前にも書いたかもしれないが、頑張って脱出したある友人の話。

友人は働かないご主人のかわりに朝から深夜まで働き、ご主人の借金支払いや税金の金策にも走り回っていた。


市役所に分納の相談に行ったところ、家庭の事情を熱心に聞いてくれたそうで(事情をきくのは当然だが)詳しい事は忘れたが、無料で相談にのってくれる弁護士さん?を紹介されたそう。

「あなたは、ご主人にDVを受けていますよ。この相談にはご主人を必ず連れていってくださいね」と言われたらしい。彼女はそこで初めてDVを受けている事を自覚した。
それまでは、自分が悪いと思い込ませられていたのだとか。

それまでお金を管理していたご主人は、多額の税金の滞納をしており、その責任を奥さんに押し付けた。

税金の分納や免除の相談だから、本人でないと話が受け付けてもらえないという事もあり、しぶしぶとご主人は相談に行ったらしい。


そこでの奥さんはうつむいて、深刻な感じで、当のご主人は、タバコをふかしながらまるで他人事で、一生懸命相談に乗ろうとする弁護士さんに対して、失礼な態度だったそうだ。

結果的には、色々対処してもらい助かったようだ。頭を下げて感謝している奥さん。ふんと知らん顔のご主人。

その様子を見た弁護士さんは、怒った。

「ご主人、あなたの責任ですよ。本当はあなたが奥さんの様な態度をとるべきではないですか?あなたは反省の態度も無い。またこういう事を繰り返す事でしょうね。何もかも奥さんに押し付けて、あなたみたいな人を人間のクズと言うんです。」

友人は、びっくりしたが、そこまで本気で考えてもらえて、ご主人に忠告してくれた事に感動したという。

ご主人は、戸惑った様子でその日は帰った。

DVはその後も続き、友人は心療内科の医師に「ご主人から離れなさい。今すぐに!」と言われ、とりあえず実家に逃げ帰ったのだ。

結果そのまま、離婚ができた。奥さんを保証人にしてご主人が借金をしていたこともあり、それを解決するまでは気が抜けなかった様だ。

本当に凄いエネルギーを使ったと思う。間に合って良かった。医師があんな風に言うまでは、幻覚が見えるほど友人は病んでいたから。

今では、実家の近くの団地に住み、自立できるようになった。


この友人は、ご主人が元々、一流企業のエリートで高給取りだったので、セレブな生活をしていた。

仕事を辞め、独立したが失敗。プライドが高いご主人は、仕事を選ぶ為なかなか転職せず、家で引きこもるようになった。
KUMA1892073_TP_V1


彼女も一時、世間体を気にしてあまり人と会いたがらない時もあった。

子どもさんは、自立して一安心で、やっと今は自由で元気な生活を送っている様子。

私は、彼女が羨ましかった。全てから解放されたのだから。

彼女はタイミングも良かった。実家にも帰れた。自分から役所に相談に行き、病院にも行っていたからこそだ。

彼女は、私の事を羨ましいと言う。

確かに私も今の生活に幸せは沢山転がっていると思う。

でも、深い穴の底にいる私と、底から這いあがってすがすがしい空の下で走り回っている友人とはやはり違う気がする。