連休、私には関係なし。

でかけるにもお金がかかるし、最近は実家に帰っていることでその費用の為節約しなくてはいけない。

旅行は大好きだが、今はその気分ではない。

昨日、実家では色々あったようだ。

ご近所の1人暮らしをされている高齢の女性、母の友人だが、家に駆け込んできて「救急車を呼んで」と頼まれたという。
(3軒先から歩いてくるくらいなら、自分で救急車をよべばよかったのではないかと思ったが)母が電話をし、一緒に救急車に乗り病院に付いて行ったそうだ。

「病人が病院に付きそうなんてね、皆そんな年齢になったのね」と母が言う。

そのご近所さんは、気分が悪くなりかかりつけの病院に電話をかけたそうだ。すると大病院なのにお休みだと断られ、「救急車を自分でよんではいかがですか」と言われたとか。

それで、なぜか、母のところまで来て、救急車を呼んでと頼んだらしい。

歩いてこないで、電話で頼んでもよかったのでは、と色々思うが、おそらくパニックになっておられたのだろう。

とっさに、うちの電話番号や、救急車は何番だったかわからなくなったという事もありえる。

家に行く方が早いと思ったのだろうか。でも、動けるくらいなら大丈夫じゃないかとも思ってしまう。

そこがパニック状態の不思議だろう。

この方は、脳梗塞もあったし、腎臓病もかかえておられた。

1人暮らしなので、不安もあったと思う。

母が付き添い、親族に連絡をとり、身内の人と交代して帰宅したという。
kyukyusyahashiru


母も病気だし、父がいるがあてにならない。
以前救急車を呼んだ時、このご近所さんにお世話になったらしい。

お互いに助け合える関係のお付き合いができているのは有り難いことだ。
いざとなると、身内より近くの他人。

こういうパニックになった時、自宅の住所も言えなくなったりする。

子どもが小さい時、留守番中に何かあったらこれを見て電話してと、警察、救急、火事、自宅の住所、電話、親の携帯などを大きく書いて、電話の近くに貼っていた。


今はそんな紙を、実家にも貼っている。

母も、近所の人が駆け込んだことに驚いて、一瞬119を忘れたらしい。

で、私が貼っていた紙を見て、「救急車はこれか」と確認できたと言っていた。

私も、小さな事ですぐパニックになる。(あの動悸が嫌なんだよなあ。)

落ち着けといくら言い聞かせても、無理。

パニックを少しでもコントロールできる様になりたいが、できればそんな状況に会わない事を祈るばかりだ。