弟は、手術室前で父を見送り
駐車場の車の中で終わるのを待っている。

付き添い、面会は1人だけということで
常に弟1人で送迎したり
許可を得て部屋まで付き添っていたらしい。

1人と決まっていなくても
母は病気持ちだし
奥さんは全く無関心なので
弟1人が行動するのは予想していた。

コロナでこうなった今、
近くに弟がいてくれたのは
本当に助かった。
OG458A8663_TP_V

実家の近くに誰か親族がいるかと言えば
病気持ちのおひとり様の高齢者ばかり。
とても協力をお願いできるような方々ではない。

弟に何かあったら
弟の奥さんしか頼める人はいない。

おそらく手伝ってはくれないだろう。

これまで母が家事ができない時も無関心で
コロナ禍でも長期旅行に行こうとしたくらいだから。

弟が健康でいてくれる事を祈るしかない。

「ちょっとした怪我の治療程度だよ」と父の事を言うのだが
本当にそうなのだろうか。

高齢であろうが、
寿命であろうが
本人はまだまだ若い時のつもりでいるし
いつまでも生きていたいと思っている。

私たちと何も変わらない。
死ぬのは怖い。

勝手に、命の選別が行われる世の中はおかしい。

色々、怖い話が入ってくるのだが
人の寿命について
他人があれこれ決めるべきじゃない。

無事に手術は終わる事だろう。

弟へ。お疲れさま、ありがとう。