朝はまだ肌寒く、昼は暖かい。日較差が大きい日は疲れる。

昨日の昼間、車の中はかなり暑かった。弱くクーラーをつけた。


帰宅すれば屋内はひんやり。夜になると薄着では風邪をひきそうになる。


今、風邪もひけない。少し熱がでたとしても病院には行きにくい。

そしてなにより自分が不安になる。


微熱、倦怠感、のどの痛み。咳、鼻炎、これは花粉症と似ているので、ただのアレルギー症状でもコロナではないかと不安になってしまう。
杉花粉は終わり、ヒノキの花粉が飛散する時期になった。
MAR75_senmenjyo20140629

洗濯物も、なるべく部屋に干すようにしている。

コロナにかかった人の話では、軽症と言われても、かなり辛いと聞く。

例え自分の住む市内で陽性者がでても、どこの誰かはわからないし、その人の詳しい行動歴もわからない。
もしかしたらすぐ近所の人かも?どこかですれ違っているかも?と思ってしまう。

とにかく、手を顔にやらない、手をまめに洗う。うがいの徹底。マスク。

人と離れる。それしかない。


花粉症の症状が出て、ふとコロナではと不安になったら、自分の行動を振り返ってみる。

どこに行ったか、きちんと対処したか、そして「大丈夫」と言い聞かせる。

これまでは何かあれば、すぐにかかりつけの病院に行けば安心だったが、今回はそうはいかず、いかに病院の存在に助けられていたか、気がつく。それも精神的に。

インフルエンザがほとんど感染者がでずに、終息宣言がでた都市もある様だ。

国民が意識して行動すれば、インフルエンザも簡単に防ぐことが出来る証明になったと言えよう。