一人暮らしで働きながら、次の人生を楽しみ、頑張っている様だ。


彼女が離婚するまでには、壮絶な戦いがあった。



彼女は、結婚するまでは、「こんなに幸せでいいのかな」と思える人生だったそうだ。

彼女のプラス思考と明るさ、さっぱりした性格に加えて愛情深いご両親という素敵な 環境で育ったからだろう。


大企業に勤めるエリートのご主人と結婚し、バブル期にはご主人は単身赴任になり、子供と二人で気楽で楽しいセレブな生活を過ごしていた。



彼女が幸せと思っていたのはそこまでだったそうだ。



このご主人も豹変したらしい。典型的なDV夫だったという。 高給で、単身赴任だったから我慢できたと言っていた。

バブル期に、ご主人が会社を辞め、赴任先で起業したが失敗、バブルははじけ、赴任先から借金まみれで帰ってきたという。
義両親との2世帯住宅を建てたばかりだった。



それからは、地獄の日々。

プライドの高いご主人は、仕事もせず、家でゲームをして引きこもった。友人は、朝から晩まで働いて生活費を稼いだ。

子供さんは大学に入ったばかりだった。


ご主人に働いてほしいと訴えても、「子供は退学させればいい」と言われる。

パチンコ代など小遣いを親に貰い、たまにアルバイトをして、辞めてを繰り返し、ほとんど家にこもっていたとか。


あまりに情けない息子の姿に、義両親は嫁と孫の為に協力してくれた。


彼女は義両親に大切にされていたのが救いだった。



ご主人の借金がかなりの額あり、家のローンも負担だったため、役所に相談にいき、そこで彼女は、「ご主人にDVされているんですね」と言われたそうだ。


その時初めて自分がDV被害者なのだと気が付くことになる。