早朝、目覚ましより早い時間に母からの電話で起こされた。

何かあったのかと思い、驚いた。

「昨日台所に立っていたら
ふらふらしてきたので
血圧を測ったら、かなり高くなっていた」という。


血圧を下げる薬を飲み、休んでいたら
落ち着いたらしい。

掃除をすればふらっとし、
料理をしても、ふらふらしてくる様だ。

その前も、夕飯を作ろうとしたが、気分が悪いので
材料だけ切り、調理するだけにして

弟に「作りに来て」と連絡したようだ。

てっきり、弟の奥さんも来ると思っていたら
弟だけが来て、料理して帰ったという。

何もすることがなく、毎日退屈に過ごしているという義妹(弟の奥さん)は
困った人が目の前にいても助けようとはしない。
「自分は人から助けてもらう立場であり、人を助ける立場ではない」と決めている様だ。


弟も手伝いは積極的にやりたがらないが
まだそれでも助かっている。

弱った高齢者が助けを求めても、
知らん顔ができる神経は凄い。
どれだけ両親の世話になったと思ってるのだろう。

そのおかげで、今の優雅な生活があると言っても良い位なのに。
NKJ52_chiisaikanyoutokeitai_TP_V

いつも同じ愚痴ばかりになるが
実は一番怒っているのは弟かもしれない。

男のプライドもあるし
奥さんをかばう方に回るしかないのかも。

母は、薬を飲むタイミングも聞いて来た。
そんな事も、わからなくなっている。

簡単な事も私に聞いてくるということは
弟には聞きずらい何かがあるのだろう。


どこの家でもそうかもしれないが
コロナ自粛で、高齢者の鬱や身体機能の衰えが
急速に進んだのではないだろうか。
私でも感じている位だ。

母は、コロナがきっかけで運動量がかなり減った。

陽に当たる時間も少ない。

最近、急に衰えがきたのは間違いない。

父も先日、認知症が進んだと思える行動をしたそうだ。

近くにいて、私が口うるさくなってもいいから
見守っていたとしたら

少なくても弟夫婦が与えるおかしなストレスよりは
親にとって気分は良かっただろう。

親が、差別的な言動をして私のやる気を奪わなければの話だが(笑)。
弟からも失礼な事を言われる時もある。
「それ、奥さんにいう事でしょ」と言い返したくなる。

そんな事があるだろうから
近くにいなくて良かったと思う。

母が電話を切る前に「ごめんね。ごめんね」とやたらと謝るようになった。