昨夜は、夜8時には眠気が襲い、
無理して起きてはいたが
いつのまにか寝てしまい、
夜中にテレビやライトを消し
そのままぐっすり朝まで。

こういう熟睡モードの日が
あるかと思えば
寝苦しくて寝付けなかったり
夜中に目が覚め眠れなかったり。

眠りが浅かった日の後は
何かと体調がおかしい。

でも、眠れる日もあるから気にしない。

私の場合、どんなに寝ても
朝のだるさ、頭の重さ、
疲れがとれていない感じが続いた時、
長い不調が続いた。
眠りの質は大事。

そう言えば
何歳頃までだったか…

毎晩、眠りに着く前に
楽しい夢みたいな事を思い浮かべ
「いつかきっと、実現する日が来ますように」と
願い、幸せな気持ちになってから
眠りについていた。

それが1日のストレスを発散する睡眠儀式みたいな
ものだった。

私には夢を持つというのは大事だった。


tomucaat17102701_TP_V

そう言えば、最近、それをやっていない。

何も夢が浮かばなくなったのは
夫と結婚してからだ。
夫は、満足な生活をしているだろうが
それは妻子の人生を犠牲にした上に成り立っている。

後ろめたくても
脳内変換して
自分を美化してうっとりしている。

だが、現実はそうはいかない。

夫はそのうち、
自分の人間レベルを思い知り、
誰も自分の傍にはいなくなり
孤独に終わる事を
わかっていない。

何か夢を持たなくては
と考えて居たら

夫が自分の人生を
後悔すればいいのにと思った。

縁を切るタイミングが問題だ。

私や子ども達には、明るい未来が待っている。

それがこれからの夢。