自分では気にしていないつもりでも、ストレスが溜まっているんだなと感じる時がある。

最近の自分の体調がそうだ。少し前まで自分の気持ちをコントロールできていたと思うが最近急にその力が弱くなっている気がする。

ストレスと言っても、楽しい事も含めてだ。普通に気楽にやっていたことが、とても慎重になり緊張感がある。

血圧が高くなっているのかなと思うとそうでは無い。

規則正しく、休みもひきこもりみたいな生活しているのに、それがいけないのかな。
GAK86_kosumosuaozora

分析すると、母の病気が発覚してから、心の中にじわりじわりと重い物が溜まり始めている。
抗がん剤の治療が始まり、親の寿命を意識せざるを得なくなり、行ったり来たりも負担が大きく、弟以外に協力を頼めない現実。ストレスが次第に積み重なっている。

これからもっと大変な介護の生活がくるかもしれないのに。
こんな時、夫がまともな人だったら少しは違っていただろう。


昨日も、検査結果の数値をファックスしてきたので見たら、腎臓の数値が悪くなっていた。

薬のせいであるのは明らか。それでも投薬をやめないのは、医師がまだ大丈夫だと判断したからだろう。

母にばかり気をとられているが、父もいつどうなるかわからない年齢だ。

もし急に連絡がきて、慌てて駆けつけるとか、いつかそんな日が来るのだろうか。

そう言う事は、心の準備ができているはずなのに、思うだけでしんどくなる。

夫へのストレスを長年抱えてきたせいなのか、心に余裕が無い。

年齢的に「私だって年とってきているのよ。いつも元気じゃないのよ」と、甘えてくる親に言いたくなってくる。母が暇潰しにかけてくる電話も昨日は苦痛に感じて、早くきった。

精神的には、両親の方が私よりも強いと思う。戦争を生き延び、たくましく頑張ってきた世代。

親の面倒を見る方が先に倒れてしまうというケースはよくわかる。

今は実家には行かず、エネルギーを蓄えておこう。

足の怪我もゆっくりと治っているが、跡がひどくてしみも残り、目立つので気になる。

特に無理もせず、疲れてもいないはずなのに、昨日は調子が悪くて夜あまり眠れなかった。

足の怪我がなかなか治らないのは、場所のせいもあるだろうが、ストレスで免疫力が落ちているのだろう。母の事が頭に浮かび、まさか私も同じ病気じゃないだろうなと思ったり、悪く考えてしまう。

気候のせい?

やっぱり、根底にある長年の別のストレスが原因なのかもしれない。

楽しいことを考えよう。