コロナ禍が、これだけ長く続くと
本当に色々ストレスが溜まって
良くないなあと思う。当たり前か。


たまには大きな声で笑わないと!と思って
何か面白い映画がないかと
アマゾンプライムで探してみた。

日本語タイトルが、いかにもふざけていて、
レビューの星が多いものを見つけた。

「お!バカんす家族」

いかにも、ふざけたタイトル。

早速観た。
下ネタが多くて
最初は,う~ん…と思っていたが、
我慢してみていたら

下品なギャグが段々下品に見えなくなってきた。

何故かというと
出演俳優が男性はカッコイイし、
女性は美人で、品があるのだ。

言葉は下品でも、シーンはさほど下品では無い。
だから、自然に笑声が出た。

舞台はアメリカ。
家族4人の車旅行。そのドタバタ珍道中の間、
素晴らしいアメリカの風景が出て来る。

「ばっかだなあ。」と言いながらゲラゲラ笑った。
N754_grandkyanionokeikoku_TP_V


洋画に出て来るキッチン、玄関、寝室、食事の風景に憧れる。

あんな家に住みたいと
ずっと夢見ていた。
「いいね、住まわせてやるよ。」
といつも軽く言う夫。
嘘を平然とつく。

子どもにも、簡単に守る気の無い約束をする。

その場だけいい格好すればいいと思ってる。

洋画にでてくるパパは
だいたいが、妻や子に愛情たっぷりで
身体を張って守ろうとし、逞しい。

映画を観て、大笑いをしたり
うっとりしたりするだけで
ストレス発散になっている。

昨日は久し振りに、笑ったなあ。

私は、一度笑いだすと止まらない。
思い出してはまた笑う癖がある。

最近、そういう機会が無かった。

笑うことは大事だな。