先日母が電話で「舌が痛い。何かできている気がする。」と言ってきた。
私が以前、舌のできものを切除した事があり、参考にしたかった様だ。

今の母なら、舌に腫瘍が再発してもおかしくはないし、薬の副作用かもしれないし、ただの口内炎かもしれない。私に聞かれてもわからないので、どんなことでも医師の診察を受けた方がいいと強く言った。

我慢することが美徳?頑張り?人を頼るのは甘え?いちいち騒ぎ好き?大げさ?

近くにいる人間からそんな事を言われる事の不安で、私に相談してきたのだと思う。

昨年の悪性リンパ腫の腫瘍による腸閉塞の時の事が甦ったのだろう。

「痛い痛い、救急車を呼んでほしい」と訴えた母に対して、父や弟の反応は冷酷だった。

「どうせ胃炎だよ。ほら薬を飲めばいい」と薬を買ってきただけの弟。


弟嫁はいつも通り、知らん顔で旅行へ。
「甘やかすとずっと頼られるから」が理由の様だ。

甘えるタイプの親じゃないし、むしろ逆だ。母に甘えて来たのは弟夫婦の方だ。

私が見かねて何度か帰省し、父や母の世話をし、落ちついたところで私が帰ったのを確認してから、嫁さんはこっそり帰宅。
一度だけ母の見舞に行き、まだ痛みで苦しむ母に向かって「本当に元気なんだから。」と言っただけ。

母は彼女の言葉で何度も傷つけられた。

shikun5V7A1693

弟嫁や夫みたいなタイプの人は、目の前に困っている人がいても、したくない事、助けたくない事は
「見えない、誰もいない」と言って立ち去る。自分だけには見えないという事にしてしまう。

仮に直接訴えられても「いいえ、あなたは困っていない。あなたが嘘をついている。だから私は何もする必要は無い。本当に困ったら〇〇に頼みなさい」と突き放す。いつもそのパターンだ。

外面が良いので世間には自分が介護してやってると自慢する。

母みたいな単純で自分を良く見せようとする人は、そういう異常性格な人に弱い。
嫌われたくないので、結局言いなりになってしまう。

だから、利用しやすい私がはけ口になる。
「お母さんはあなたに頼っているのよ。信頼されているのよ。」と友人から言われるが、そうではない。そう思っていた時もあったが、違った。落胆するからもうそんな風には思わない様にした。


だからと言って、親を突き放すという訳ではなく、目の前に困っている人がいて、自分ができる事があれば協力する。それだけの話。

母は、きっとまた弟から「その程度のことで騒ぐな」と言われる気がしたのだろう。

もし、弟が心配したとしても、裏で「ほっときなさいよ」と嫁さんが指示してるのではないかと不安がある様だ。

遠くへの病院や買い物は、弟に運転を頼まないといけない。
最悪バスやタクシーで行くかもしれないが、インフルエンザやコロナの心配で、あまり気が向かないだろう。重病を抱えているのだから。白血球がかなり少なくなっており、免疫力が弱っている。

とにかく私は病院に行くように勧めた。
嫌な予感がして心配になった。

そして「我慢なんかしてはだめよ。我慢が美徳なんて時代は終わったのよ。すぐに病院へ。」と念を押した。もし、弟が何か文句を言ったら私が直接言う。

親から「我慢しろ」「意見を言うな。黙れ。」「贅沢は悪だ。」などと言われて、萎縮して過ごした子ども時代。「自分を犠牲にする事が美しい生き方」みたく言われて。

「無駄な我慢は人生を不幸にするだけ」と気がついた時はもう遅かった。

DV被害者に言える事と通じる。もっと自分を大事にしよう。

母に「我慢するな」なんて言う日が来るとは。