全治2週間も長いと思っていたが、もっとかかるとは予想もしなかった。

そう言えば、子どもが踵をえぐる怪我をした時、結構長くかかった。1カ月以上かかった記憶がある。
綺麗な切り傷ならすぐくっつくが、石やアスファルトなどのごつごつしたところで打撲したり、自転車に足を巻き込んだりと、断面が不規則な傷の場合、完治までに時間がかかると言われた。

今回私は、でこぼこのアスファルトで骨の上を思いっきり打撲している。
ぱっと見は、切り傷が小さくてたいしたことは無いように見えた。

腫れがあり、痛みが強かったが、駆け込んだ病院では、「たいしたことない、1週間かな」と、男性看護師が呟いていた。
医師が言った訳ではないので、聞き流したが、(もっとかかるのでは?きちんと治療してくれるのかな)と少し不安になった。
AME20181123C009

2週間たっても、まだ腫れている。傷口はあいたままだ。10日ほどたってやっと浸出液が出始めた。

シャワーをあびれるパッドを張っている。

病院では、そっと傷口をふき、パッドを張り替えるだけ。湿潤療法だと思う。
消毒はしないはずだが、表面についた出血の塊などをふき取っている。

浸出液がでてこないと治らないわけだ。

長い間液がでてこなかったのは、見た目より深いところが傷ついて、皮膚の深い部分から順に修復されてきたのだろうか。
他の小さな擦り傷はとっくに綺麗になったが、一か所深く切れていた様だ。

やっと表面の修復にとりかかったということか。
医師は「感染もないし、順調です」と言うので、心配はしていない。

不便なだけだ。まだ痛いし、長い時間歩けない。動きに制限がかかってしまう。

でも人間の身体とは凄いなあ。きちんと自分で修理しようと動くのだから。

母の病気の件で、免疫の力がどれだけ大事かを思い知った。
まだ私の身体の修復する力は大丈夫なんだな、と身体の神秘を感じている。