りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。


弟から連絡があり、
父が月末に3泊4日の留守をするという。

やっとチャンスがきたか。

葬儀の後、追い返されたまま
新しい仏壇も見ていない。

母のお骨がやっと帰宅した直後に、母と私は父によって離された。

実家なのに、私の部屋も物もあるのに
自由に出入りできなくなった。

勝手に自分の物まで捨てられる不安解決と母の形見を守る為に
とにかく、早く帰りたかった。

父には、内緒だ。
だからあまり物の位置を変えたりできない。

弟は、自由に出入りしているので
何か言われたら、弟が触った事にしてもらう。

家の中は汚いだろうなあ。
掃除したいが、我慢。
父がいないので、こっそり実家に泊まる。作業に時間かかりそうだし。

新幹線で行く予定だが、1泊2日で高い旅費は痛い。
2泊できればいいのだが。

父の気分がいつ変わるかわからないので
前日まで決められない。
でも、すぐに行けるように準備はしておく。
コロナが落ち着いている今がチャンスだ。
NIS2018929012_TP_V

母が待っている。
でも、こんな形で実家に帰ることになるなんて。

母もまさか父がここまで酷くなるとは想像しておらず、
亡くなる前には
「あなたが今、一緒にいてくれるから、お父さんは気が紛れているけど、
家に帰ったら、淋しくなると思うわ。 あなたがいてくれて良かった。
何の心配も無い」
と、父の事は、娘に任せれば安心と話していた位だ。

父が娘を可愛がるはず、と信じていた。そう感じる事もあったから。
私が結婚した日の夜、父は布団の中で号泣していたそうだ。
母からそれを聞いて、父親の愛情を感じた。

でも、今ではこうなった。
まさかの、娘排除だった。

理由は全くわからない。父の口から出る言葉から推察すれば
男女差別位しか思いつかない。
娘は他人だ。息子はうちの人間。後継ぎ。そういう古い感覚。

でも、実家では、他人であるはずの?娘をこき使い、
息子夫婦と自分はお客様な態度をとる。
矛盾している。だから尚更、腹がたつ。
男女差別するなら、嫁さんも差別するかと思えば違う。

娘差別というのが正しいかもしれない。

壊れた父は、もうどうにもできないから好きにさせる。

弟に協力してもらい、宅配で送ったり、弟に預けたりしようかと思う。
弟も、普段1人で抱えているストレスも、
私と愚痴る事で、少しは和らぐと良いが。

それにしても、実家なのに、こんな事、馬鹿らしいなあと思う。
父が施設に入れば、こんな苦労も無くなるだろうが
父が在宅しているうちは、帰りたいのに帰れないなんて、
いつまで、続くのだろう。

母が可哀想で仕方が無い。
墓参りもなかなかできない土地に1人ぼっちで置かれている。
実家から遠いので、時間も無く、今回はいけない。

先日みた母の夢の内容は思い出せないが、
実家で、母が私に、こうしてああしてと何かを頼んでいる夢だった。
その言葉を思い出せない。
でも、私に実家で何かをしてほしいという夢であることは確か。

わかってる。とにかく行けるようにするから待っててね。
と語りかけた。


眞子さまがいよいよ明日結婚される。
KKさんと記者会見も。

明日はさぞ、マスコミが賑やかな事だろう。
それにしても、残念な形になった。
これまで、皇室のご結婚は、国民にお祝いムードを盛り上がらせ、
ほのぼのとした気持ちと活気をあたえてくれた。

こんな中途半端な、
すっきりしないご結婚話があったろうか。

どう考えても、最初から簡単に解決できる方法はあったのに
何もせず、恩人にお金も返さず、更に人のお金で留学し、
就職まで支えて貰い、皇室を利用しているイメージを持たれた婚約者、
そして、問題の母親の行動。

まともな人なら、息子の足を引っ張ってはいけないと
母親がすぐに解決の為に動くだろう。
それもせず、更に問題を大きくしている。

これだけ、世間から暴露され、非難されているのに
辞退もせず、堂々としているのが凄い。
こんな人もいるんだと、ショックを受けている。

大人なんだし、結婚は自由。喜んであげなよとか
KKさん、頑張っている、凄いじゃないかと
心から応援する人も多いだろう。

問題を解決しようとする努力が見られないのが引っ掛かる。
長い説明文も言い訳に感じたし、上から目線で、恩人への感謝も感じられない。
人のお金は自分のお金みたいな理解できない感覚の持ち主?
過去の家庭の不幸な話も怖いし、
もし、自分の近くにこの方達がいたら、関わるのを避けたいと思うかも。

全てではないが、基本、夫と似ている気がする。

だから、KKさん親子が、
結婚した後、眞子さまに対してどう変わっていくかがとても心配。

眞子さまがPTSDになった
そもそもの原因は、KKさんにあるだろう。

反対される根本的理由から目を背け、騒ぎだけを問題視するのは
誤魔化されている気がする。

夫と結婚する前の自分を見ている様。
(皇室というのは別に考えて、単に結婚することにおいて。)
C785_ringbuke_TP_V

眞子さまにとっても、KKさんは必要な相手であるのだ。
皇室から早く出たい、
結婚したら夢の世界が待っている、
自由になれる、
愛情以外に、自分の願望を実現する為に必要な存在。
せっかく掴んだチャンス、ここで諦めたら
一生、皇室を出られないかも、という気持ちの強さもあるのかもしれない。

KKさんと眞子さま、お互いの夢の実現の為に
必要な存在で、絶対に縁を切る事はできないのだろうと
勝手に想像している。

私なんて、貧乏な平民ごときでも、
結婚したら、後悔したのだから。
眞子さまは、環境が変わられるだけでも大変なのに、
問題を抱えたままのご結婚では、ご苦労されるのではとお節介にも心配する。

誰でも、若い時は盲目になるし、突っ走りがち。

明日の記者会見は、無難に終わるのかな。

それにしても、KKさんの顔つきが変わったのは驚いた。

これは、個人的な勝手な妄想話。

娘が心配でならない親心みたいなもので
眞子さまの幸せを願っているからこそ複雑な気持ちになる。


夫は、お茶を入れてあげると
「有難う!」と言う。
外出から帰ると「お疲れさま!」と声をかけてくれる。

一見、とても良い旦那様に見える。
このノリだけで1日が終わると、とても平和で 、
有難うも言わない、妻を家政婦としか思っていないような無愛想な旦那さんに比べたら
とても優しいご主人じゃん、みたいに言われることだろう。

どっちが愛情のある人か、
それだけではわからない。

この軽いノリの感謝の言葉や
「お、凄いね!」「おう、いいんじゃない?」
みたいな爽やか、理解ある人モードが夫の表の顔なのだ。

浅ーい軽ーい付き合いなら、
気さくで付き合いやすい人の印象を受ける。

でも、本当に極浅い付き合いでないと駄目。

深くなら、数日付き合えば、すぐボロがでる。
例えば、友人が脱サラして独立を考えて居たとする。
「おお、良いんじゃない?応援するよ」
と、とても良い返事をして、
資金も援助するかのような事を言う。
「その道に詳しい知りあいがいるから紹介するよ」
と人脈もあるかのように話す。
相手が感謝して、お願いすると
何日たっても、夫は何もしない。

問い合わせると「は?そんな事言ったっけ」
ととぼけたり、言い訳をしたり、
その時の顔付きも、言い方も別人のよう。

何か俺に文句ある?みたいな。

「それならそうと、できないと早く言って下さいよ。応援してくれると言われたから、
そのつもりでプランを作り、頼りにしていたんですよ」と
苦情を言われると、夫はキレて、話をそらし、
「そもそも君は人をあてにするのがいけない」だの、
「そんな事を言ってると、失敗するよ」と説教をし始める。
それどころか、何も成功してないのに、俺を見習えと言い出す。
相手の方が、夫より優秀であっても。

TSU85_koucyanotpod_TP_V

相手の方は激怒し、二度とこの人とは付き合わないと縁を切る。

夫は「全くあいつはダメだなあ。僕が指導してやろうと思ったのに」
と何も事情を知らない人には、被害者を悪く言いふらす。

夫は常に無意識に嘘をつく。
自分を良く見せようととっさにその場を繕う。

心が無くても、言葉をだせば良いと思い込んでいる。

感謝してなくても、有難う!と大げさに言い、
助ける気は全く無くても、助けてやるよ!と強い口調で言う。

その場だけの、いい格好の為だけに。

自分の言葉には、一切責任を持たない。

その場だけ自分が良い人であれば満足で、結果人を傷つけても平気。

「有難う」「お疲れ様」を言わない人は常識が無いとか
良く説教をしている。
そりゃ、言った方が良いのだが、
心に無く、騙す目的で言われるなら、言わない方が良い。

自分は常識人だと思っているのだろう。

表の顔が常に偽者だから、人と出会う度に被害者がでる。
私が、友人に夫の話をあまりしないのは
表しか知らない人から見れば、あんなに優しそうなのにと
信じて貰えないからだ。
こんな人格の人と出会ったことの無い
幸せな家庭の人には、信じてもらえなかった。

ただの我儘、贅沢な愚痴と思い込まれて
話にならないので、それ以来、話さない。

第一印象に騙されない様にしないといけない。
私は、かなり人間不信になった気がする。


家の中には、夫の物は殆どない。
長い別居の間に少しづつ減って来た。
夫が帰宅するたびに持って行った物も多い。

着替えも長年使わないままなので、
サイズも小さくなり、デザインも古くなり、
徐々に捨てた。

夫の物で、高価な物や役に立つ物は何も無い。
ゴミ同然の物ばかり。

昨日、夫の衣類をチェックして1部処分した。
黙って捨てても、夫には記憶の無い物ばかり。
何もわからない。

が、もし「自分の物を捨てた」事を知ったら、
どんなに自分が忘れ、放置していた物でも、嫌がらせをする。
人を虐める口実に使うのだ。
「それは、使うつもりだった。どうしてくれる、弁償しろ」
と、嘘を言い、相手を困らせる。

私は、その手はお見通しだから
で?と言って終わり、相手にしない。
いくらでも、反論できる。

私はターゲットとして向いてなかったと
夫が今更後悔しても後の祭り。
そんな嘘の嫌がらせ、通じません(笑)。


そのうち、全部の物を着払いでドーンと送ってやろうかと思う。
HIR86_danborukarakaodasu20140614_TP_V


卒業アルバムなども、全て何も残さず送れば、
「さようなら、もう2度と一緒に暮らす事はないでしょう」
というメッセージになる。

靴箱には夫の靴は1足も無いし、
タンスの引き出しにも夫の物は無い。
押し入れの衣装ケースに入れてあるのみ。

他に夫の物を集めても、段ボール1個ほどしかないと思う。

夫は浪費家で、計画性が無く、ただお金を使う事が好きな人。
買った物は大事にしない。
部屋にポイと置きっぱなしで、使わず捨ててしまう事がほとんど。
人間の扱いと同じ。

夫の部屋は、そう言った不要な無駄使いの品で溢れていると思う。
そして、臭いと思う。

以前、解雇になり、社宅を追い出されて、
行くところが無く、一時的に荷物と一緒に帰宅した事があった。
荷物を見たら、無駄使いをしているのがありありとわかった。

すぐにまた何も相談なく、言い訳しながら前の土地へ戻って行ったが、
あの時の夫は、別居で一度自由を味わったことで
二度と家族とは暮らせない、暮らしたくない、
責任が重いのは嫌だと、あからさまな態度だった。

ちょうど、子どもが受験だったり、これからお金もかかり
大事な時期だという時だった。
それが嫌でたまらなかったのだろう。
子の応援もできない、自分が楽になる事しか頭に無いのがはっきりした。

自分から出て行っといて、自分を大事にしろ、
自分が放置した物を大事にしろとは
調子よすぎる。


夫の物は、いざと言う時に1個残らず送りつけてやろう。
さようなら!という合図として。

おそらく、向こうも、2度と同居はする気もないだろう。
病気になるか、無収入になった時以外は。
その時、私が受け入れないつもりでいることを
向こうは知らない。



 


そろそろ喪中葉書の準備をしないといけない。
辛いなあ。まだどこかで母がいるような気がする。

何気ない事で、つい「今度母に話そう」とか「これ、見せなくちゃ」とか思ってしまう。

「あ、もういないんだっけ」とその度、思い知る。

父は、元々電話嫌いで、全く話さなかったし、
今なんて絶縁状態。耳も遠くてだめ。
これが、昔から良くお喋りする人だったり、
娘を可愛がってくれる人だったら
今頃は、実家に遊びに行ったりしていたと思う。
そうするつもりだった。
喜んでくれると思っていたから。

母が残っていたら、そうしていたと思う。 
弟の為には、父が残った方が良かったかもしれないが
(母だったら、お金を弟が使いこんでいたかも)
私にとっては、毒親みたいだったけど、今の父よりまだずっと母の方が優しかった。

昨日、母の遺品の指輪をはめた。
一度ははずしたが、またつけた。

「着物もネックレスも、今のうちに全部あなたが持って行きなさい。」
と入院中に何度も言っていた。
ネックレス類は、先に持ち帰ったから、父に捨てられず良かった。

父は、娘が使うとは頭に無いのだろうか。
母の形見という意識が無い。

気候も良いし、コロナも落ち着いた今、すぐにでも実家に行きたいが
父が毎月留守をする予定のはずが、今月はまだ予定がわからない。
留守の時に行かないと、何もできない。
立ち寄った事は、後から手紙で伝えるつもり。
PENTAFANPK002_TP_V4
父は、母が元気でいる時は、救急車で運ばれたり、
貧血でふらふらして、ボーッとして、母より父の方が先かもと
母も私も思っていた。

それがあるから、まさか自分が先だなんて、
母は悔しくて最後まで辛かったのだろう。
皮肉なことに、母がいなくなった途端、父が元気になった。

妻に先立たれ、何もできず、弱ってくるのではと
誰もが思っていたら、正反対だった。
それどころか、いなくなるのを待っていたかの様に、
母の悪口を言いだし、母の物を邪魔、お金を無駄使いしていたと言う。
無駄使いどころか、若い頃、辛抱辛抱で苦労していたのは知っている。

認知症が進んでいるのかと思ったが、
以前より、しっかりしてきて、何とか暮らしているから、病院にも行かない。
助けようとしたら、嫌がる。自分は若い、馬鹿にするなと言い出す。

でも、年齢的に父も先は短い。
何があっても覚悟しているし、父もやがては孤独が辛くなるだろう。
いつまでも、このままだとは思っていない。

でも、今は、実家に自由に寝泊りできず、自分の物もへたに置いておけない。
私の物も捨てられそうで心配。

施設に入ると言って、探していたのに、
いざとなると自信がついたのか、気が変わった様だ。

来月には留守をするだろうか。
母の形見を早く取りに行きたい。

これを書いていたら思い出した。
昨夜、母が夢に出てきて、私に色々話しかけた。
その内容が思い出せない。

これまでは、出てきても黙っていた、
昨日は違った。
一生懸命、何かを私に話していた。
何だったけ。思い出さなきゃ。

早く、会いに来てと言うことだったのかなあ。
待っててね。きっと行くから。





自分が得をすること、勝つこと、人に威張ること、
それが夫の「常識」で「普通」の人間関係。
夫の「普通」は、常に誰かを犠牲にしないと成立しない。

夫=自己愛性人格障害の人 と、言葉を置き換えてもいいかもしれない。
夫の性格の特徴は、調べると、この人格そのままである。
(気が小さいので、言葉が荒いとか暴力的ではない。)

人の気持ちに共感できないのに、
自分の気持ちだけは、人に忖度しろと要求する。

共感するふりだけは、最高に上手。泣き真似までする。

夫の言動には、ねたみ、嫉妬が常にある。
威張ったり、ちやほやされない人生だからだ。
本来の自分はそうあるべきだと子どもの時から信じてきた様で、
負け犬人生に、ずーっと不満をもって生きている。

自分の為に周囲の人が奴隷になるべきだと信じている。
ありえない発想だが、それが夫の人格の特徴。

何度も、どうにかして人生逆転しようとターゲットを探し、
騙して(結果そうなる)利用し、搾取し、失敗の連続。

何度、人に被害を与えても反省しない。
自分と関係を切った相手が裏切ったのが悪いと、全て人のせい。

社会でも、家庭でも同じ。

真面目にコツコツと働いて、
家族を守り、普通に生活している同級生を見て、
その人の努力は見ないで
「あいつはずるをしている。コネで楽をしている」
「あいつは俺より馬鹿だ、本来俺様があいつの立場にいるはずだった」
と負け押しみばかり。恥ずかしいとは思わない様だ。


022ELLY18420_TP_V

同級生だけではない。
我が子にも嫉妬する。
子どもと一緒に夫が笑顔でいる時、
愛情あふれた普通の父親に見える。

が、良く観察すると、夫が笑顔の時は
「俺様に感謝しているか?俺様を凄いと思っているよな」
と子供に確認し、うんと言わせた時だ。

子どもが「ママに読みたかった本を買って貰って嬉しい!」と喜んでいたら
まともな父親なら「良かったね」と一緒に笑顔になるだろう。
夫の場合、
「妻は俺様には金をくれないくせに(そこがありえない)俺様をないがしろにして」
と、不機嫌になる。

そして「パパも読みたいなあ、その本貸して」と言い、
その後、どこかで捨ててくる。
後で、返してと言われるまで、放置。

返してと言われたら
「その辺に置いといたよ」と嘘を言う。
何処にも無い。ちゃんと探して返して、と責められると
「そんなに大事なら貸さなきゃ良かっただろ。家族の誰かが盗んだんだ。」
と怒鳴り、絶対謝らない。家族を泥棒扱いにし、もめさせる。

このやり方は、お金を返さない時、人の約束をすっぽかす時、
仕事でミスをしても、やる夫の作戦。

こうやって、色々思い出すと、離婚理由が沢山出て来る。





夫は、嘘を私に指摘され、図星なので反論できなかった。

良く考えて見ると、
夫は、私から「私の実家からの借金を忘れないで」と言われた事を、
私が「親の自慢」をする事で自分が「夫より上だ」と「威張りたくて」
嫌味を言って来たと思ったのだろう。

妻に弱点を突かれ、有利に立たれたと勝手に思いこみ、
悔しかったのかもしれない。
何でも勝ち負けで人と話す夫だから。

だから、むきになって
「俺様の親だってお金をだしてくれたんだぞ、いばるな、感謝しろ」
と言い張るのか。
内緒の小遣いをもらって、夫が自分だけで使ったのに
それを何故私に感謝しろというのか。
幼稚な人だ。

自分の事と人の事の境界が無い?
すぐ、自分を他人に投影するし、
人の言葉を真似して、自分の言葉みたいに知ったかぶりで、
同じ事を繰り返すのもそうだし、
今回も、うちの親の事を話したのに
真似して夫も自分の親のことを言いだした。

思い出せば、いつもそうだった。
体験から学習せず、自分の考えや思考が無いので、
使う言葉や考えは、誰かの物まねなのだ。

良い事も悪い事も。

人から「こうした方がいいよ」と忠告してもらっても
感謝することもなく、負けたと判断し
「君はこうしたほうがいいよ」と同じ事を相手に言い返す。
相手は??きょとん。
どうみても、嫌がらせ?おとぼけ?に聞こえるし
何て嫌な奴!と思わせる。
その反応をみて「勝った」とニヤニヤする夫。
shikun1289HY5A5296_TP_V

これが、ターゲットを見つけ、まさに今から利用しようとしている時なら
「そうですか!気を付けます、ありがとうございます!また何でもご指導お願いします」
と、頭を下げるのだ。
それが、利用した後は、
「は?だから?あなたこそ、気を付けた方がいいですよ。ふん」
と、偉そうに言い返すほど、態度が変わる、

使い終わったターゲットは、縁が切れた方が、恩を返さなくてすむから。
夫にとって、人は使い捨て。

酷い時は「助けてやったとか恩をきせるなよ。」とまで言う。
本性があらわになる。
散々、良い人で、能力のある演技し、相手から搾取し、
その後、とぼけて恩を返すこともない。
最悪な二重人格だと思う。

演技が凄いのは、それも夫の一つの人格だからだろう。
捕まえて、利用するまでの素晴らしい人格と
裏切り、奴隷化する冷酷な人格。

問題は、本人に全く自覚がないこと。
まともで、普通で、常識人の自分は正しいと信じている。

自分の失敗は、周りに原因があると。
いつも自分も被害者だというスタンス。

例えば、怒ったターゲットが、強く夫に返済を迫ったり、
暴言を吐いたとする。
夫はそれを利用し、大騒ぎする。
パワハラを受けた、脅迫されたと。自分に原因がある事は隠す。
へたすると、慰謝料まで請求する。慰謝料を払うのは本来夫の方。
だが、これは夫の作戦。
自己愛性人格障害、DVモラハラ人間の挑発に、のせられてはいけない。


                              (4)へ続く

 





そう言えば、DVが酷くて離婚した友人のご主人の場合も似た様な事を聞いた事がある。
ご主人は一流企業を脱サラし、独立したが、失敗し、
プライドだけは高く、仕事を選ぶのでなかなか職につけず、
何年も家にいて、友人が働いていたが、
あまりの暴言と無責任さに離婚を決意した。
それまでは共依存状態。
怒鳴られても恐怖で反抗できず、黙って耐えていたそうだ。


甘く考えていたご主人は、離婚を言い出した友人に、
こう怒鳴ったという。
「俺の生活費は、どうするんだ!親にださせるのか?
お前は俺を見捨てるのか?親の年金が無くなってもいいのか!
お前は俺の両親の生活を奪うのか!」

つまり、離婚後は、同居していた親に生活費をだしてもらおうと
ご主人は考えて居たようだ。それを妻のせいにするとは。

いつもの様に、怒鳴って脅せば言う事を聞くと思ったのだろう。

離婚を固く決意していたので、友人は強くなっていた。
「何言ってるの。全てあなたのせいでしょ!」
と初めて反論したそうだ。

するとご主人は予想外の反撃に驚き、黙ってしまい、
その後、離婚話はスムーズに進んだという。

自分の責任なのに、関係の無い妻のせいにする考え方は
夫と同じだ。DV人間は、似た様な言動をするみたいだな。
そう言えば、夫が人に借りたお金を返さず、
何度も催促されて、やっと返した時のこと。
返せるお金はあったのに、無駄使いをし、親から借りて返した様だった。
その時、家でぶつぶつ不満を言った。
「あいつ、ひどいよな。俺の親の貯金をおろさせて。
お袋がお金がもうないって、悲しそうだった。全く、返せとか言いやがって」

022ameman54_TP_V


これも、友人のご主人のパターンと同じだ。
そもそも、お金を返さない夫が悪い。それだけ。
親の貯金をださせたのは、夫であり、友人は関係ない。
友人が催促したのが悪い、友人のせいで親に迷惑をかけた。
と、出鱈目な責任転嫁をする。

根底に自信の無さを感じる。
いつも上から目線で、人を馬鹿にしているが
誤魔化せない様な自分の非があると、
人に頭を下げたくないあまり、嘘をついて逃げる。
幼児と同じ。
傍からみたら、恥かしくなるのだが、
本人は必死だ。

子どもの時からそうやって言い逃れをしてきたのだろう。
まともに育てば、親の教育やその後の成長に合わせて
そんな事はしなくなる。
精神的に、成長しないまま、幼児で止まっているのが、自己愛、DV人間。
おそらく親も、放任だったのか、逆に顔色を伺わせるような
理不尽な叱り方をしていたのか。
子供の人格を否定するような、嘘をついて誤魔化さないと捨てられるような
不安を与えていたのかもしれない。
それとも、遺伝?

最近の夫の責任転嫁には、ぞーっと鳥肌がたつ。
やっぱり、この人おかしい。会わないうちに異常さが進んでいる。

完全に縁を切るまでには、大変そうだなあ。

調停にしたら、作り話で、全て家族のせいにし、
自分が有利になる様に、演技するだろう。
いちいちそれを否定していくのも疲れそう。
できれば、協議で進めたい。
                    (3)へ続く


最近、具体的に離婚についてあれこれと考えを巡らせてるせいか、
このままではいけないと真剣に思い始めた。
ストレスが身体に悪い。
夫に寿命を縮められてしまう。

早く、すっきりさせた方が良いと思うようになってきた。
まあ、離れているから良かったけど。
将来、私より先に逝ってくれたら全て安心なのだが。

夫は調子に乗っていて、相変わらず、脳内変換状態。
洗脳が成功し妻は騙せると思っているようだ。

それを感じた事件?があった。

最近、夫がまた父のお金をあてにしてる様な気配を感じた。
私がちくりと実家に借りたお金を忘れてないか、返さないと駄目だよと話題にした。(メールで)
すると、夫から吐き気のする様な返事がきた。

「それを言われて思い出した。そう言えばうちの親にもお金を沢山だしてもらったよね。
そのせいで、最近、兄貴と喧嘩になって嫌な思いをしたんだけど、どうしてくれるの?」

は?何故それを私に?
親に何度も無心し使ってきたのは夫であり、独身時代から親を利用し、浪費し、
結婚してからも、私に内緒で詐欺商品を大金だして買ったり、商売をするとかで、
周りが反対しても無視して、当然私には内緒で親に借りたりしていたようだ。結果全て無駄使い。

私にもばれたのに、いつしかそのお金は、「家族の為に借りた。全て家族のせいだ。」
と言い出したのだ。独身時代のお金まで?嘘がばればれなのに。

自分を悪くいわれたくないが為に、そんな嘘をつく。
子どもの頃からそうやってきたのだろう。

義親も、義兄も、事実は知っているから騙されない。
夫は自分を守る為には、子どもまで盾にする。最低だ。
kumakichi2385_TP_V

自分で嘘をついて、そのまま信じ込んでいるのか、
私にそんな嘘を言うのがおかしい。
うちの親に借りた話を、そんな話で誤魔化す幼稚さ。
妻が稼いでいたら、妻の金を使えた。妻がお金をださないのが悪い、
と、私に言っているのだ。

まるで「自分もそっちに借りたけど、お前も、うちの実家に借りただろう」
と出鱈目を言って、黙らせようとした様だった。
びっくりした。そこまで嘘をついて逃げるのか。
夫は、普段、人前では、
「最近の人は恥を知らない。プライドが無い」
と説教をする。それ、お前だろ。
お前ほど、恥かしい、せこい人間は、見たことが無いぞ。
と言いたい。

勿論、黙っていてはいけない。
すぐに、嘘をつくな、真実はこうでしょうと返信した。
おそらく、こんな風に、適当な事を言いながら
周りの人を洗脳?騙してきたのだろう。
自分で自分を騙してかばって生きているから
違うぞ、と言って、刺激しないと悪化する。

今まで、それが嫌で転職し、逃げ回って来たのだ。

もう手遅れ。悪化して人格は固まっている。

今日は久し振りに、刺激されたはず。
面白くない、と思わせる方がいい。
そのうちきっと、何か嫌がらせをしてくるだろう。
その時はチャンスに変える。
墓穴を掘れば良い。         
                     (2)へ続く





自分の場合、調停にすれば、どう考えても夫が不利になると思う。
ただ、嘘つきのプロだから、言い訳や妻の妄想のようにあれこれ
演技はすることだろう。
とぼける演技が得意だから。

お金が無いと言いながら、弁護士を雇うかもしれないし。
嫌がらせで、激しく抵抗してくるかも。
夫の行動を予想するだけで苦痛になってくる。

縁を切る時は、できれば、ちゃちゃっと進めたい。
まずは、どう言い出すか。
その前に、整理しないといけないことがある。
実家への借りも返せと言いたいし、
そうなると、自分は借りていないとか、贈与だと思ったと言うだろう。
時効を持ち出し、感謝の気持ちなんか全く無く、
だったら貸さなきゃ良かったのにと言い出すと思う。
借りたのも、家族の為を思ってのことだから
自分だけの責任じゃないとか、何でも言い訳するだろう。

常に悪いのは相手と言う人間だから。

夫は、他人のお金でも自分の物と思う人間だ。
借りたら返さなくていいと思っている。
ターゲットの貯金が無くなるまで搾取し、最後は捨てる。
これまでの会社で解雇されてきた理由は、社長に対してそういう詐欺みたいな事をしたからだ。

恩知らずで、こんな奴憎まれて当然だ。
ellycollection097_TP_V
返さないところは、あのKKさんみたい?
夫の場合、人にお金を出させるまでは、とても好青年に振る舞い、
すぐに倍にして返せます、今だけ、ちょっと貸してください、みたいな言い方をする。
腰も低く、自分がいかに有望であるかをアピールする。

やがて、返済もしない、報告もしない、知らん顔をして逃げる夫に対して、
違和感を感じた被害者が、返済を口にすると
kk親子の様に、話が違うだの、貰ったはずだのと言い出し、絶対に返さない。

それどころか、貸した相手が悪いかのように怒りだし、脅して誤魔化す。

そんな人間なので、色々想定した上で
作戦を練らなくてはいけない。

私の予想だが、夫が家族関係を切るかどうかは、
今後家族を利用できるかどうかだけで決めると思う。

今は、いざという時のキープ。
私にお金が無いのは知っているが、私を通じて、実家を利用するつもりだろう。
両親がいなくなって、何だかの財産を相続するのを待っている。
私からお金を引き出そうとするだろう。
今までのやり方で、予想がつく。

卑怯者で、証拠を残さず、直接言葉にせず、
自分の為に使うようにしむけてくるのだ。

生活費を送らなければ、妻がどうにかするしかないのを利用する。
「自分は、送らなかったのではない、できなかったのだ。可哀想なのは自分だ。
妻に生活費をだせとも言っていないのに、妻が自分の意志で、何とかしただけだ。」
そういう理屈を自分で勝手に作り、自己満足している人。

最悪、子どもの給料もあてにする父親だ。間接的にずるく。
最低で、恥かしい男だが、本人はそう思っていない。

そうなる前に、縁を切りたいのだが、
ずる賢さだけは頭が回る夫なので、
どうにかして、自分が損しないように必死で抵抗するだろう。
向こうが、何かしかけてきたら用心しようと思う。

サイコな性質もあるので、慎重に。
実家や子どもたちを巻き込まず、なるべく自分だけで解決したい。
子ども達に、相談はするつもり。
こんな時、実家の父は冷たい。相談できない。

つくづく、母の方が残ってくれていたら、と思う。

↑このページのトップヘ