内容は
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
件名:おはようございます
ーーーーーーーーーーーーー
お元気になさってますか?

久し振りにお食事でもご一緒できればと思っているのですが、
来週はお忙しいでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


知らないアドレスだが、こういうメールは友人からよく来るので
てっきり、アドレス変更の連絡を忘れた友人からのメールかなと
思った。
ラインをしていない近くにいる友人になるので、限られる。

おそらくあの人かな?とか思いながら、
「どちら様ですか」と返信してみようかと思った。

その前に、念の為、よくメールを観察してみた。

送信側のアドレスに使われている単語の意味や並べ方が
友人らの考えるアドレスにしては違和感があった。

それまで届いた友人らのメールの打ち方の癖も
比較してみた。

「お元気ですか?(絵文字)」
はあるが、「お元気になさってますか」と打つ人はいない。
皆、どこかに必ず絵文字を入れる。
「お食事」なんて言わず「ランチ」とか「お茶しませんか」だ。

それに、朝7時は
忙しい時間帯だから気を使ってメールは送って来ないはず。
何かおかしいぞと思った。

cat9V9A9026_TP_V

最近の不正アクセスや
色んな事件を思い、ネットで調べてみた。

すると、2年前に、「知らないアドレスから
Eメールがきた」という人がいて、文章が全く同じだった。

この他にも「アドレス変更しました」とか
友人を装い名前を載せずにメールを送りつけ、
相手に返信させるという手口もだいぶ前からあるらしい。

適当に一斉送信して、返事がきたアドレスは使えるという
事がわかるので、悪用するのが目的なのだ。

フリーアドレスには、毎日色んな不正メールがきていて
迷惑メールとして振り分けたり、
受信拒否を設定して、用心している。

古い携帯の時から長く使用しているEメールのアドレスには
これまで一度もこういうメールが来た事が無かったので
警戒心が薄れ、騙されるところだった。


勝手な思いこみは被害にあいやすい。
「まてよ、念の為に」とまず疑う事が必要だなと実感した。