うまく噛めない人に、どろどろ状に作っているのか、
極柔らかく煮てある事は確かだ。

父が食べ物を噛む力が無く、
口に入れても、飲み込まずにだしてしまう。
嚥下もうまくできなくなっているかもしれない。

どろどろの物や液体、白飯は飲み込んでいる。


母が色々考えて料理をしているが、
父は全てを食べてくれる訳ではなく、栄養も不足し貧血になっている。

父も貧血で通院しているが
食事に関して特に指導は無い。

母が、父に対して理解しようとせず
文句ばかりを言う。


何年も何度も私が調理の仕方をアドバイスしたり、
「年齢的に仕方が無い事であり、
飲み込めるように、工夫するしかない、
父に罪はないのだ」と話してきた。

母なりに工夫をしているが、自分は普通に食べれるので
つい同じ状態の物をだしてしまうらしい。

母自身も、以前は食事制限があり、
色々メニューを考えるのが大変だった。
私が毎日作って食べさせた。
紙に調理法を書いて貼ってきたら喜んでいた。

弟夫婦はいっさい実家で家事をやらない。
私が帰った後も手伝う事も無かった。
近くにいる弟夫婦にはいっさい頼まず、
県外にいる私に何もかもやらせる母。
コロナで、行かない事が母の諦めになり良かったと思う。

誰も頼る人がいないならわかるけど
すぐそこに2人いる。
時間とお金に余裕のある息子夫婦が。
もう遠慮なんかしてる場合じゃない。

母にとっては脳のリハビリになるので
出来る間は、料理は頑張ってほしいと思う。
PP_kabocya

最近コロナのせいで、母のヒステリーがひどくなり
父に対して攻撃的になっている様だ。

私が母に拒否反応を示したせいか、
母は、弟しか話相手がいなくなり、
やっと弟に愚痴を言い出した。

普段なら私に言う事を弟にぶつけている。

弟はやっと、私のストレスが理解できた事だろう。

私は「介護食のレトルトがあるから
それを買って父に試してみて」とあえて弟に連絡した。

すると、すぐに買いに行った様だ。
(弟だけが動いて奥さんは相変わらず知らん顔だけど。)

問題は、父がその味を気に入るかということ。

脳の老化で味覚もおかしくなっていて、
どう反応するかわからない。

うまくいけば、母の負担は軽くなる。

まだ今のところは、どうだったか連絡が無い。

母からの電話も今のところ来ない。

弟が私の代わりになってくれれば、もう私は必要ないだろう。

コロナがなければ、
今頃は用事を言いつけられて、帰らせられ
弟がやるような力仕事や大掃除的な事を
やらされたことだろう。


でも、私も足が痛くなる時もあるし
今までみたいに動けない事は話そうと思う。

気候のせいか、少しコロナが落ち着いた様な感じだが
油断禁物。

早くワクチンが全ての希望者に打てるようになり、
いつ感染しても
かかりつけ医で適切な治療を受けられ、軽く済むようになってほしい。