教師4人が若い教師にいじめを行ったニュースが話題だが、情けないというか怒りを通り越してうんざりしてくる。

やっとこういう話題が世の中にでてきたかという気持ちだ。

実は昔からこういう話はあったのだ。
教育実習生を虐めて、教師になる夢をつぶした女性教師もいる。こういう話は良く耳にする。

隠ぺい体質の学校のこと。校長の見て見ぬふりは当然だろう。強い教師が力を持ち、校長に取り入り、同僚や後輩の足を引っ張る話はだいぶ前から知っている。
教師の過重労働に加え、教師間の虐めもあって精神を病み休職したり辞める教師も多い。

教師にとって、”教え子たちといる時間が幸せ。職員室が苦痛。教え子がいるから頑張れる”という話は良く聴く。
MAX77_gomibakokuma20141025153806

私が中学生の頃だった。お正月に祖父の家に行った時、遠い親戚というおじさんが来客として訪問した。
その人は普段全く付き合いもなく、初対面だった。

その人は中学校の教師だという。
私の服を見てそのおじさんは
「君の着ているブラウスは、僕のクラスの子が皆好んで着ているデザインだ。」と言う。

意味がわからず無反応でいると、ニヤニヤしながら
「僕のクラスは、頭のおかしい奴等ばかりなんだよ。そんな奴等と君は服の好みが同じなんだねえ。君も頭おかしいの?ははは」と笑った。

教え子を頭のおかしい奴等だなんて。ひどいと思った私は、その人を軽蔑した。こんな人に担任されている生徒さんたち、可哀想に。と悲しかった覚えがある。
今で言う特別支援クラスだった。

今でもあの発言は許せない。あのおじさんは教師の資格は無いと思った。

もしこれがSNSのある現代で、私がこっそりこの発言の動画をとっていてツイッターとかで発信していたらどうなったことか。

昔は時代が違ったといえばそれまでだが、自分の担任の教師の中にも、一部の生徒にひどい人権侵害をした人がいた。
鬱病への教師の知識が皆無で、偏見だけで指導をし、病気を悪化させ、退学に追い込んだ教師もいた。
そういえば、テストの点数が悪かった時、答案用紙に「バ〇!〇ね!」と書いてあったなあ。

昔は良かったと言いたがる人もいるが、そんな事はない。良かったことも悪かったこともあったのだ。

今みたいに、世間に知らしめる手段も無く、世の中の知識や理解が今とは程遠かった。特に人権教育は遅れていたと思う。

あのおじさんの言った事を、親に伝えた。
でも「あの人はそういう人だから」と笑って流された。
何が問題なのかいまいちわかっていない風だった。

それと親戚付き合い上、都合の悪い話は聞かないことにしたのか。

こういう人たちは、我が子が障がいを持っていたらどうするのだろう。

私は、たまたま健康に生まれたが、もしかしたら捨てられたかもしれないと思うと、絶対にこんな事を子どもに感じさせる様な親にはならないぞと反面教師にした。

2年前、伯母のお葬式で久し振りにあのおじさんに会った。

高齢で、杖をつき、声もよくでなくなり、体調も良くないようだった。
挨拶をすると、ぺこぺこと頭を下げるだけ。自分がかつて私にあんな事を言ったなんて覚えていないだろうし、自分が最低な教師だったなんて全く思っていないだろうし、私がそんな目で見ているなんて思ってもいないんだろうなと思った。

自分が何者か、見えなくなる事って怖い。