りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

りんごの嘆き イメージ画像

2020年08月

結婚する前から夫は私にも親族にも母親から聞いた話をうのみにし義兄嫁の悪口を言いふらしていた。母親に注意するならわかるが一緒になって兄嫁いびり。「母親のやることは全て正しい。母親の真似をすれば間違いない。」と、成人しても信じてきた夫。その事を知った時、私は
『義兄嫁の怒り 1』の画像

先日、夫の馬鹿さを再認識したがまさかの、嫌、やっぱりの再びの大馬鹿さに巻き込まれうんざりしている。おそらく向こうでは「何で奥さんはこんな人と結婚したんだろう」と私の事、言われていると思う。実際、直接言われたこともある。きびしい言い方をしているがここまで何
『本当にお馬鹿』の画像

昨日の続きを書きたかったが夫の話はエネルギーを消耗するので今日は思い出して書く気力が無い。で、以前から気になっている夢の話を。同じ数パターンの夢を定期的に見ることが気になる。最近多いのが家に帰れない夢だ。電車に乗って帰りたいのにどれに乗ればよいのかわから
『不思議な夢』の画像

今は亡き姑は、長男だけ大事にすればいい、他の子はほっとけばいいという信念で子育てをしたようだ。その結果、義弟は病んでしまい、夫は、人格がおかしな大人に。夫は子どもの時、母親に「なぜ、他のお母さんと違うの?」と聞いたらしい。姑は、「私に文句をいうな。私が全
『姑の洗脳』の画像

時々、何でこうなった?と思う。自分は結婚せずに(できずに)一生独身だったはず。独身時代は、子どもの可愛さもわからず、どっちかというと嫌いな方で赤ちゃんのあやし方も知らなかった。20歳の頃、何故、人は皆同じ様な生き方をしなくてはいけないのだろう。色んな生き
『自分らしい生き方』の画像

母の近所付き合いが大変だった話。病気に関しても、見栄をはる?みたいな事を聞いて驚いた。仲の良いご近所さんは数人おられたが亡くなったり、病気になられて今は、2人の方と親しくしているようだ。1人は、道をはさんで隣だが以前そこの御主人がうちの実家を覗いていた。こ
『母の近所付き合い~続』の画像

昨夜はなかなか寝付けなかった。急用で夫とメールのやりとりをしなくてはいけなくなった。予想はしていたがとんちんかんな返答に話が合わずイラッとする私に対してヘラヘラと笑う夫。例えると「1か、2か」という質問に「3だと前に答えたけど、またきくのか」みたいな事を
『相変わらず、おかしい…』の画像

コロナ禍で山を買う人が増えているという。自然の中でキャンプをしたり小屋を建てて、別荘にしたりコロナから逃れてストレスなく過ごす為に山が人気なのだとか。昨日父の話をしたが、父が相続した山がある。父から聞いた話では、父の子ども時代は「山は宝、山を持っていると
『相続した山の価値』の画像

父の手術跡はおそらく順調に回復しているのだろう。何かあれば弟から報告がくるはず。父は歳相応の認知症になって頑固さ、意味のなさそうな事へのこだわり、過去への執着が強くなり怒りっぽくなってきた。まだ生活に支障はないので病院で治療する様なレベルでは無い。人の話
『父の変化』の画像

夫の普段の言動やSNSを見ていると〇夢をあきらめるな〇人の批判は気にするな、自分のやりたい事をやろう〇リーダーとしてどう生きるかみたいな名言ばかりかき集めている。自分を慰める、自分に都合のよい名言を自分の都合良く解釈してかき集め、他人に、自分の考えの様に説教
『恐い独り言』の画像

↑このページのトップヘ