お正月早々、ハプニングが。

近所の神社に散歩を兼ねて歩いて初詣に行った帰り道の事。

道路の中央にお財布が落ちていた。

おそらく若い女性の物かなという感じ。

分厚くて重い。重いから、何かのはずみでバッグから落ちたのかもしれない。


すぐに拾って、交番に行く事に。場所の説明がうまく言えないから、その辺の家の住所プレートを見て、記憶しておく。
PPS_sakuranoenburemu_TP_V

交番まで、歩くのは少しきつかった。でも、普段運動不足だし、これ位どうってことないと言い聞かせた。

お天気が良くて、気持ちの良い散歩になった。

でも、拾った財布を持ったまま歩くのはあまり気分の良いものではない。

泥棒と誤解されませんように、と思いながら歩いた。
中身をとったと思われたくないので、一切財布は開けていないし、端っこを指で持って歩いていた。

交番は留守で、書いてあった番号に電話をすると、お巡りさんは10分で来ると言われ、交番前で待った。

中を確認してくださいと言われて、お金を見せられた。
自分がもし財布を落としたら、こうやって中身を見られるのよねと思うと、恥かしい気がする。

免許証やクレジットカードも入っていた。(カード正面は見ていない)

すぐに持ち主がわかるので、良かったと思ったが、落とし主が紛失に気がついていたら、どれだけ焦っている事か。お正月早々、パニックになった事だったろう。


拾ってからすぐに届けたので、落とした事をまだ知らぬうちに警察から連絡がきて驚くというパターンかもしれない。

うちの子どもも、昨年お財布を落として、探しているうちに警察から連絡がきてちゃんと戻ってきた。すぐに届けてくれた人がいたという。良い人に拾ってもらって良かったねと話し、感謝だった。


自分が届けることについては、当然だしお礼の言葉も不要だと思っているが、世の中には色んな人がいるので、拾ってもすぐに届けてもらえるかもわからない。スリなぞがいるのだから。

落とし主には早く警察に連絡してほしいなと思った。「お礼も何もお断わり」と伝えて、とっとと帰宅した。

交番に届けた後、管轄の警察署に財布は運ばれ、そこから落とし主に連絡がいくらしく、即連絡とはいかないらしい。

早く、持ち主に戻りますように。

お正月早々、初詣の帰りに遭遇した出来事。

今年は何かが起こりそうな予感…。どうか良い事がありますように。