昨日に続く内容だが

もし、実家にこんな強い台風が来るとなったら
どうなるのだろう。

マンションなら良かったが
古い木造の一軒家だ。
高齢の両親は、外の植木鉢を運ぶのもやっと。

弟が手伝うのだろうが
うちの実家なら、屋根とかが飛ばされそうな気がする。

私なら、絶対避難するだろう。

ホテルが予約できれば良いが
おそらく、すぐに満室になるだろう。

近くの避難所も、今はコロナが怖い、
2人とも癌だ。

それに、日本の避難所運営は遅れており、
場所を開放するけるだけで
まずは自分で準備しろという。

食べ物、毛布、水など全て自分で運ばねばならない。
おまけに歩いて来いと言う地区もあるそうだ。

夏だし、夕食と翌日の食べ物を用意していくのは
衛生面も心配。
パンを持っていこうとしても
これもすぐ売り切れて買えないこともある。

055RED20404_TP_V

車の無い家の人や高齢者はどうしようもできない。
とりあえず、着の身着のまま、命を守ることが優先。
でも、そのまま家が崩壊して
何も無くなったらと思うと。
そんな事を考えて居たら
憂鬱になる。
実際、そんな被害に遭われた方が大勢おられる。

弟が両親の近くにいて良かったが
もし、そんな台風がくることになったら

弟は自分の家に親を連れて行くだろうか。

鉄骨のしっかりした大きい家だから
実家よりは安心だし、部屋もある。


弟は、連れて行きたいだろう。
でも、あのお嫁さんだ、ダメというに違いない。

過去に似た様な事があったし、
世間の人から見れば、何故?
親の生命を守る為でもダメなの?

と世間は彼女の人間性に驚く。

しかも、少しも後ろめたさを感じない人で
「お母さん、しっかり気をつけなきゃだめですよ」
と説教までしてくるのだ。

弟はそういう事をぐっと我慢し
言いたいことを言えないので
ストレスが溜まっていると思う。

災害を思うと
色々、嫌なことを思い出す。