ある小さな会社で働いていた人から聞いた話。

社員は2名。数名のパートさんがいる。
そこの社長さんの話だが、独裁でブラック会社そのもので、頻繁にパートさんが辞めていくらしい。

まず、パートさんの採用は、履歴書は殆ど関係なく、社長の外見的好みだけで決めるという。
面接後、社長が採用担当の男性社員に「お前はどの女が好み?俺はAが好みだ。Aにしよう。」と言うのだそうだ。

好みの人を選び、雇った後すぐに社長はその女性を食事に誘う。仕事のふりをして強制的に。

食事の後は無理やりホテルに誘うらしい。
それで愛人になったパートさんもいる。愛人はお局になって会社を仕切り、気に入らないパートさんを辞めさすように仕向けたりする。

突然出社しなくなったパートさんは何人もいた。理由はそういう被害にあったということ。

セクハラにあったパートさんが、1人くらいは訴えればよいのにと思うが、証拠もないし、その気があったと誤解される行為をしたと女性の方も責められそうで、泣き寝入りするしかないのだそうだ。
口止め料なのか、辞める時に社長がこっそり「退職金だよ。君にしかあげないから誰にも言わないで」とお金を渡すのだとか。

とにかく最低な社長だ。そういう男性には似た様な人間が集まってきている事だろう。
そして、その社長さんは、経歴もかなり脚色しているらしい。

何度か転職して、最後の事業で成功したなら、失敗も堂々と経歴として披露する方がよさそうだが、転職は一度しかしていないと嘘を言っているとか。

社長は、過去の転職した理由を「上司のパワハラ、虐めにあった。」「給料が安かった」「上司と喧嘩した」などと愚痴っていた。

だが、いつしか「自分には能力があり、実績をあげて」「上司から認められ幹部になろうとしていた」「事業をしたくなり向上心で退職した」という美談に変わった。
今の会社も、実は他の人が作ったのを乗っ取った形で自分のものにしたらしい。

確かに何もかも正直に言う必要もなく、良い表現に言い換える事は普通に誰もがやっていること。
ただ、嘘を作る必要は無いのではないか。

公のプロフィールも、社外に対して営業する時もそれを売りにしているそうだ。

パワハラされたのが嫌でやめたのに、自分はパワハラどころか犯罪に近い事をする。
「指導だ」と言いながら暴力もふるう。女性にも性的暴力未遂を。それを何とも思っていない。
周囲には自分にへつらう人しか置かない。

そうは言っても、結果的に会社を維持しているという能力はある訳で、家族も大事にしているそうだ。(だったらもっとまともな社長になればいいのにと思うが。)
gunma-IMG_7939

過去を変えて話すところは夫も同じだ。

この社長さんよりタチが悪いかもしれない。

結婚生活すら維持できない、やってもいない事を言ったり、失敗を成功談に作り変えて話す。家族も大事にしない。何も成していない分レベルが違う。

事業を成功させたとか、優秀でヘッドハンテイングされたとか、嘘で人に寄生する。


そう言えば「数億というお金が入る仕事で海外にいく」と大ホラを私に言った事もあった。
当然信じなかった私に向かって「絶対ホントだ!贅沢できるからな」と言いながら、すぐに音信不通になった。調べたら夫ではなく知人の話だった。

その人の話を自分の事のように言うのは何なのだろう。
人に寄生しようと思っていたのかもしれない。そのターゲットの成功は自分の物と思ったのか。

寄生に失敗したのだろうが、あの時も一時音信不通になった。

今、音信不通にされてるのは、何かまたやってるんだろう。

SNSを見ると、未だに「人の上に立つ人間」「人を指導する」というフレーズの入った啓発本を読んでいる様だ。

それより、老後破産の心配をした方が良いのに。それまでに縁が切れますように。