A君はその時の私の気持ちを知る事も無く、その後連絡が途絶えた。

他の友人同様、お互い忙しい年齢で自分の事は後回しと言った感じだったし、私は自分の家庭の事で精一杯、体調も崩したりしており、A君へこちらから連絡する事も無く忘れていた。


しばらくして、久し振りにA君から手紙が来た。

原稿用紙を便せん代わりに使い、A君らしいなと思ったが、その内容にまた ん?と思わせられた。

「久し振りです。実は妻から叱られまして。妻が君の事を心配しています。”相手してあげないと可哀想でしょ。たまには手紙でも出してあげなさいよ。きっとあなたの連絡を待っているはずよ”と言われました。気が付かなくて申し訳ない。なので、今日は、手紙を書きました。」
みたいな事を書いてあった。

ん?じゃなくて、は?と言う感じ。訳がわからない。

大きく深呼吸して、気持ちを落ち着けた。
Photoelly046

手紙の内容はそれがメインで、後は近況を書いてあっただけ。別に近況なんてこっちは知りたい訳でもなく、手紙が欲しい訳でもなく、連絡を待ってもいなかったのだが。

この内容は真実なのだろうか。嘘だろうか。

何が言いたくてこんな事を書いて来たのだろうか。

真実だとしたら、私とのやりとりをいちいち奥さんに報告しているってことか?

別にたいしたやりとりもしていないし、どうぞ見せて下さい。私も家族に友人関係はオープンですから。それとも、A君の代わりに奥さんがメールしてる時もあったとか?まさかね。

でも、何で可哀想だと言われるのかがわからない。

こんな事、ははっと笑って流せばいいのかな?いやいや私はそれができない。未熟者ゆえ。

これは、いかんな。何この妄想夫婦。A君、嘘ついてる?このままじゃいかんなとぶつぶつ独り言を言いながら、返事を書くことにした。