りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

続き



○○会社の担当者とはこんなやり取りがあった。

「え?△△さん(女性上司)じゃないの?あなたはどなた?担当では無い方からなぜ電話がくるの?」

「△△から、私にかけるよう、指示がありましたので」

「担当じゃない人に聞いても、わかる訳ないのに。契約の内容を少し確認したかっただけよ。たいしたことじゃないし、べつに急ぐことでもないから、いつでもいいから暇なときに、教えてって△△さんに言ったのに。でも、せっかく電話くれたから聞くけど、今、○○の内容、調べられる?」

「すみません。実は私は会社にいないもので、資料が無くすぐには調べられないのです。」

「え?お休みだったの?そもそも何で△△さんがする事を、休みのあなたがする訳?今日じゃなくても良い事を。私のせいで迷惑かけてしまったわね。」というお話好きな年配の女性だった。

世間話が好きそうなこの人は、「何で休んだの?仕事なんか押し付けられて可哀想に。用事があったんでしょう」などと、色々心配をしてくれた。実はと事情を話すと

「まあ、こんな電話している場合じゃないわ。早く子どもさんの所へ戻って。それにしても、△△さんは何を考えて居るのかしら。私があなたに迷惑かけてしまったわけね。ごめんなさい。私から△△さんに言っておくわ。大丈夫。うまく注意しとくから。気にしないで。お大事にね。」

と言って、電話が終わった。
HIRO92_indasutoriarucity


上司の「私にできることがあれば言ってください」のメールがしらじらしく思えた。
きっと新部長にはそのメールを見せて、部下想いをアピールしたことだろう。

そうか、こうされたら困るというネタを私が提供したわけか。
あの言葉は「私に意地悪できるネタがあれば言ってください」という意味だったのねと1人笑った。

私は良いとしても、迷惑かかるのは子どもだ。こんな時に意地悪するなんて。でも、○○会社の人と話した事で、すっきりした。

電話の後、女性上司には報告メールをした。
それ以降、この件に関して何も言ってこないし、何も無かった様な態度の上司。

こんな時、以前の部長なら話を聞いてくれた。私だけでなく、他の人の話も。聞いてもらうだけで落ち着いた。とても人望のある人だった。
その部長がいなくなり、職場の雰囲気が次第におかしくなり、人が辞め始めた。

続き


熱が下がるまで入院予定となり、親がつき添い、子から離れない様にと言われた。
点滴を一日中するので、暴れて外れない様に監視し、トイレが近くなるので連れて行ったり、目が離せないのだ。

会社を早退してから、その日のうちに入院になった。
容体が落ち着くまでは仕事を休まないといけない。夫はいないし、親は私1人だ。
家にはまだ子どもがいるし、母が来てくれなければどうなっていたことか。

私の仕事については、休んだからと言って、誰かにその仕事が回るという類のものではなく、その分自分で後からカバーして間に合う仕事だった。会社は休みに関しては、自己責任ということで理解があった。

とりあえず、すぐに会社に連絡した。

病室では電話ができず、電話を掛ける為に待合室までいくと子どもが1人になってしまう為、とりあえず、女性上司にメールをした。電話がかけにくい状況であることも、付き添わないといけないことも説明した。

返事のメールは「大変でしたね。どうか安心して付き添ってください。何か私にできる事があれば言ってくださいね。」とやけに優しいものだった。

ホッとして、子どもの様子を見守ることに集中することにした。

家をでてそのまま入院になったので、自分は着の身着のままだった。夜は、同じベッドに添い寝をするように言われた。え?添い寝?と驚いたが。

翌朝、子どもの熱は下がって来た。でも、原因はわからないまま。

まだ元気は無いので、不安だった。そんな時、朝の9時すぎだった。
例の女性上司から電話がかかってきた。
C789_usukuraikyoshitu

病室では電話ができないと伝えたし、できればメールでやりとりをと伝えたのに。
よっぽど仕事で急用なのかと思い、廊下に出て、電話にでた。
「すみません。子どもを1人にできないので、あまり話せませんが」と前置きをしてから。

するとそんな言葉は遮られ、「今から○○会社の担当者に急いで電話してちょうだい。」と言われた。

「今日は私は休みですが。それに電話は病室からできないので、あまり長く話せないのですが。どんな用件なのでしょうか」と聞いた。

「○○会社が、ききたい事があるというのよ。いいから早く連絡して!」と言って切れた。
だいたい、○○会社は、私の担当では無かった。女性上司の担当だった。

昨日のメールは嘘か。あれは、部下にこんな優しい対処をしたというパフォーマンスの証拠を残しただけか。電話は残らないからなあ。録音しとけば良かった(笑)。

と思いながら、○○会社の担当者に電話をかけた。


今日は、朝から気分が悪い。

せっかく体調も良くなってきていたのに、夫がまたストレスを与えて来た。

先日の自分の怪我で治療の日数が意外にかかったので、保険で給付金が請求できるとわかり、夫に連絡した。
夫は妻子にはケチだが、詐欺とか悪徳商法や、セールスには簡単にお金を出す。何度も注意喚起されているのに、詐欺というものが世の中にあることを知らないのではないかと思ってしまう。

なので、保険も勧められると良く調べずに格好つけてすぐにOKする。

私に黙って勝手にお金を使っているから、こちらで把握するのは限界がある。

書類が自宅に届けばよいが、向こうの住所で契約されたらわからない。

おそらく、契約した保険の中に家族型のものが一つはあったのは記憶がある。

解約や変更していなければ、怪我の分も保険がおりるはずだ。

夫に怪我した事を言うのは嫌だし、保険金がわずかであっても貰えるという事も教えたくない。でも、夫の名義だし、連絡しなければ貰えない。

そのまま保険会社に話せばわかる様に、内容を詳細に書いて、夫にメールした。
PAK86_pennotekakikomi20140312

すると、今朝、おかしな返事が届いた。

「相手にどんな怪我をさせたかによるよ。示談をどうするかだ」と意味不明。

私が一人で転んだ怪我と書いたのに。何故そうなる。

そんな誤解をするような内容のメールは送っていない。

夫の頭は、何でも私が加害者だと決めつけているみたいだ。

相手はいない、自分が1人で怪我しただけ、とメールの内容を再度丁寧に説明した。
通院したから、通院給付金がでるのではと。

すると「なら、保険を請求するのをやめる」という返事。

???なら何の為に保険に入っているのだろう。

怒りを抑えて、「保険会社の人と直接話すから、手続きも自分でやるから保険会社を教えて」と言った。
すると今度は「直接連絡はだめ」と言う。

嫌がらせか、頭がおかしいとしか思えない。

それでも負けず「私のメールをそのまま会社に伝えて、請求書類を郵送してもらうようにお願いします。」と事務的に返事した。

それっきり返事は来ない。

自分が貰えない保険金は、どうでも良いということか、嫌がらせか。ただの勘違いか。

勘違いしたとしても、おかしいだろう。そんな文章はどこにも書いていない。どうやったら私が誰かを怪我させたという話になるんだ。

実はこういうことは何回もあるのだ。

簡単な書類でも、ミスをするし期限を守らない。
誰でも一回ですぐにできるレベルの事も、なかなかやらないし、変に誤解して間違いをし、ぐちゃぐちゃになる。
10分で終わる事が1日かかる。もっとかかる事も。

ここに電話をしてと伝えても、夫は違うところにかけて、勝手に話をすすめ、話をつけたと言い張る。
相手先に確認すると「電話はきていない、そんな話はしていない」と私が言われる。良く調べると全然違う部署にかけていた事がわかる。それでも夫は自分のミスを認めない。
そんな事が良くあった。

これが仕事なら、本当にできない奴と言われるだろう。いや実際そうなんだろう。

仕事に慣れていない新入社員ならミスも構わないだろう。誰だって間違うこともある。

夫は「自分は能力がある。俺を真似しろ。指導してやる」といつも偉そうにしているのだ。

それで人に迷惑をかけても、全て誰かのせいにし、謝るなんてことは無い。反省するわけもなく、言い訳が凄い。
ミスをすることより、その態度が問題だと思う。

本性を出す前は、真逆な誠実な嘘の人格で騙すから尚更罪が重い。

おそらく今回の件も、これまで同様また私のメールが悪いだの、自分をかばい、言い訳するのだろう。

忠告しようものなら、「俺様を馬鹿にするのか。女のくせに。何もわからんくせに」と逆切れするのも目に見えている。そういう事も全て美化して記憶を塗りかえる。

期待はできず、改善もできず、どうしようもないのだ。だから、何か用事を頼む時は、馬鹿みたいにエネルギーを奪われる。

こんな時、別居で顔をみなくてよかった~と思う。


続き


それからしばらくは、ムキになって仕事を頑張っていた。(気持ちだけはそのつもりだった)
そのせいか、今より10キロやせていた(笑)

小さい子どもを育てながら働いている人が沢山いる職場で、帰宅時間や学校行事など、女性に理解のある職場だった。

その中で、私のいたグループの女性上司は少し変わっていた。それも、人によって態度が変わるので、彼女に対するイメージは人によって全く違った。
なので、同じイメージを持つ人同士が自然に気が合い、愚痴を裏でこぼしあっていた。


そんなある日のお昼過ぎた頃、保育園から電話があった。うちの末っ子が熱をだしたとのことで、お迎えに行くことになった。
TAIONIMGL0184

早退して子どもを迎えに行き、そのままかかりつけの病院へ。

子どもは高熱で「寒い、寒い」と震えていた。いつもの風邪の時と較べて様子がおかしく、苦しそうだった。
医師は、診察して「のども赤くないし、熱の原因がわからない」と言う。

「とりあえず、薬をだすから様子を見て」と言われ、診察室をでたところで、子どもの様子が急変した。

更にぐったりし「お腹が痛い」と言いだした。それを見た看護師さんが、再び診察室に入れてくれた。
医師は再び診察、お腹を診ていたところで、子どもが痙攣し始めた。

痙攣したのは初めてだった。医師は適切な処置をし、熱を下げる様点滴をして、落ち着いた。

その後、痙攣が初めてだった事もあり「原因がわからないから大きい病院を紹介します。すぐ連れて行ってください」と近所の大きな病院に連絡を入れてくれた。

子どもは、意識が戻ってもぼーっとして、反応が鈍かった。
このまま様子が変わらないなら、脳に障害が残ったのではと不安になった。

何がなんだかわからず、混乱したままの私は、言われるままに子どもを車に乗せて、病院へ向かった。
当時の看護師さんもとても親切で、車に乗った子どもにポカリスエットを持たせて「頑張ってね!」と手を振って見送ってくれた。

この件以来、我が子はこの医師に会う度、「大きくなったね。頑張ってる?」と声をかけて貰う。長年の付き合いである。


子が痙攣したのが医師の前で良かったとつくづく思った。あれが家で、深夜だったら私は動揺していただろう。
夫はいない、他にも手のかかる子どももいて、近くに誰も頼る人がいなかった。(夫の転職で引っ越ししてきたばかり)実家も遠い。

でも、弱音ははけない。夫はこういう体験も無く、自分だけ気楽な生活。子育ての事なんて何もわからない。知りたくないから逃げた。それで、人には「親とはこうあるべき」と説教しているのだ。

紹介された病院で、入院することになった。そこでも、「高熱の原因は不明」と言われ、不安になった。その頃には、子どもの意識ははっきりし、元に戻っており、とりあえずほっとした。

留守中の事は、母に頼んだ。

新幹線ですぐに来てくれた。
こういう時は母に助けて貰った。感謝している。

結局夫が出て行った後は、こういう時には私の実家が迷惑を被る事になった。夫は嫁の親を使うのは当たり前と思っており、感謝なんかしていない。都合の悪い事は無かったことにする。



続き
 

上司の話に納得がいかないまま、帰宅した翌日のこと。

ミスをした同僚が私の所に来てこう言った。
「上司から、責任をあなたにとらせるからと言われたけど、おかしいと思う。私は辞める覚悟ができてる。あなたを巻き込まない様、今から交渉してくるわ。任せといてね。」

「まだ私は承諾していないから私が言うわ。あなたは辞めるなんて考えないで。」と言うと

「いや、もう決定したと言っていたわよ。あなたが抵抗しても無駄だと思う。そもそも私のミスなのにおかしいでしょ。大丈夫、私が抵抗するから」と言ってくれて、彼女が交渉することになった。
NAT86_eijishinbuntochoko

すると、あっさりと彼女の意見は受け入れられた。
女性上司がフォローすることになったというか、それが当然。

簡単に解決したので、気が抜けた。
そもそも私はとばっちり。私の意見は聞き入れないのに、ミスをした本人の意見はすぐに受け入れられて、おかしいよな。と腹がたった。

その理由はすぐにわかった。

ミスした同僚は、「聞き入れてくれないなら辞めます」と言ったらしい。
女性上司は、どうしてもそれを阻止したかったようだ。

何故か、それは同僚がお偉方のコネ入社だったから。
女性上司は、同僚の教育を任され、彼女の評価が上がれば、上司の評価が上がり、給与も上がり出世も約束されていたという。

だから、同僚のミスは私のミスということにし、上司は何の責任もないふりをするつもりだったらしい。あまりにあからさまで驚いた。

私が休職したのも、上司の評価に影響するらしく、私は迷惑な存在だったわけだ。コネ入社でもない私は、邪魔だったのだろう。


今日は母のこと。

昨日通院日だった。弟から連絡が来た。

CTで再発がないか調べたり、色々検査したそうだ。

再発は見られず、血液検査では白血球数は少ないが、今すぐ問題になるほどではないと。

薬が効いているのか、高齢だからなのか、母の生命力が強いのか、とりあえず良かった。

今まで、1~2週間おきの通院だったが、これからは3~4週間おきになるようだ。


薬は継続。
PPH_kuri-muderaito

腸を切除した時、余命宣告をされ、「進行の速い予後の悪いリンパ腫。退院しても、またすぐ再発して急変する恐れあり」と言われていた。

その時の気持ちを考えれば、ここまで回復するのは嬉しいことだ。

ただ、心配なのは、父と弟嫁が与えるストレス。特に父は認知症もあり、頑固で我儘になっている。

弟が車をだしてくれるだけの世話しかしていないが、それでも母は救われている様だ。

これで、しばらくは帰省せずにすむかな。

次の心配は、年末年始だ。
もうそんな時期になったのか。今年は母の病気があってあっという間だったなあ。このまま、何事もなく年末まで過ごせますように。


続き~   


休職した分を取り戻そうと思い、張り切って仕事をしていた。

まだ万全の体調では無かったが、仕事には影響は無く、順調に進んでいた。

そんなある日、保育園の迎えの時間までに、いつもの様に帰ろうとすると、直属の女性上司から呼び止められた。
「保育園のお迎えがあるので明日ではだめですか?」とお願いしたが、すぐ終わるからと無理やり会議室に入れられた。
C778_bukiminakaigisitu

そして、こう言われた。
「私、最近忙しいの。だからこれ、あなたがやって。」
それは、同僚の仕事のミスをカバーする事だった。上司がやるべき事を、関係の無い私に押し付けて来たのだ。

私がその仕事に何か関係していたとか、私の将来の為に体験させるとかそういう理由ならまだわかる。

そうではない。小馬鹿にした口調で、「私、忙しくて、手が回らないのよ。あなたがカバーすればあの子はくびにならずにすむのよ。部長に相談したらあなたにやらせろと言うのよ。というかやってもらうわ。」と一方的に言う。

そんな話、就業時間が終わってから急いでする内容じゃないでしょ、と思った。

私は、保育園の時間が気になり、返事もせずに部屋をでた。わざと急ぐ時間に引き留めて、考える時間を与えない意地悪だと思ったからだ。
女性上司はニヤニヤしながら「部長が決めたことなのよ。」と言い訳するだけ。


新部長は、この女性上司を気に入っている様で、言いなりのようだ。
前の部長なら、絶対そんな事はさせない。むしろ「なら僕がやるよ」とすぐに動いてくれる人だった。

どう考えてもおかしい話だった。
責任をとる立場にない人に、責任をとらせるなんて。それに、私にカバーする力も情報も無い。やった事の無い仕事。

何か企んでいるなと感じた。


昨日、帰宅する途中、横から「久し振りー!」と声をかけられた。

車の窓を開けて、運転しながらこっちに手を振っている。顔を見ると以前働いていた会社の同僚だった。

わき見運転は危ないので、アイコンタクトと手を振って挨拶した。

1年に1回は、この様な事がある。ちゃんと声をかけてくれて有り難い。でも危ない。

家は近いが、仲良しという事でもなかった。わざわざ会ってお喋りしようというほど、気が合うわけでもなく。なのに声をかけてくれる彼女は、私と違い、社交的。活動的。言いたい事はバンバン言う。

自分もこんな風にできたらなと思わせてくれる人だった。

HIGA62_notepen

私がこの会社を辞めたのは、夫に一番苦しめられていた時期で、体調を崩し長く休職したことが原因だった。
昨日声をかけてくれた彼女は、当時、女性の上司に「仮病かもしれないから様子を見てきて」と命令され、定期的に休職中の私の顔を見に来た。

具合が悪くて寝ていても、玄関に出て行き顔を見せる苦痛。上司からも電話で探りを入れられた。
私は素直に言いたい事は訴えた。

この上司を嫌う人も多く、私を応援してくれる人もいて助かった。
彼女は、私の顔を観ていつも心配そうにしていた。きっと真実を報告してくれたと思う。

他の同僚には、普段会話もしないのに、電話で高価なサプリを売りつける人もいた。こういう時、人が良く見えてきて面白いなあと思った。

姑は文句の電話をかけてくるだけ。息子や私に迷惑かけんじゃないわよ。と。

「あなたの息子のせいでこうなったんです。文句は先に息子(夫)に言ってくださいね」と元気になってから反論した(笑)。姑への反論というより、夫の嘘を暴く目的で。姑も夫に騙されていたから。

出て行った夫は知らん顔。生活費もまともに送らず、私の実家に押し付ければいいと勝手に決めていた。

私は半年で何とか回復した。
「心配しないでゆっくり休めばいいよ」と言ってくれた部長は、人事異動でいなくなっていた。
代わりに、理解の無い新しい部長と仮病扱いした女性上司がいた。

この二人がこそこそと何か話し合って、復帰した私に何かと話をしてきた。

それは本当におかしい内容だった。

夫と別居生活になって、何年が過ぎただろう。

幼児だった子はもう自立する年齢になった。結局子育ては一切しなかったし、子に会った回数は?と言うほど会ってもいない。

夫は、大変な時はうまく逃避し、子どもが自立したら親父面をしてあれこれ要求してくるのだろうと予想できる。
そんな事許されるはずがないのだが、それがわからないのが夫の異常さ。

これまで、夫は全くヘラヘラしていて、子に会えずに寂しいとか会いたいとか一切感情が無いという事がわかった。何かが欠けている。

人前では、わざとらしい演技だけはするようになった。人間関係は何でも演技だ。

大事な行事では、私から子どもの事を夫に連絡していたが、お祝いの時は嫌がらせをしてくるし、文句言えばお金はだせないと脅してきた。
「俺は親だ、一家の長だ」とか威張っているが、もう今では私たちは夫を他人と思っている。

まだ他人の方が優しく、協力的だ。家族を守るどころか反対のことをする人間なんて家族じゃない。

近所では単身赴任ということになっていて、夫もたまに帰宅するので、真実を周りの人は何も知らない。
夫自身は、自分の都合よく全ての事実を嘘で塗り替え、立派な単身赴任中の夫と思っている。
家族はごまかされていない。

こちらの世間的には何も問題ないのだが、夫の方はそうはいかないだろう。

本当に普通の単身赴任で、きちんと夫、父親としての責任を果たしてきていたら、長年に一度くらいは家族が来てもおかしくないだろう。
PAKU19872143

子どもが生まれてから一度も旅行に連れて行かない、行くなら夫だけ、こっそり行っている。

だったらせめて、旅費を送り、自分のところに遊びに来させればいい。自分の立場も誤魔化せる。

口では、「家族旅行に連れて行きたい」と何回も言っていた。口だけ人間。別居してから一度も言わなくなった。

「帰宅するなら一回くらい、その費用で子どもをよんだらどう」と言った事もある。

それでも絶対呼ばない。自分が帰宅する方が、旅行気分が楽しめて良いのだろう。家族にお金を使うなんてもったいないと思っている。そして嘘が家族にばれるのが嫌なのだろう。

長年、一度も誰も来ないというのは、向こうの人たちはおかしいと感じ始めているのではないか。
おそらく夫は嘘だらけで「来いと言っているのに、妻が嫌がるんですよ。我儘で。」とか言っていると思う。
夫の親族に対しても似た様な嘘まみれだ。だから尚更会わせたくないのだ。

以前の夫のアパートの合鍵があった時は、いつか抜き打ちで行こうと思っていた。

でも、そのうち内緒で引っ越しを繰り返されて、今は合鍵もないので黙っていけなくなった。

というか、もう私の関心が無くなった。

黙って行ったとしても、夫のやり方は目に見えている。
「交通費出さずに良かった、ラッキー」と思うだろう。
やたらいろんな人に会わせ、頭を下げさせる。子どもがお世話になっても、夫は頭を下げないのに、自分の為には家族に頭を下げさせる。
嘘にあわせて仲良しの演技をさせる。
断れば、モラハラ。

一番嫌なのは、夫の妻というだけで、夫を嫌う人達から嫌な態度をとられることだ。いかに夫に人徳が無いかがわかる。

夫と同じ類の人間だろうと思われたり、逆に可愛そうにと同情されたり、面倒臭い。

もし、仮に合鍵があったなら、行くとすれば、部屋の中に何か夫の嘘の証拠や離婚裁判になった時に使えそうな証拠とかを見つけられるチャンスがあるということかな。

夫がいくら良い夫の演技していても、周りは内心「家族が一度も来ない人なんておかしい。家族とうまくいっていないのでは。離婚しているのでは」と感じているはずだ。
自業自得。
もっともっと嘘がばれたらいい。普段の言動ですでに信用は無いだろう。

いくつになっても、同じ言葉を使い、成長もなく、10代の時で止まっている。行動パターンが決まっていて予想がつく。

またあの話をしている。何十年繰り返すのだろうという事ばかり。時代もかわり、通用しない事でも、得意げに上から目線で話す。

自分が一番。自分と世界は一致。自分を救世主と思っているのかもしれない。幸せな人。なぜこんな人が好きに生きていられるのかわからない。


最近良い映画(自分の好みの)が立て続けて公開され、嬉しい。


広範囲の台風の被害を思うだけで、気持ちが不安定になり辛かった。被害に遭われた方には申し訳ないが、気分転換にと映画を見に行く事にした。

今日は「ジョーカー」を。割引き日で人も多かった。

ヒットしているらしい。この映画は気持ちが重くなるので元気な時に行く方が良いと聞いていた。

でも自分にとっては気分転換の為に観に行った。

感想は、全く重くならなかった。ロケットマンの方が辛くなった位だ。実話と創作との違いかな。
ppc_hurubitapierononingyou

ネタばれにならない様にしよう。
残酷非情とか言われるジョーカーの物語だからどんなに暗くて汚い映像かと覚悟していったが、そうは感じなかった。
「お洒落で丁寧に創られた良質な映画」を観た気分だった。

BGMがとても効果的で、個人的に気に入った。

クリームの「ホワイトルーム」は大好きな曲だが、一番の盛り上がりと思えるところで流れ、ジョーカーがカッコよくさえ見えた。

ジョーカーが救いを求めて父と思える人に会った時、「お金とかそんな事を言ってるんじゃないんだ。ただハグしてほしい、優しくしてほしいだけなんだ」と叫ぶ。
これもロケットマンと同じだった。

息子がお父さんにただハグしてほしいだけなのに、拒否される悲しみ。

この前、教育学者が言っていた。「ただ厳しくするだけの学校の教育で、人間なんてかわりません。それは神しかできない。教師が人を変えるなんておこがましいんです。人を作るのは、環境なんです」
そうだなあ、家庭環境が大事なんだ。愛を与えないと駄目なんだ。

もし、ジョーカーを見る予定の方がいたら、「バットマン ビギンズ」もそうだが、若い時のロバート デニーロ主演の「キング オブ コメデイ」を観たら良いかも。

これを観ておくと、映画が更に深く楽しめると思う。

私にとって、映画の力は凄い。観る度に元気を取り戻せる。(心が重くなるとか聞いていたのに?)



↑このページのトップヘ