最近も、身体がだるい、痛いと言いながら
少しづつ片付けをしたり、
小さな家具を移動したり、カーテンを変えたりしてみた。


そうする事により、
部屋の掃除にもなる。隅っこに風を通す事もできる。

何より、違う家に来たみたいな感じになり
しばらくは楽しい。

自虐的な自分は、
痛みが復活したらすぐにお風呂でマッサージ、
湿布をしながら
気分を変える事を優先する。

すっきりとした部屋を見て自己満足。

そこで、ふっと嫌~な気分が襲う。


ここに夫が帰宅したら
とんでも無い事になる。


夫は異常に整理能力が無い。
夫の部屋は、ゴミ屋敷。

窓も開けず、不健康な環境。

そこに、誤魔化す為の安いコロンをふりまく。


夫の財布や携帯、カードをみると
泥がついて、汚い。

財布はレシートやポイントカードで膨れ上がり
ぼろぼろ。

爪も真っ黒。そしてその爪を噛む。

それで自分を「ベストドレッサー」とか「育ちが良い」とか紳士ぶっている。

帰宅すると即、家のあちこちがゴミ置き場と化す。


一番苦痛なのが、臭い。


加齢臭を隠そうと、安いコロンをふりまくるので
家中が夫の加齢臭とコロンのまざった悪臭で染まる。


窓を開け、夫の服を洗濯しても消えない。

せっかく消しても、またふりまくる。


そして「これは良い臭いだ」と自慢をし
私にも使う様に強制する。

どこが!悪臭で息もできない。

こんな強い悪臭を漂わせて、乗り物に乗って来たの?

きっと周りの人は迷惑だったろうなあ。


まさか毎日、この状態で仕事しているの?


と言いたかったが、
言ったところで聞く人じゃないから
無視をすることにした。
KAZUHIRO171013015_TP_V

そう言えば夫が以前
「会社で僕のことを臭いと言う人がいたんだよ。
臭いのはそいつの方なのに。」と言っていた。

職場の人も、よっぽど苦痛だったんだろうなあ。
他人に注意されてもこうなんだから。

逆にもっとコロンを振りまくったんじゃないかと想像した。

石鹸とかシャンプーの臭いでいいじゃないか。

清潔にすればいいこと。


上辺を取り繕えば、ボロが隠せると思う行動は
こういう面でも迷惑だ。

せっかく家をすっきり掃除しても
夫がいたら一瞬で悪夢の家と化してしまう。
1人暮らしで自由の身だから
自分の思いたいように思い込む癖が
頑固に染みついてしまった様だ。


これがこの人の生き方。
こういう人だったという事だ。

このまま、この家で二度と同居せずに終わります様に。