友人から結果の連絡がきた。


陰性だった。
ほっとして力が抜けた。

一番心配だったのは、
友人の症状が急変する事だった。
年齢的にも若くないし
昨日まで元気だった人が
急変したとの話をきくと
自分も不安になる。

検体を鼻からと、唾液の二つ取ったそうだ。

こういう実験的なやり方で
唾液検査の正確性が証明され、
気軽に唾液検査ができるようになってほしい。

もう普通に生活してもよいと言われたそうだ。


友人が言うには、
このまま会社全体でテレワークに移行してほしかったが
会社は、
テレワーク=社員がさぼる と思い込んでいて
よっぽどの事でないと、しないらしい。

リラックスしながらの仕事はダメ、
上司が見張る中で
緊張感の中で仕事をさせたいらしい。

友人が陽性だったらどうするつもりだったのか。


「陰性だったと上司に伝えると
検査を本当に受けたのか証明しないと
自粛中のテレワーク勤務を認めない。
休んだことにする、と言われたのよ。
信じられないでしょ?
さぼりたくて、コロナ疑いがあるからと嘘をついて
テレワーク希望しただなんて
社員を疑う会社ってある?」

macbook1696_TP_V

友人の会社は、パソコンがあればできる仕事で
事務所でなくても、家でもできる職種だそうだ。

それこそ、テレワークにぴったりの仕事。

家族経営で、頭の古い、
プライドだけが高い管理職ばかりなのだそう。

会社の所在地区に感染が広がっており、
知事がそれなりの宣言をだしても
テレワークをしたがらない経営者。
通勤電車もバスも危険なのに。

職場内は、マスクをしない人が多く
ソーシャルディスタンスも気にして無いという。

会社自体が、コロナ対策に疎いのだ。
もし友人が陽性だったら
社内感染が起きていたかもしれないのだ。

コロナかもしれない社員がでたのに
何も意識は変わっていないらしい。

そのくせ、もし社内から陽性者がでたら
その人を非難し、社内感染したら
全て個人のせいにすることだろう。

とりあえず、今は安心したが
まだまだこれから注意は必要。

友人も、会食はしばらくしないと今回のことで
懲りた様だ。

コロナをインフルエンザと同じだと
ただの風邪だと言う人がいる。
恐いのは、薬もワクチンも無いこと。
どういうウィルスかよく解明されていないこと。

変異した新しいコロナウィルスが
東京から地方に広がっているという話も聞く。
どこが、ただの風邪なのか。