台風の被害、洪水などまだまだ油断できませんね。これから詳しい被害状況がわかってくることだと思います。
被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。

年々、どこがという事でなく、日本中どこでも大きな災害が起こり続けるのでしょうか。

もっと国は災害対策に力を入れるべきだと思う。戦闘機やとうもろこしなんて買うお金があるなら、国民の生活の為に使ってほしい。
amatubuPAS01008

避難所の在り方ひとつにしても遅れている。

以前、大きな被害にあい避難所生活をしたことがあったが、一番感じたことは過去の災害の教訓はいかされていない。後進国みたいだということ。

すぐ隣の地域は何ともないのにすぐに援助がこない。食べるものも無い。プライバシーもない。トイレも使えない。不衛生で、プライバシーもない。夜は真っ暗。水も無い。
若いお母さんと子どもさんが外で寝ておられた。

避難所運営に何の対策もとられていない。災害がおきるたびに同じ事が繰り返されている。

阪神大震災や東北の震災やいろんな災害のたびに、避難所での悲惨な様子を見てたまらない気持ちになっていた。
障がいのある方や病気を持つ方。妊婦さん、赤ちゃん,ペットと一緒の方。
避難所で肩身の狭い思いをしたくないからと、外や車の中、あるいは避難しないことを選ぶ人も多い。
誰もが安心して避難できる運営を考えることはできるはず。

個人の対策なんて限界がある。自分も色々避難用に準備した物を持ち出したが、限界があった。
命を守ることで精一杯だ。

昨日は無事に過ごせたが、次は我が家に直撃するかもしれない。誰でも何度でも被害にあうことが起きる時代になっている。
だからこそ、税金を救済と対策に使ってほしいと思う。