右耳はよく耳鳴りがするし、聴こえにくい時がよくある。

以前はめまいなどで、よく耳鼻科に行っていたが、最近はご無沙汰だった。

音が聴こえにくいので、色々覚悟して久し振りに耳鼻科に。

耳垢が鼓膜をふさいでいるような気もするが、もしそうでなくて難聴の始まりだったらどうしようと緊張感がマックス。

めまいの恐怖も甦る。
SHI1987A007

「どうしましたか?」
「右の耳だけ、塞がった感じで違和感あるんです」と言ったら、医師が両耳を見て「右だけ耳垢があるからとりましょうね」と言った。

以前別の耳鼻科でとってもらった時は、いきなりぶちっと取られ痛かった。垢をとっても、違和感も耳鳴りもとれず、何回か通った。


今回の耳鼻科は、優しい年配の医師。「取りにくいタイプの垢なので、ベッドに寝て」と言われ、痛いのかなと不安になった。

耳にライトをあて、ゆっくり、数回にわけて取りだしてくれた。その気持ち良い事。
「ほらこれですよ。耳に栓をしていましたね」と笑顔で言われ、おしまい。

一気に解決した。

音が良く聞こえるようになり、違和感も無くなった。


耳垢は自分でとろうとしてはいけないと聞く、綿棒の太いものは使わないようにと言われた。

定期的に、耳鼻科で取ってもらうのが正解だ。

垢で鼓膜が塞がり、聴こえが悪くなって、難聴かと不安になるし、会話も面倒になってくる。
放置すると炎症が起こり、本当に難聴になることも。

足の怪我もなかなか塞がらず、耳鼻科と並行して通院かと思っていたが、その心配が消えて良かった。

病院は待ち時間が長く、疲れるしおっくうで、私みたいな病院嫌いには苦行だが、思い切って行くとストレスが消えるので、元気があるうちに早めに行く事が大事だと痛感した。