りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

りんごの嘆き イメージ画像

2023年01月

町内会の班長の役目も終わりが近づいてきた。新区長さんが来て、次の班長を決める様に言われた。昨年までは旧区長さんが決めていたので、え?私がやるのと思わず言ってしまった。他の班は、順番が決まっていて、お願いして回らなくても、すんなり決まるそうだ。 うちの班も
『ご近所の話(1)』の画像

ちょっとでも天気が良いと安心する。寒くて外が暗いと身体も疲れて、気分まで暗くなる。コロナ禍が始まってからのこの3年間、悲しいお別れが多すぎた。親族だけでなく、知人も。8人も。まさかの弟嫁の件で、益々病気が怖くなった。風邪かなと最初に病院に行ってから2か月
『誰にも聞けない体験』の画像

以前、ご近所の高齢の未亡人に会う度にいつも言われていたことがある。「ご主人を大事にしてね。あんな奴嫌いだ、と思っていてもいざいなくなるととても寂しいものよ。もっと大事にすれば良かったと後悔するわよ。遺族年金で暮らしていけるのは旦那様のお陰、と感謝している
『夫を大事にしたら』の画像

夫の話を思い出すと、成功している友人を、自分の箔付けには利用する。が、必ず「あいつは自分より出来が悪かった。きっと親のコネだ」「自分にも大手企業から誘いがあったが、俺様には物足りないと思ったから、断わり、あいつに譲ってやったんだ」などと、言い訳していた。
『異常な感じ』の画像

トヨタの社長交代のニュースを見て思った。夫はこのニュースを見て「本来なら自分が社長になるはずだった」と思うだろう。会社がトヨタでなくてもどこであっても。嘘みたいな話だけど、そういう人なのだ。大企業の社長と自分を同一化する。若い時は、誰にでも憧れや目標があ
『何であんな人と』の画像

昨夜は重苦しい気分だった。母の時とは全く違う。 予想もしない突然の別れはショックが大きい。こんな時にこの寒さ、気候、コロナ禍、外が暗いと、心まで落ち込む。自分には直接影響のない人であっても、父、弟には何だかの心境の変化が起きるのでは、と嫌な予感がする。遠
『逆なら良かったのに』の画像

先日、弟の奥さんの夢を見た話をしたが、亡くなってしまった。調子は良かったらしいが、鼻血からの誤嚥性肺炎で急変。さきほど息をひきとった、と弟からラインがきた。苦しまずに、そして夫(弟)と子に見守られてやすらかだったそうで、それだけでも弟の気持ちは救われた様
『弟から悲しい連絡が』の画像

ネットで宝くじをたまに買う。ロト6ばかり。ジャンボも買ったり買わなかったり。気が向いた時に、2口しか買わない。400円で夢が買える。??ほとんど当たらないけど、不思議なことに、定期的に1万ほど当たる。なので、少し赤字か、損得0かというところで 損はしていな
『ネットで宝くじ』の画像

また夢の話。初めて弟の奥さんの夢を見た。どうってことのない会話をする夢だったけど、彼女の声がまだ頭に残っている。容態を気にしているからだろうなあ。 他にも、盛沢山な夢だった。弟と奥さん、何故か夫もいて、我が子もいた。我が子が幼い子のままで、愛想のよい夫に
『気になる事が夢に出て来る』の画像

”うまく人を騙す人がいる。うまく責任を逃れる人がいる。そういう人たちはその時「うまくいった」と思うだろう。しかしその時にその人は心の中の借金が増えたのである。心の中で負債を背負った。”    Twitterの 加藤諦三bot より~↑の文は、わかってくれる人がいる、
『心の中の負債と財産』の画像

↑このページのトップヘ