後輩に誰から聞いたのかを尋ねた。
女性上司お気に入りの同僚から聞いたとのこと。

辞めるという噂が流れて、会社に居ずらくなるという話は良くあると思う。

電話をくれた後輩には、
「その噂は間違い。例え本当に辞めるとしても私は誰にも相談しないから。皆さんに伝えといてね。」と伝えた。

KZ18610P1030833

数日後、部長が皆の前で私を呼んだ。

呼ばれる事は特に普通な事で、仕事の事で誰でも部長と話す。

部長の机の前に座ると、大きな声で部長が言った。
「会社を辞める時は、国民年金に切り替える手続きを必ずやってくださいね!」

部屋中にその言葉が響いて、一斉に皆が顔を上げた。

「辞める予定はありませんが?何故そんな事を言われるのですか?」と聞くと

「いや、仮に辞める時はの話だよ。忘れていたら君が困ると思って。一応念を押しとこうと思っただけで」と部長は言う。

その後、声が小さくなり「また体調崩されたら、僕の立場が悪くなるんだからね。迷惑かけないでよ。」と言って話は終わった。

不愉快な気分で席に戻ると、女性上司がわざとらしく寄ってきた。
にやにやしながら
「また何か言われたの?気にしなくていいのよ。私から部長に注意しておくわ」と皆の前で大げさな態度で私を慰めるふり?をした。

(あなたの企みはばれているのに)と心の中で呟いた。
(こんなところで働くと自分まで同じレベルになってしまう)と、辞める決心がついた瞬間だった。