りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

りんごの嘆き イメージ画像

更新情報

ランチをケンタッキーにしようと思い、お店に行った。カウンターには2人の店員さんに注文中の2人の客。並んでいるお客は私だけ。空いててよかったと思っていたら、あれよあれよと後ろに列ができた。その理由は、店員さんの1人が、レジでもたついていたから。お客さんはス
『他人事には思えない』の画像

薔薇の鉢はどれも元気だ。次々と花を咲かせる物、高く伸びた物、なかなか花が咲かない物、色々だ。肥料をやり、手入れを少しだけした。他にも苗を買ってから長い年月が経ち、大きく育った山茶花もある。母からもらった鉢も元気。特にガーデニングが趣味な訳でもなく、あまり
『揉めずに解決するのが一番』の画像

独身で年金生活、私に比べると充分に裕福な年上の女性がいる。でも、いつも貧乏だ、年金が少ないと言っている。いつもお金が無いと愚痴るのが不思議で、色々聞いたら、お金の使い方が自分の感覚とは違っていた。1人なのに、沢山の食材を毎日買わないとすまなくて冷蔵庫は物
『裕福でも貧乏人』の画像

脳科学者の中野信子さんが、テレビ番組で言っていた。「人間の脳は、苦しみに耐える様にできている、が、快楽を我慢できるようにはできていない」だから、依存症になるわけか。苦しみに耐えられる様にできていると科学的に証明されているのはホッとする。それでも、限界を超
『記憶が消える時』の画像

いつもの事だけど、夫にまた意地悪をされている。話題にするのもつまらない単純な事で。この歳になってもこうなら、もしかしたら人格だけでなく他の障害?認知症?なのかもしれないと最近は感じる。若い頃から約束の時間を守れない。守る気が無い。相手の気持ちや迷惑が想像
『もう認知症?』の画像

下の子のノロウイルス感染が突然発症してから3日目。完全に元の胃腸に戻るには1週間かかると思う。だけど、熱が下がり少しづつおかゆが食べられる様になると、いつまでも休んではいられない気分になってくるものだ。子の職場から、まだ復帰しないのかみたいな連絡が入り始
『母の看病を思い出す』の画像

熱があるので、電話をしてから病院に行かねばならない。コロナ騒動以来、そうなっている。電話をするとすぐに来ていいとの事。駐車場で看護師さんから問診を受ける。コロナ、インフルの検査結果は陰性で、ほっとする。それでも診察まで建物の中には入れない。本人も動きたく
『久しぶりに我が子の看病をする(2)』の画像

ああ疲れた。久し振りに心配をした。昨夜、下の子から「急に具合が悪くなった、身体が動かない」とラインがきた。アパートで、夕食後、突然気分が悪くなり、トイレでお腹を下し、それから動けないという。脱水か貧血状態?水分をとって暖かくと返事したが、ポカリ類も買い置
『久しぶりに我が子の看病をする(1)』の画像

福岡の小学1年生が、給食のうずら卵で窒息した悲しいニュースに 心が痛む。どんなにか苦しかっただろう。見ていた周りの子ども達、必死で対応されたであろう先生方のショック、朝元気に行ってきますと出て行った我が子が、こんな事になるなんてと現実を受け止められないであ
『悲しい事故、誤嚥にも注意』の画像

自分と自分の周囲の人、両親とは、家庭に対する思い、子育てに対する考えは基本的に同じで違和感が無い。親世代の不器用で時代の違いによる考えの違いからの確執はあったりするが、「自分達がこの世に勝手に生み出した生命に対する責任が親にはある。我が子には健康で長生き
『無償の愛とは』の画像

 最近はマンション生活の家庭が増え、場所を取るし保管する場所も無いとあえて小さい飾りにしたり、古い慣習は不要と考える家庭も増えて居る。ほとんどのお宅が祖父母からの贈り物だろう。実家においてある母親の人形を受け継ぐというのもある。友人に馬鹿にされて、落ち込
『ひな人形の切ない思い出(2)』の画像

スーパーに買物に行くと、ひなあられが沢山並んでいた。パッケージが可愛らしくて1袋買って帰った。ひな祭りと言えば、ちょっと切ない思い出がある。結局は父親を批判する事になるけど、父は当時の私の気持ちを全く知らない。当時の父は、少ない給料から自分の実家へ仕送り
『ひな人形の切ない思い出(1)』の画像

やっと眼科に行けた。小雨の日だったので、これなら歩いて行けると午後の診察へ。ところが、途中急にどしゃぶりになり、コートとブーツはびしょぬれ。歩いていかねばならないので、我慢するしかない。眼科に到着したら雨がやんだ。空に嫌がらせされた気分。そこまでして行か
『目は変化無しだった』の画像

↑このページのトップヘ