弁護士が元夫へ電話し、きちんと払う様説得する。いざという時は、強制執行もありえるという言葉も添えて。
元夫は色んな理屈をこね、失礼な言葉を吐き、説得は大変そうだった。

元妻は、養育費の振り込みの記録として、通帳を見せていた。

その振り込み方を見て、「うちと同じ!」と思った。

我が家は縁が切れてるわけではないが、実質は似た様なものだ。
「生活費や学費などの振り込みをする為に」という嘘の理由で自分勝手な事ばかりして家庭を見捨てている夫は、養育費を送って来なくなる、この元夫と言われる男性と同じタイプだった。

テレビで見たその通帳は、養育費が6万とすると、最初だけは6万送っている。

翌月から3万になり、とびとびに振り込まれる様になり、数年送られなくなり、催促しないと送ってこなくなり、連絡するたびに5千円を振り込んでくるだけ。(はっきりは記憶していないが、こんな感じ)裁判になると困るからか、とびとびでも、少額でも送っているのは作戦なんだろうなと感じた。そんなところもうちと似ていた。


うちの場合も最初だけは良くて、言い訳が多くなり、だんだんと送らなくなり、お金がない、苦しいと言い訳をし、催促すれば少しだけ入れる。

やがて送らないことが当たり前のように慣らしてくる。少しでも送金すれば感謝するに値するだろうと立場を変えて来る。

催促すると、夫は自分が被害者かのような口ぶりをする。
父親であり、夫であることを忘れている様だ。
kuchikomi896_TP_V1


他人に寄付でもしている様な言いかたをしてくる。

あげくのはてには、子どもの学費に関しては、「自分の事は自分でやるべき。人に甘えるな」ときた。自分て誰?子供?誰に言ってんの?とびっくりする。

私は「何の為に別居して遠くで働いているの?家族の為って言っているよね?それともそれは嘘で、現実から逃げる為?」と質問を返した。

甘えているのは夫の方で、この言葉は自分にむけて言うべきことだ。
こういう思考の仕方を、合理化というそうだ。

どんなに自分が悪くても、全て人のせいにしたりし、正当化すること。

夫と話していると、無責任な行動は全て「家族が存在しているのが悪い」となる。

だったらさっさと縁をきってしまえばいいと言うと、怒りだす。
縁を切られるのも嫌みたいだ。
夫にとって、家族の存在とは、言い訳に使ったり、世間体や自分の信用の為、弱った時に利用する為に必要らしい。

心の中は、実家が一番好きで、幼児のままだ。

もう実家は無いのに、夫の妄想の中ではまだ親も生きているらしい。

話は戻って、妻子への送金の減らし方は、おそらく他人に借りたお金もそうやって返さないでいるんじゃないかと思う。

もし、相手から強く催促されたり批判されたら、謝るどころか「貸したお前が悪い」と、「お金の無い人にお金を催促する冷酷な人」と言い出し、自分を被害者にするだろう。

夫みたいな人は、世の中に沢山いるんだ、私の身近にこれまでこんな人はいなかったのに、よりによって夫がこんな人だなんて本当に嫌だと思った。