか冷たさは
どうしようもなく
これが実は母のストレスになっていると思う。
NKJ56_poisonbottle_TP_V

閉塞を起こしている様で

チューブで胃の中の物を吸い出す処置をして
気分は落ち着いたらしい。

母は病院だから安心だが
父の事を気にかけてほしいと弟に伝えた。
私は、コロナで帰れないことは
わかっているはず。

検査をいつでも、誰でも、速やかにできればなあ。
最悪、無症状でも検査できるところを探して
検査してから帰省するしかないか。

もっと検査について国が力をいれておけば
結果は違っただろうし、安心して帰省ができるのに。

GO TOやら、アベノマスクやら
税金の使い方がおかしい。
収束に向かわないのは、国の無策のせい。
人災ともいえるのではないか。