台風は上陸は無く、離れていきそうで良かったが
雨や強風の影響を受けるし、油断はできない。

以前、台風では無かったが
強い風が吹いて、近所の物置小屋の屋根の波板が
うちに飛んで来た事があった。

2メートル位の板が裂けて2枚飛んで来た。

すぐにご近所さんが来るかと思ったら
知らん顔をされたままだ。

そのお宅からうちは丸見えだし、
屋根が壊れたのも、飛んだのも見えている。
未だ、屋根の板はまだブラブラしており
残った部分も飛んでいきそうな状態。

小屋は、木の手作りで、結構古い。

もし、台風が来るなら
普通なら、何か補強をすると思う。

でも、何もせず、放置されたまま。
PP_home_TP_V4

私が、飛んで来た板をごみ置き場に運んでも、
それを見ているはずのご近所さんは知らん顔。

このお宅の奥様が
「うちは、良質で高い物しか買いません」と言っていた。
海外旅行にも良く行っておられる。
家も立派な豪邸。

目立つ部分や、世間体はとても大事にされる。
だから、小屋は即修理できると思う。

世間体の基準が、ずれているのだ。
近所の迷惑になっている事は他にもある。

このお宅が、家を建てる時、
ぐるりと高さ3メートルの塀をたてた。

「近所の家にのぞかれるから」と言っていた。

このあたりでは最後に引っ越してきた人。

ということは、周辺の状況を知った上で
家を建てたはず。
なのに、自分の方から家を近所の家ぎりぎりまでくっつけて
庭を広く作っていた。

覗かれたくないなら、何も無い所に建てるか
近所の家と距離をあけたら良い話。
自分からくっついてきて
「覗くな」と高い塀を建てた失礼な人と
近所ではあまり評判は良くない。

塀のせいで、陽が当たらなくなったお宅もある。

うちは、普段付き合いもなく
トラブルも無いのだが
この小屋に関してはどうにかしてもらいたい。
このお宅からまた、危険なものが飛んでくる恐怖がある。

この家の方は、どこかで災害が起きると
ボランテイアだとか、チャリティーだとか、熱心に活動されている。

それもいいのだけど
その前に、近所に迷惑かけないようにして貰いたい。