りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

「物事の本質をとらえる」
これが大事だと良く耳にするし
何かあった時に自分の口から同じ様な言葉が出てくる時もある。

何も考えてない時は、何のことだっけと意味がわからない。

人で言えば、その人の本性を見抜くということか。


さまざまな問題を解決する為には
「物事の本質をみぬく方法=哲学」
が必要という事らしい。
NKD14_tetsugakunoki_TP_V

「人は常に幸福を求めるが、常に幸福に気づかない」
            (ジャン=ジャック・ルソー)

なるほどなあ。

確かにそうだな。

今充分に幸せなのに
本当の幸せがどこかにあるはず、といつも思っている。

本当の幸せって何だろう。
理想?夢?

理想だと思っていた事が
実現しても、また不平不満がでてきて
もっと幸せがあるはず、と更に幸せを求める気がする。

誰が見ても理想的な生き方をしている
成功した人が、実は苦しんでいたという例が多い。

いくら欲しい物が手に入っても
人は欲張りなのだろう。

ドコモ口座を通し、不正引き出しがあったとのニュースがあった。
他人事ではない。

ネットでよく買い物をするのだが
アマゾンや楽天を名乗った詐欺メールの多い事。

区別のつかないほどそっくりに作ってある。

でも、良く見れば文章がおかしい部分があるので
ピンとくる。

最近、やたらとアマゾンからメールがきていて
「アマゾンのアカウントが無効になっています」的なものが多かった。

絶対に、メールのURLは触らず、
本物のサイトにアクセスしている。

詐欺メールに紛れて、本物のメールが来ていたので驚いた。

本物のサイトから入って
自分あてのメッセージを確認できるので
メールが偽物かどうかは調べられる。


これまでは、嘘メールで「アカウントが無効」と言われても、
実際は違ったのだが
今回は、本当にパスワードが使えなくなっていた。

本物のアマゾンからのメールでは、

”不正ログインがあり、何者かが不正に購入しようとしたが
アマゾンの方で、不正ログインと判断し、
注文は全てキャンセルしました。
パスワードはロックしましたので
新しいパスワードを設定し
念の為、金融機関の方も確認してください…他”

ざっと書くと、こんな感じの内容だった。

良くみると
その少し前に、不正な注文受諾メールが数件来ていた。

アマゾンの注文履歴を見ても
何も載っていない。

TKL0614_28_TP_V

クレカで買い物をすると
送付先やクレカ情報が登録されていまう。
サイト上は番号は保護してあるが、
登録内容を悪用される。
クレカ情報は即削除した。

そして2段階認証に設定。
メールアドレスも変更した。

アマゾンは、注文の仕方が不自然な場合は
そうやって対策をうってくれることがわかった。

極最近の事なので
クレカの会社のサイトで明細を調べてみた。

不正な買い物は、同じ日付で少額の買い物が数件だったが、
金額が少ないと気が付きにくいので
注意しないとと改めて思った。

キャンセルしてあったが、一部してないものもあり
アマゾンの言ってることと違うじゃないかと思った。

すぐに、アマゾンとカード会社に確認してほしいとのメールを送った。

アマゾンからは、即返答があり
間違いなく、全てキャンセルしてあるので
安心してくださいとのこと。
カード会社からはまだ返事無し。

連絡したから、大丈夫ではあるし
不正使用の場合、補償されるらしい。

アマゾンからその後、またメールがきて
注文をキャンセルしました、と書いてある、

今処理したってこと?
私が問い合わせて、ミスに気が付いた?
それとも、安心させるために
すでに終わっていることを報告してきたのか?

でも、日付は新しいし、キャンセルしましただけだから
何か引っ掛かる。

まあ、今キャンセルしても、間に合うから良いけど
何だか、気になる。

カードの明細も確認するべきってことだ。

ネットで頻繁に買物する時は、
まめに記録しておいて
カード会社から送ってくる明細は必ずチェックした方が良い。

それにしても、被害をアマゾンで防いでくれたとしても
気持ちの悪いものだ。

何でも、ネットでと勧められる時代。
銀行のネットバンキングも使っているが
こういう事があると
止めたくなってくる。

パスワードやらIDやら
番号やら、増えすぎてわけがわからなくなってくる。

便利になると
その分悪い事も増えてきて
嫌な思いをすることも増える。

面倒でも、人の手で
アナログ、マニュアルも絶対利点はある。

便利になっても
チェックする手間や
詐欺を見抜くストレスが増えて
逆に面倒な時代になった気がする。




知り合いの家に久し振りにお邪魔した。

マンションの4階なので
夜景の綺麗な事。

そこで思い出した。
高い所から街や海などの風景をみるのは
心が安らぎ、解放され、大好きだということ。

だから、2階でもいいから
高台で眺めのいい住居に住みたいとずっと思っていた。

KZ18610P1040430_TP_V

実家は高台なので、そこだけは救われる。
嫌な事があっても、
2階のベランダからの夜景が美しく、気分がかわる。


でも、今の自宅はそうじゃない。
ベランダにテーブルを置いて、景色をみながらお茶を飲みたい。
簡単なことなのに、そういう事ができる住居を選ぶことを忘れていた。


当時は住めたらいいみたいな余裕の無い状況だったので
今の住居にするしかなかった。
夫のあれこれで、生活することが精一杯だった。

今、余裕が出てきて?そんな事を思い出したわけか。

できることなら
今からでも、マンションの3階位で
眺めの良い部屋に引っ越したいなあ。
(3階というのは、地震などの災害時に階段ですぐに
避難できる高さが良いと思うから。

昨日、夜景を見ながら
久し振りに自分らしさを取り戻せた様な気がした。
独身気分に戻った。

いつか本当に独身に戻り
今度は自分の為に、自分だけの住居を選べたらいいなあ。

昨日は、たった一日だったのに
旅行に行った様な気分転換ができた。

昨日に続く内容だが

もし、実家にこんな強い台風が来るとなったら
どうなるのだろう。

マンションなら良かったが
古い木造の一軒家だ。
高齢の両親は、外の植木鉢を運ぶのもやっと。

弟が手伝うのだろうが
うちの実家なら、屋根とかが飛ばされそうな気がする。

私なら、絶対避難するだろう。

ホテルが予約できれば良いが
おそらく、すぐに満室になるだろう。

近くの避難所も、今はコロナが怖い、
2人とも癌だ。

それに、日本の避難所運営は遅れており、
場所を開放するけるだけで
まずは自分で準備しろという。

食べ物、毛布、水など全て自分で運ばねばならない。
おまけに歩いて来いと言う地区もあるそうだ。

夏だし、夕食と翌日の食べ物を用意していくのは
衛生面も心配。
パンを持っていこうとしても
これもすぐ売り切れて買えないこともある。

055RED20404_TP_V

車の無い家の人や高齢者はどうしようもできない。
とりあえず、着の身着のまま、命を守ることが優先。
でも、そのまま家が崩壊して
何も無くなったらと思うと。
そんな事を考えて居たら
憂鬱になる。
実際、そんな被害に遭われた方が大勢おられる。

弟が両親の近くにいて良かったが
もし、そんな台風がくることになったら

弟は自分の家に親を連れて行くだろうか。

鉄骨のしっかりした大きい家だから
実家よりは安心だし、部屋もある。


弟は、連れて行きたいだろう。
でも、あのお嫁さんだ、ダメというに違いない。

過去に似た様な事があったし、
世間の人から見れば、何故?
親の生命を守る為でもダメなの?

と世間は彼女の人間性に驚く。

しかも、少しも後ろめたさを感じない人で
「お母さん、しっかり気をつけなきゃだめですよ」
と説教までしてくるのだ。

弟はそういう事をぐっと我慢し
言いたいことを言えないので
ストレスが溜まっていると思う。

災害を思うと
色々、嫌なことを思い出す。


台風の事を考えると

色んな事を思ってしまう。


凄く怖い最大級の台風がきますよ。早く避難してくださいと
テレビで何度も聞いていると

これまでは、川沿いとか
崖崩れの不安とか家が古くて危険とか
それなりの避難する条件みたいなものが
ある人だけだと思っていた。

でも、今の日本では
「木造の家は吹き飛ぶ」
「車も飛ぶ」
「竜巻が何時間も居るのと同じ」
とか聞くと

マンションとか、しっかりした構造の建物以外に住んでいる
人は、怖くて家にいられないだろう。

地方は、一軒家も多いので
今回、避難する人が多いだろう。
全てのホテルが、台風の来る日だけ満室らしい。

コロナで、避難所は嫌だし
go toで安いし、ということで
これまで無かった事だろう。

ホテルもコロナは心配だが、
体育館よりは安心だ。

体育館は、密だし、トイレなどが感染リスクがありそうだし。
停電、断水になれば更に。


taifuoretaeda101_TP_V


仲の良い親族がマンションに住んでいて
そこに一晩、泊めてもらえたら助かるだろうなあ。

でも、いざ台風が去り、帰宅すると
自宅は壊滅で、長い停電や断水になったら
どうなるのか。
しかもコロナがある。

どうして今年は、こんな試練が次々とおこるのだろう。

もう災害は起きてほしくない。

こんな時代に、
避難所運営が全く改善されない、
被災者に冷たい国なのはどうにかならないのか。

これからは、もっと災害対策に強い国にしてほしいものだ。
税金の使い方を考えてほしい。

9月なのに、猛暑だったり
恐い規模の台風がきたり
災害が多い時代になってきた。
PAK86_amekiiroisen1299_TP_V

この時期になると
夫が私たちが被害にあって
不幸な目にあうことを期待している気がして
憂鬱になってくる。

世の中の同情が欲しかったり、
自分は遠くで何もせず、
口はだしてくる。

今年は、コロナといい
本当に嫌な年になった。


義兄嫁が実家に帰ったあと

私に舅から電話がきた。
その電話で夫の借金のことを知った。

知っているはずだと言う口調で
私に聞いて来た。

またそんな事を隠れてやっているのかと
私の方がショックを受けているのに
義両親は、借金を私のせいにしようとしている気がした。

私の反応に戸惑った義両親は
今度は私から批判されると思ったのか

態度をかえて夫をかばい始めた。

義両親は「悪いのは全て長男の嫁」ということに
していた。
怒鳴り込まれた事がかなり気に入らなかったらしい。

息子(夫)がどんなに人に迷惑をかけても
自分の育て方が悪かったのではない。
息子は悪くない、周りが悪い、と夫と同じ感覚の両親。

「長男嫁は、息子のすることに口を出し過ぎだ、
しかも実家にまで帰って、離婚だと口走り
親に泣きつくなんて、嫁の親はどんな育て方をしたのか。
娘を甘やかしすぎだ。長男が可哀想。」

と私に愚痴った。
「いきなり、犯罪者のいる家の人間にはなりたくない。
離婚します!って怒鳴り込んできたのよ。
息子を犯罪者呼ばわりして、何て失礼な嫁だ。
あんたも、あの嫁とは付き合いしない方がいい」

と、しつこかった。

おかしいのは親も夫もだろうと
呆れながら話を聞いていたが
確かに夫は
犯罪者みたいな人間だし。
義兄嫁はまともだし、
嘘は言っていない。

義兄は奥さんの実家に行き、
親にも頭を下げ、
離婚は回避した。
kazuki20514DSCF3263-Edit_TP_V

夫の勝手な行動で
ここまで騒ぎになった。

当の本人は、けろっとしており
親と同じ事を言っていた。
悪いのは兄嫁だと。

そして、自分は頭をさげるべき立場なのに
義兄にも謝っていない。
それどころか
義兄嫁のせいで
不快な思いをさせられたと被害者ぶった。

結局、義兄の名前だけ借りて、
実質の保証人には舅がなると約束して(返済を親が保証する)
何とか義兄嫁を納得させたようだ。
何で、夫の借金をやめさせなかったのか
おかしな家族だ。
それに、そこに私の存在が排除されている事が一番腹が立つ。

この結果も後から聞いたのだ。
私が、借金を反対した時
保証人がいないからやめると
また嘘をついていた。


これが子どもの学費だとしても
絶対、借金してでも何とかしようとする人ではない。
子はどうでもよくて
自分の為ならさっさと借金してでも
多くのお金を無駄に使う。

夫がこっそりやっている悪事を
義親がつい喋って、知ることが多かった。

今は、もう二人共いないので
情報が入らない。

知らない方がいい時もあるけど。

義兄が何も了解していないのに
勝手に名前を書いて、印まで押した夫。 
まだ申請段階の書類とはいえ
勝手に予定者として
了解も得ないまま
名前を書いて、申請した事は問題だ。


保証人の意思確認の為に
ローン会社が義兄の自宅に電話をかけた。

義兄は出張中で、奥さんがかわりに説明をきいた。

何も知らない奥さんは、
何かの間違いではないかと突っぱねた。
「確かに名前が書いてあり、印鑑もおしてある」
と言われ、旦那さんが自分に内緒でそんな大事な事を
決めた事、
普段から絶対保証人にはならない事を
約束していたのにと、ショックを受けた。


すぐに義兄に電話で問い詰めた。

弟から話はあったが
引受けてはいない。
その書類は知らないと説明し、
夫婦間の疑惑は消えた。
が、義兄嫁の怒りは更に強くなった。

その後、義兄にローン会社から直接電話がいき
義兄は弟をかばい
それは自分が書いたと話した。
あくまでも予定であり
今後変更があるかもと話をし、
申請受け付けは保証人待ちとなった。


義兄は夫に連絡をし
夫の行動が奥さんに心配をさせた事、
夫婦関係がおかしくなった事などを
注意したのだが、
口の上手い夫に誤魔化されてしまった。


PAK23_notedentaku20140312_TP_V


これが私であっても、義兄嫁と全く同じ怒りを覚えるだろう。

義兄嫁は、義実家に怒鳴り込んだのだ。


というのは
これも私には内緒だったのだが
夫は最初、義父に保証人を頼んだらしい。
だが、年金暮らしで高齢だったので
資格が無く、それで義兄に頼む事になった。

この時、義父は夫が借金をすることを
反対もせず、私に内緒であることも咎めず、
むしろ夫を応援していたらしい。
その辺りも、義兄嫁は許せなかったのだろう。

「私はもう我慢できません!
身内にこんな犯罪者がいるなんて
恥です。こんな家とは縁を切らせて頂きます!
慰謝料他、きちんとして頂きますからね!」

と義実家で叫んだあと、離婚話を進める為に
自分の実家に帰ってしまった。

優しい性格の義兄は
夫の言い訳や泣きつく演技にすっかり騙された。

そんな事が起きているなんて
この頃の私は全く知らなかった。
別居してて良かった。
へたすると
夫と姑に、私が裏であやつって夫にやらせたと
嘘を言われかねなかった。


義兄嫁を怒らせた夫の行動とは~

私に内緒で、多額の借金をしようとし
その保証人を義兄に頼んでいたことがあった。

自分の事しか頭にない夫は
家族の為には借金してでも何とかするという努力は一切せず、
超ケチ男だが
自分の趣味のためには(人を利用する前提で)
気楽に借金する。

返済もすぐ滞り、督促が自宅にきて
家族にばれた時の言い訳も用意している。
借りてしまえばこっちのものということ。

もし今後、そんな事が起きたら
それを理由に縁をきろうと思っている。


話を戻して、

義兄は「奥さんにも了解をとらないといけないから
すぐには返事できない」
と答えを渋り、保留にした。

まず、普通に奥さんが了解するはずがない。
借金の保証人になることを
賛成する人なんていない。
ましてや、自分を虐めてきた上、
転職続きのいい加減な義弟の為に。

それを夫は
「兄嫁は兄の足を引っ張る悪い奴だ。
母の言う通りだ。弟を助けるなと
嫁が兄に強要している。」
という言いかたをする。

まともじゃないのは自分なのに。
crowncat133_TP_V

だいたいいい歳して貯金もせず、
借金までして何ができるのか。
人徳も、資格も特化した技術も無い中年男に。

考えが甘いとさんざん色んな人から
言われてきても
「自分は凄いんだ、悪いのは周りだ。一攫千金で稼げる」と
死ぬまで言い続けるのだろう。
いい加減、’自分は特別な人間’という
頭のおかしなカルトの教祖みたいな考えは捨ててほしい。

自分の愚かさにまだ気が付かないのか。
と私はずっと思って来た。

断わるつもりだったであろう義兄は、
この件は奥さんには一切話さず、返事を保留していた。

まだ了解を得ていないのに
夫は勝手に、義兄の名前を保証人予定者
に書いて、印を勝手に押して借金を申し込んだという。



結婚する前から
夫は私にも親族にも
母親から聞いた話をうのみにし
義兄嫁の悪口を言いふらしていた。

母親に注意するならわかるが
一緒になって兄嫁いびり。

「母親のやることは全て正しい。
母親の真似をすれば間違いない。」
と、成人しても信じてきた夫。

その事を知った時、私は夫に自分の気持ちを話した。

「義姉さんの言い分を聞かずして
一方的なあなたの話は信じない。
それに、義姉さんを悪く言う材料にもなっていない。
関係のないあなたが煽るのはおかしい」


姑は、それまで女王様の如く
自分の思うままにやってきたが
長男の嫁がきたことで
自分のやり方を修正されたり
嫁がちやほやされるのが気に入らないのだった。
自分が探してきて結婚させたのに
息子の世間体の為の嫁探しだった様だ。

私が腹がたったのは
「この嫁じゃなくて、もう1人の方にすれば良かった。
息子より背の高い人だったから断ってしまった。
今の嫁は、背が低くて息子と並んだ時
息子が映えると思ったから選んだだけ。
失敗した。」
と姑が言い、それをまた夫が色んな人に
言い触らしたことだ。

夫は、兄嫁が自分よりレベルの高い大学をでたのが
気に入らなかった。

人間性なんて全く見ていない。

自分の息子にとって
どう利用できるか、世間体が良いか
それだけで選んだ様だ。
何て失礼な話だ。
PAK51_ohajiki_TP_V

夫はそれの何が悪いかを理解できない。
母親だけは別で、
他の女性は差別していいと洗脳されている。

とにかく、レベルの低い人間なのは夫の方だ。

救いは義兄がまともで
きちんと妻子を大事にしていることだ。

母親の気を引きたい夫は
御機嫌取りに夢中で
姑がたまに兄嫁と仲良くすると
面白くなく、とにかく兄夫婦に母親が愛情をむけないように
喧嘩を煽ったり、嫁いびりを煽ったりしていたようだ。
夫の頭は幼児のままで止まっている。

私は、夫のおかしさを指摘した。
当時の夫は、今思えば、私をターゲットにしたばかりで
利用しようと色々企んでいた。
だから、私には理解したふりをし
話を合わせ、演技していた。
今だからわかることだが。


義兄嫁は、姑も夫も相手にせず、じっと我慢していた。

旦那さんが自分の側についてくれるから
相手するのも馬鹿らしいと大人な対応をとっていた。


それからだいぶ経ってから
私の知らないところで
夫がとんでもないことをしていた。



↑このページのトップヘ