りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。



長年、夫と離れていたおかげで、夫の事を冷静に分析することができた。
今では、出て行ってくれてありがとうだ。

夫として父親としては失格だが。
今となっては良かったと思う。

夫の間抜けなところは
離れて、意地悪すれば、
自分に泣きついてくるはずとか
自分の存在価値が上がると思っていたところ。

こんな無責任なことをすれば
誰だって嫌いになるし
こんな奴、居る価値ないと逆に
排除されるかもしれないとわかりそうなものだ。

どうなっても、嘘で誤魔化せると
思っているのだろう。

自分の嘘で誤魔化されるのは夫自身だ。
夫以外の人間は、そこまで愚かじゃない。

別居後、過去にこんな事を言っていた。

「社長がさ、自分の生活優先にしろって言うんだよ。
家族は後回しにしろ。生活費は奥さんに任せて
お前は、給料は自分の為に使えっていうんだよ。
酷いよねえ。僕は社長に言い返してやったよ。
そんな事はできません。自分は食べなくても家族の為に送金しますって。
でもさ、社長が、俺の言う事きかないなら
給料減らすぞって怒ってさ。困ったよ。」
HIRO_dasdsfa5_TP_V

夫は、転職を何度も繰り返したが
変わる度、会社の社長がこういう事を言ってくる、
自分は抵抗したが、従わないと給料がもらえない、ひどい社長だ。
と私に言って来た。

そして生活費を送らない言い訳にしていた。

何度も同じ嘘をつけば、バレるのに
過去の自分の嘘を忘れている。

そもそも、最初から、そんな話ありえない。
何度も同じ嘘を繰り返すその愚かさが
人間としてありえない。

嘘もアップデートできない。
で、嘘がばれると
「僕は正直者だから、嘘がつけない。
嘘に慣れていないから、すぐばれるんだ」
とまた、自分を褒める。
おめでたい、懲りない奴。

各社長さん達には、あんな夫を雇って下さるだけで感謝するならともかく、
我儘の言い訳に利用され、
極悪人扱いされ、
夫自身は善人のふりをして家族を騙すなんて。
あちこちに敵が増えるはずだ。

その他、
家族にはお金が無いふりをした後に
旅行がばれた時も
「金が無いからと断ったんだけど
どうしてもってあいつが一緒に行ってほしいと頼んできて
全てあいつの驕りだったんだよ。嫌だったなあ。
自分のお金で行きたかったよ。」
と嘘をついた。
そんな事、誰が信じるの。

その友人に聞けば、すぐ嘘はばれる。
それでも平気。
その場を取り繕えばよいと思っている。






夫に自分をしっかり見つめさせたら
どんな反応するだろう。

せっかく掴んだ幸せを自ら捨てて
家庭から逃げて、
仕事も中途半端、
何が残った?
何も残ってない。
現実から逃げても,
簡単に次の幸せがつかめると思っていたのか。

結婚後、本性がばれても
何だかんだと脅して家族を繋ぎ止められてきたから、
思い通りに生きていけると
世の中を甘く考えていたのだろう。

たまたま、周りの人が助けてくれたり
我慢してくれたお陰で
ここまでやって来れた事をわかっていない。

その点では、夫は運がいい。

というより、人を疑わない優しい人や
利用できそうな人を見抜く目だけはあるのだろう。

でも、自分というものが無い人間だから
所詮、何か行動を起こす時は人真似なのだ。

他の人とは
能力も人間性も全然違うのに
同じ事が簡単にできると勘違いする。

夫が勝手に別居したのは、ある人の真似だと思われる。
その人物は、
以前、同じ職場にいた上司だ。

その人が、独立して会社を立ち上げ
成功しているのを見て
「あの人より自分の方が優れているから
自分も簡単に成功するはずだ」
と夫は考えて居た。私にいつもそう言っていた。

その方は、最初、単身赴任をしていたが
赴任先で、誘われた人と組んで
会社を立ち上げ、成功している。

マメに帰宅し、子どもさん達のことをいつも気にかけている人だった。

人脈が広く、几帳面。

良くマンションに社員を招いたり
食事会をしたりで、慕われており
単身赴任も寂しくないそうだ。
家族を呼んだり、旅行に行ったりして
大事にしているのは知っている。

以前から、夫は、その上司に嫉妬していた。

いつも悪く言っていた。
だが、それは自分の理想とする生き方に近く、
妬ましかったのだろう。
AME19612001_TP_V

人の上に立ち、周りから慕われ、
家族とは、会いたい時に会えて
自由で優雅な生活。

現実はそんな良い事ばかりではないはずで
この社長さんも、苦労を乗り越え
沢山頭を下げて、やっとここまで来られたと思う。

でも、夫は想像力が無く、
嫉妬心で
「あの人は悪い事をして、成功したんだ」と言う。

現実はそう簡単ではない事を
わかっていないのは夫だけ。

別居後すぐに、現実の厳しさを味わったはずだ。
その度、
周りの嫉妬のせいにしたり
家族の存在のせいにしたり
言い訳を言ってきた。

何度もやり直せるチャンスはあったと思うが
反省をしない人なので
絶対自分は正しいと言い、
同じ事を繰り返す。

ある意味、心が強く、幸せな人だと思う。








夫が、人の言葉を借りて
演技しているのも、年齢と共にアップデートされるなら
まだ良いが、
10代の時に覚えた言葉を未だに使っている。


もう聞き飽きたほど。まだ言ってるの?
親がこう言った、という脅し文句も、

結婚前から何かにつけてずっと使っている。

自分がまだ20代だと本気で思っているんじゃないかと
感じる。

おそらく、少し付き合いのある人なら
こいつ、ヤバイと思っていることだろう。

ヤバイというより、
言ってる事と全然違うと
第一印象で騙されたと感じるだろう。

自分より偏差値の高い大学を卒業して
医師や弁護士、官僚になった同級生のことを
妬んで、いまだに悪く言う。

自分はもっと良い学校に行けた。
本当は自分はあいつらよりも頭が良い、
と、けなす。
卒業して何年経っているのか。まだ言ってる。

みっともないからやめてほしいと思う。
20141129-PB290002-2_TP_V

自分は自分の生き方をちゃんとすればいい
と自分の中で素直に認めれば良いだけじゃないか。

いくら他をけなしても
結果が全てなのだから
誰も誤魔化されないし、
夫だけがそう言って自分をかばっている。

黙っていればよいものの、
妬んでいるのがばればれだ。

成功した人は、
するいことをしたり、
コネだったり楽をしてきた様に言う。

夫の弱点は
嫉妬心を刺激される事だろう。

モラハラをする人は、
自分の真の姿を見つめたくない弱虫なのだと思う。



夫は、「自分」が無い人。

おそらくだが、
自我の目覚める頃、母親に
自分というものを見つめる事を拒否され
母親の洗脳下に置かれたのが原因だと感じる。

出て来る言葉は、親や人から言われたり
どこからか探したものやカルトの教祖の言葉だったり
統一性の無い借り物ばかり。

だから常に
「人に指導するのに使えそうな名言」を
探しているが、
自分の生き方の支えにする訳では無く、
自分の体験で自分が会得した言葉のように
人を騙す道具として使う。


仕事での事務的な書類作成には
それが役にたっているらしいが
書類上の言葉使いの上手さと
口から出る言葉のギャップがあり過ぎる。

それらの名言の真の意味を理解せず、
自分に都合よく解釈して使うので
すぐにぼろがでる。

自分以外の人を馬鹿にしているので
得意気に「どうだ、知らないだろう。教えてやろう」
と、上から目線でお説教するのだが、
言い間違えたり、意味を取り違えて
場違いだったりが多い。


だから、言われた人は、キョトンとするか
内心馬鹿にして相手にしないのだが
その表情をまた都合よく解釈して
「こいつ、馬鹿だから俺様の賢さに敬服してる」
と思い込むのだ。

私に対してもそうだった。
私は、即、間違いを指摘して
人を馬鹿にするのは間違ってると何度も言った。

その時は、悔しそうな顔で
「女のくせに何様か」と言った。

他人に対しては、夫の恥になるのでやめてほしいのだが
それを言うと
私が夫へ「嫉妬している」ことにされてしまう。

「嫉妬」これは、夫の性格の根本そのもの。
kum07012054_TP_V

だから、自分の失敗も「他人の嫉妬のせい」で終わらせる。
自分がそうだから。 
自分が嫉妬で他人を陥れる。
まさか子どもにまでとは思わなかったが。

元気な頃の姑と接してわかったのだが
姑がそういう人だった様だ。
子どもの前で、他人を嫉妬する悪口ばかりを聞かせてきていた。

「うちの家族はどこより優れているのに
馬鹿にされている。
平凡な生活しかできないのは世間の人が悪いからだ。
うちより豊かな生活や立派な立場にいる人は
悪い事をして成り上がっている」

と、言い続けた母親を正しいと信じている夫。
今でも何かあるたびに
「親が立派に自分を躾けてくれた」と言う。
親が、と言えば誰もが騙ると?
こんな歳になってもまだ、親が一番偉い?
自分は?
言うなら「我が子にこう言って躾けています」
と言う立場だろう。
まだ、「僕のお母さんが言ったんだから正しいんだぞ」
って言う?

その辺りも、普通じゃない。
何かおかしい。




部屋が乾燥する時期。

喉を傷めて、熱がでたりするのは
コロナの時期、嫌なので
のど飴を頻繁に舐めていた。

結構効果があるし、口寂しくなくなるので
ついつい何個も。

時々、無意識にガリガリと噛んでしまう。

 最近、ふと気が付くと歯を食いしばっている。

以前、キシリトールガムを
毎日、何かにつけストレス解消に噛んでいたら
顎が痛くなり、頭痛もしてきて
治療した歯もだめになった。

噛み過ぎも良くないとわかり、
それっきりガムはやめた。

妊娠中に、やたらと氷をバリバリと噛みたくなって
氷ばかり口に入れていた。
鉄欠乏性貧血が原因らしい。

それ以来、食いしばるのが癖になった気がする。
強く噛むことが良いことと思い込んでいた。

ストレスの多い年月も続いたから。

で、氷はその時だけだったが
先日まで無意識に飴をガリガリしていた。

ガリッとやった後から前歯がピリピリしてきた。

昔、ぶつけてひびが入っていた歯の方。
歯科では特に何も言われず、
何ともなくきていた。

もしかして、中の方のひび割れがひどくなったのかと
心配になり、歯科に行った。

レントゲンを見ても異常なし。

歯の表面を綺麗にレジンでカバーしてもらった。
これで、ひびも隠れ、痛みも消えるかと思ったが、
まだ違和感がある。
HIRO96_ukabukamo_TP_V

そして、いつも噛む側の奥歯の根も
傷んでいた。
これも、食いしばりのせいかも。

あまり固い物を噛み過ぎるのは
歯に負担になるのだと
要するに老化なのだと思い知った。

治療が終われば、またついガリっとやってしまいそう。

気を付けなくては、とおそるおそる食べている。

何だか入れ歯をしている人みたい。

まだ、全部自分の歯なのに。
今からこれではダメじゃないか。
美味しいものも
味気なくなり、食欲も無くなってくる。

我が子には
虫歯の苦労をさせないように
ミュータンス菌を口に入れないように
乳児から気を付けていた。

が、虫歯になった。
夫が、自分の唾液のついた物を子供の口に入れていたのだ。
注意していたのに。
知っていて、わざとやるのが夫だ。

歯科に連れて行くのは私だから
どうでもよかったのだろう。
自分が虫歯だらけの汚い口をしているので
気にしていないのだろう。

子育てからは逃げたのに
こういう邪魔ばかりしていた。

歯科にいくとつい力が入って疲れる。

これから、歳をとるにつれて
歯が悪くなり、歯科通いが増えるのだろうか。
病院嫌いな自分には
これからが思いやられる。





同じくゴミを送ってくる夫とは違い、
弟には悪意はなく
ただ無神経で世間知らずなだけと思う。

被災地に自分の家で捨てきれない古着を大量に
送りつける行動と似ているかもしれない。

自分は、善意のつもりであっても
相手にとっては失礼で、不快な思いをした上に
そんな相手に感謝し、下手にでないといけないという
苦痛を味合せることになる。
自分が体験しなければ
相手の気持ちが理解できないこともある。

弟も奥さんも似た者同士だから
どっちかが「これは失礼だね」と
咎めることもなかったのだろう。

そういう私も、
若かった時、似た様な事をしていた。
本当に恥ずかしいと思う行動をしてきた。
よかれと思ってやったことが
相手には迷惑だっただろうと思う。

母から何度か注意され、気が付いた、
その点は母に感謝する。
でも、そんな忠告を弟にはしてこなかった母。
結果、弟の為にはなっていない。

親が教えなくても、
こんな歳になるまでには
常識はついていくものだろうが
弟夫婦に関しては、学んでこなかった様だ。

結局、ほとんどの服は処分することに。
一部は私がクリーニングして
フリーマーケットにだすことにする。
ELL96_dryflowerrese131310_TP_V

弟夫婦のかわりに
ゴミの処分とクリーニングをする私。

弟が独身なら、素直に話したが
奥さんがいるので
板挟みになるのはわかっている。
それに、もう中年のおじさんに
今更、何を言ったって無駄。

母は「気にせず、捨てなさい」と言って来た。

私にあれこれ言うんじゃなく、
弟が持ち込んだ時に、送るのをやめればいい話だ。
弟に何も言えず、ご機嫌を伺って
私が気分を害するのをわかってて
後からこっそり私にうまく処理させればいいと思ったのだろう。

でも、これが、
「せっかく送ったんだから、
ありがたく貰いなさいよ。
(弟夫婦に)お礼を何か送りなさいよ」
と言って来なかっただけでもましだったかも。

ああ、馬鹿らしい。



実家から段ボール2箱が届いた。

以前、私が実家に置いて来た服を何かのついでの時に
送ってほしいと言っていたので
母が送ってくれたのだ。

が、2箱も?
私は、セーター2枚だけしか頼んでいないのに。

箱から中身を出すと
凄い量の古着が出て来た。
あっという間に部屋が服だらけに。

母に聞くと
弟が、自分ちの古着も一緒に送ってくれと
家から山ほどの古着を持ち込んだらしい。

小さな箱1個で送るはずが
大きな段ボール2個になり
送料は母持ち。

母は、私のセーターは、きちんと洗ってアイロンかけて
袋に入れてくれていた。
自分でもそうするだろう。

が、弟が送った服は
おそらく洗っていない?物もあり
畳むどころか、くしゃくしゃで
シミ、汚れ、毛玉あり、犬の毛があちこちについている。

せめて、洗ってアイロンをかけるか
お金に困っていないのだし
クリーニングにだしてからじゃないかと思うのだが。

捨てる予定の服を
洗わずごみ袋に押し込み、
そのまま物置に何年も置いていた物、
つまりゴミを
そのまま送ってきたのかもしれない。
弟夫婦ならやりかねない。

非常識だよ、
私だから?まさか、他人にもこんな失礼なことを
していないだろうな?
と心配になった。

奥さんに、私にあげられる服はないか
と聞いて、集めてきたようだ。
奥さんと二人で
これをあげようとゴミの服を実家に持ち込んだのだ。

母から電話があり
「あの子が持ってきた服を身て
唖然としたわ。あまりにも失礼だと思ったけど
奥さんが渡したなら、あの子が可哀想だから
何も言わなかった。
私が全部、クリーニングにだしてから送ろうかと
思ったけど、あまりに量が多すぎて、
どっちみち、あなたは着ないだろうと思うから
やめた。気分悪いだろうと思うけど
黙って捨てていいと思う。」
と言われた。

そこは母の方が常識的。

でも、弟に何も言えないのはダメだろう。

NKJ56_Lsizenooyouhuku_TP_V

奥さんが着古して、捨てる予定の服を
汚れたまま姉に送るかなあ。

奥さんは、きっとうちの実家をそういう家庭なんだと
誤解しているのかも。
奥さんに普段我々が馬鹿にされているのも、
弟のそういう言動が原因かもしれない。

せめて、新品同様で、似合いそうだから?
と言える物ならわかるけど。

いくら高そうなブランド品であっても
ボロボロで、しわくちゃで
色も褪せていて
私に似合いそうもないデザインの物は送らないだろう。

私が、貧乏だからと同情してなのか。
貧乏人は、何をあげても喜ぶと思っているのだろうか。

弟夫婦は、そういう無神経な言動をたまにする。


同情から、送ってきたのか、
どこかで馬鹿にしているのか
ただの勿体ない精神なのか(だったらもっと物を大事にしろよだ)

買物好きな弟の家は、物であふれかえっている。

玄関には靴が散乱し、手入れもしていない。
どれも、高い物なのに、大事に扱っていない。

結婚前は、弟は貧乏性だったが
生活が楽になり、奥さんの影響もあり、
だんだん変わって来た気がする。

自分ちではゴミだけど、
貧乏な姉にあげれば喜ぶだろうと
思っているのかもしれない。


夫は、だらしない性格。

部屋はゴミ屋敷。
職場の机も、過去に見た事があったが
書類は散乱、机の下にもゴミが落ちていて
整理能力が無い。

取引先と電話で話した後、
メモもとらないし、
とってもそのままポイ。

だから、約束を守れない。

言い訳と笑顔で誤魔化そうとする。

若い時から今日まで何も変わらない。
それでいて、いつも上から目線で
人には「こいつを指導しなければ」と言っている。

最近の言い訳はいつもこれだ。⤵
「自分はもしかしたら若年性認知症なのかもしれません。
最近、物忘れがひどくて、自分でも困っているのですよ。
そのつもりでいて下さい」

凄い言い訳だ。開き直るな。
最近じゃないだろう。
20代からだろう。

認知症じゃないぞ。性格だぞ。
redsugar201025938_TP_V

これからも、自分のミスも
故意にやっている意地悪やすっぽかしも
全て、老化現象のせいにするのだろうな。


その割に、自分の得になる事や
人と喧嘩する時は、凄い記憶力と
積極性を発揮する(笑)

付き合いの古い人はわかっているが
そうじゃない人は、騙されているのだろう。

夫が、過去に解雇された理由は
そのだらしなさとそれを改善しようとしない
生意気な態度が原因だった様だ。

私も、絶対夫とは一緒に仕事をしたくないし
こんな人は雇わない。
こんな人だったと
わからなかった自分を責めている。

コロナで良かったことは
夫が突然帰宅する可能性が無いこと。

夫も、こっちの生活の様子をチェックしたり
自分の存在アピールはできないが
自分一人で優雅に過ごせて喜んでいるんじゃないかと思う。

このまま、ずっーと1人で永遠に、好きなようにしてほしい。(笑)

 

趣味の話が続きます。

最近、ネットフリックスで、「ゴッサム」というアメリカドラマを見ている。
ゴッサムと言えば、そう、バットマンシリーズのあのゴッサムシティのこと。
ドラマ「ゴッサム」は、若き日の刑事ジェームズ、ゴードンと
少年期のブルース、ウェインを描いている。

海外ドラマは見始めると、連続して見てしまうので
後から襲う眼精疲労と寝不足と肩こりに悩む事になる。

だから、最近は控えめにしていたが
面白くてつい、やめれなくなる。

バットマンシリーズは、はるか昔?の頃より、
バットマンビギンズ、のあたりから
好きになった。

何が好きかというと
暴力で荒れ果てた街の映像美。

政治家も警察もマフィアと手を組み、
治安も最悪、貧しく、弱い者達が犠牲になって
荒れ果ててどうしようもない街。ゴッサム。

画面は暗めで、夜景シーンが多い。

荒れた都会の街並みが
私には芸術的に見える。

映画やドラマだからであって
現実では無いから美しいのだ。
heriyakei419187_TP_V

昨年ヒットした映画「ジョーカー」のラストの方で、
トーマス、ウェイン夫婦が殺されたが、
ドラマはその後の話を描いている。
あくまで、ゴードンの目線で描かれ
ジョーカーも、バットマンもでてこない。

映画「ジョーカー」の映像美もとても好きだった。

色彩豊かな芸術作品を見ているようだった。
暴力、荒廃を表した作品なのに
グロさよりも美しさに感動した。

「ゴッサム」「ジョーカー」の描く世界に
今の日本は近づいて来てるんじゃないかと
感じたりする。


コロナ禍がなかなか収まらぬストレスの多い生活。

鬱っぽくなってる気がする。

冬季鬱、冬眠状態ということもあるが
相変わらず、ネットで映画を観て楽しんでいる。

そこにアレクサ(スマートスピーカー)も加わった。

先日、アレクサで50~80年代の洋楽を順番に聞いていた。
(アマゾンプライムミュージックからの選曲)
50年代なんて、古臭くて知らない曲ばかりかなと思っていたら
ビートルズのミッシェルから始まった。

あ、そうか。そうだった。
全然古くない。ビートルズは時代を超えてやっぱり凄い!と
うっとりして聞いていたら、
50年代ジャズが流れてきた。

以前観た「坂道のアポロン」という映画(アニメの実写版)
の中で聞いた曲。

有名で誰でも知っているメロディーだが
これまでと違う響きを感じた。
drtftgyuhij_TP_V

若い時は、洋楽のロックしか興味なくて
ジャズの良さがわからなかったのに、

年齢、今の生活状況、色んな要素がミックスされて
自分は変化したのだ。

音楽には古いとか新しいとかは関係無いなあ。

ジャズをききながらキッチンに立つと
これまでと全然気分が違うのだ。

コーヒーを淹れたり
冷蔵庫を開けて、食材を探す動作まで
お洒落に感じる。

リズムカルに調理が進む。

ただの居間やキッチンが
音楽という効果音だけで、違う空間になる。

これまで、音楽には何度も救われた。

芸術は、贅沢でも無駄なものでも無い。

人の心の栄養剤、薬、絶対に欠かせないものだと思う。



↑このページのトップヘ