こんな時に受験生は可哀想だ。ただでさえ体調管理に神経を使うのに、どんなに気を付けても感染力の強い、特効薬も無いウイルスが不気味に流行し始めている。

自分の子どもの時だったらと思うと、自分が感染してもいけないし、ストレスマックスで胃の痛い毎日だったことだろう。

PAK15_notepenhikkiyougu20140312

受験で思い出すのは、夫の事。

私の方からは、こまめに夫へ様子を連絡していた。

受験校や受験日、合格発表の日程など、知りたいだろうからと思っての事だ。
無視する言い訳に「教えてくれなかったから」とかこちらのせいにするから、それを言わせない為にも。

合格したら入学金や学費も出してもらわないと困るし、父親なのだから当然の事。責任感を持ってほしくて連絡していた。

ところが、何の反応も無かった。
受験が終わったと子どもの様子や合格した事なども連絡したが、反応は薄かった。
飛びあがって喜んで、子どもにも労う言葉をかけてほしかったが、「チッ、金がかかるなあ」と言わんばかりの態度。産まれた時からわかっていた事なのに、なぜ結婚したのだろう。

最初から、全て妻がお金をだしてくれると思っていたのか。

私にはそんな稼ぎも無かったのに。

しかも夫の転職で何度も引っ越しをさせられ、パートを辞めざるを得なかった。それなのに、何を期待していたのか。
私が親や知り合いに頭を下げて借金する事が、妻の務めとか、自分にそこまで尽くすのが当然で、それをしないのは失格、ああ、ダメな女だったと言う男だった。
それを面と向かって言わずに、嫌味でチクチク言ったり、例え話で言うなど、本当に小さい嫌な人だった。

子どもの入学式の事も、夫の方から聞いてくるとか、子どもに対してエールを贈る事も無かった。
学校生活に関して、全く関心も無かった。
学費もいくら連絡しても返事が無く、締め切りまで無視だった。

子どもの将来よりも、自分の今日のお金を守る事で頭が一杯の様だった。

それで、子育てについて他人に指導したりとか、最近の親はダメだとか、自分は親が立派だったので自分はまともに育ったとか、しょっちゅう自慢しているという可笑しさ。

こっちが、最低な父親と思っていても、本人は全くそうは思っていない。話が通じない。

でも、今となってはもうそんな事はどうでもいい。記憶に残し忘れなければいい。

そんな人を相続人だからと言うだけで、助ける必要は無い。

父親の責任を放棄した人に、困った時だけ父親だぞ、夫だぞ、面倒見ろと言われても困るのだ。

そんな日が来ない事を祈るが、だからこそ今はコロナに感染したくないと思う。