りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

りんごの嘆き イメージ画像

2022年11月

障子の張替えをした。お風呂場で。特に汚れたり、破けていたわけではないが、たまたま物置をあけたら、可愛い障子紙を見つけた。過去に激安で買っておいたのを思いだし、整理の為にも、使ってしまおうと思った。前回いつ交換したんだっけ、かなり前なのは確かだ。大掃除のつ
『貧乏臭いけど』の画像

嫌な気分。突然、夫がお金を送って来た。と言っても、ほんの一部。前から言っていた、夫が払うべき税金の分。何度連絡しても無視され、こうなったら、これを証拠として記録しておこうと逆手にとっていたが、それを感じ取ったのか。黙って送金してきたのでこれが税金分なのか
『落ちぶれた人』の画像

実家は、母がいなくなってから、物が散乱して寝る場所もない。いつかは実家をどうするか、考える日が来るのだろうが、考えるだけで憂鬱になる。本来なら、今のうちに母の服や物を片付けて、すっきり掃除した清潔な家の中で父に暮してもらう予定だった。それも何もかも拒否し
『変わっていく実家』の画像

今日は、久しぶりに、朝早くからずっとちょこちょこ動き回った。朝晩は冷えるのに、昼間になると汗が出て来る。そうすると、耳鳴りがしてきてイヤーな感じになってくる。以前は、これ位、普通の事だったのに。温度差で疲れるのと、暑さで疲れるのと血圧も関係しているのかも
『良く動いた日』の画像

NPDは外面が良く、悪事は自分に都合よく嘘で塗り替えているので、被害に遭っている人が、その辛さを周囲に相談してもなかなか、信じてもらえない。あなたは贅沢、気にしすぎなどのありきたりな忠告、説教をされてしまい、更に傷つく。同じ体験をした人でないと、なかなか理
『理解してもらえない』の画像

「カサンドラ症候群」というものがある。 パートナー、家族がASD(アスペルガー症候群)であることが原因で、情緒的な相互関係を築く事が難しく、心的ストレスから抑うつ状態、不安障害、PTSDなどの心的障害が起きている状態を言う。カサンドラ妻、と自らを称し、ASD夫との
『カサンドラ症候群』の画像

ケーキを作った時、久しぶりに料理の本を出して、作り方の確認をした。過去に何度も見ながら作ったので、そのページだけは汚れている。内容は本格的で、丁寧に書いてある本。プロの教科書みたいな料理本だ。この料理本は、図鑑の様な10冊セットで、洋食、和食、中華、季節
『料理の本と寂しさ』の画像

昨日は、久しぶりにケーキを作った。最近、テレビなどで美味しそうなものを見るとすぐに食べたくなる。単純…。ささやかだけど、やりたい事ができる幸せ!夫がいればこうはいかない。自作ケーキは、買うより安くつくし、自作の方が、スポンジ、クリームの味、弾力などがお店
『食べたい物を食べる』の画像

亡くなった叔母の夫には、再婚したい相手がいた。離婚を申し出ても、叔母から抵抗され、新妻とは、事実婚になるしかなかったという。老後、事実婚妻に先立たれ、後を追う様に孤独死をしたということ。ずっと近くで、叔母夫を支えて来た夫の親族も、事実婚夫婦こそが、本当の
『叔母の生き方(2)』の画像

何でもネットで調べる事が出来る世の中になり、助かっている。離婚届けをお役所に貰いにいくのが、結構気が重い。受付に自由に取れるように置いてあればなと思うがそういう所、見た事が無い。離婚届けくださいと窓口に言うのも、周囲に聞こえるような小さい出張所とか、特に
『叔母の生き方(1)』の画像

↑このページのトップヘ