この頃、やたら早く目が覚める。

元々から自然に早起きにはなっていたが、更にだ。歳のせいだと自覚。
睡眠不足でなければいい。
自然な目覚めなら気にしない。

子どもの弁当を作る為に5時起きだった頃は、目覚ましがなっても腹がたつほど(笑)眠かった。

今ではそれももう無い。

早起きしなくてよくなり、しばらくは朝はゆっくり目が覚めていた。特に冬は布団からでたくなくて朝寝が気持ち良かった。

なのに、また5時に目が覚める様になった。しかも寒くなってきてから。へたすると4時半とかに目が覚める。

先日は、深夜2時に目が覚め、何とも言えない不安感が襲ったので、布団から出た。
部屋の空気は冷たくて苦痛なのに、温かい布団の中にいる事が怖くなり、起きて移動した。

暖房をつけて朝まで好きな事をして過ごした。明け方少し眠くなり1時間ほどソファで寝たら落ち着いた。

そうやって、夜中に眠れない時は起きることにしている。

まずはお湯をわかし、温かいお茶を飲む。
テレビをつけてもいいし、パソコンを開いても映画を観てもいい。

好きな事をして過ごしていると、ウトウトしてくる。

そうしているうち外も明るくなり、朝食を作り、ありふれた1日を繰り返す。
そんな日の夜は早くから眠くなり、気が付くと寝ている。

PAK153123758

休日でも、朝早くに目が覚める。
「もっと朝寝をしたいのに!」と思うけど、これは歳のせいなんだとあきらめた。

開き直って、眠れない時間を楽しむと、得した気分になる。

寝ぼけて不機嫌な朝のバタバタ状態で飲むコーヒーより、静かで冷たく、澄み渡った空間で飲むコーヒーやお茶は、とても美味しく感じる。

昨日までの事は全てリセットされた気になる。

家族の世話をする為に早起きしていた時とは、時間の長さと質が全然違う。

独身時代に戻ったみたいだ。
自分の為に使える自由な時間と空間。ささやかな自分だけの楽しみ。


こんなどうでもいい、つまらない事に私はとっても幸せを感じるのだ。
それも、夜が明けるまでの短い時間に。

陽が昇るとリセットしたはずの現実がまた戻ってくる。