続き


娘さんは、しばらくは引越さず、ご主人のマンションに住み続ける事になった。

その土地で仕事を探す事にしたらしい。


それだけでも、ご主人と副社長の行動にブレーキがかかるのではとMさんは期待していた。


会社の中の情報は入らず、ホームページやご主人のブログしか様子がわからない。


次第に、Mさんも会社に手伝いに行く回数も減ってきた。


ご主人の態度が変わらず、定期的に帰宅し、送金もあるのでとりあえず安心はしていた。

PAK85_inkosan14131116_TP_V1

それから1年後、副社長は社長になった。ご主人は会長に。


実質的には彼女の会社になったようなものだった。


本当は、娘さんに後を継がしたいと考えていた様だったが、娘さんがすぐに辞めてしまった為結局愛人に渡した形になった。


ご主人は、責任が軽くなり、仕事も彼女に任せた事で楽になったと喜んでいたという。


「もうあの会社はいらないよ。自分に何かあったら彼女にあげてもいいと思っている。」と周りに話していたらしい。

経営は楽ではなく、何とかここまでやってきたという事なのだろうか。もう肩の荷をおろしたいと思ったようだ。
本当の理由は、「結婚はできない。関係はいつでも切ってもいい。慰謝料代わりに社長にする」という条件で社長の座を譲ったようだ。

高齢になってきたご主人は、若い彼女の相手がしんどくなってきた様子。

老後はゆっくり自宅ですごしたいと思い始めたのだろうか。


会社を渡していつでも、自由にのんびり過ごせるように手をうったのだろう。


何て勝手な羨ましい?話だろうか。それで良いと彼女も自分で決めた人生なら、他人がとやかく言えないが、裏ぎられ続けたMさんは気の毒だ。

Mさんも、会社に利益があれば配当がくるし、夫が会長としての報酬もあるのなら、それでいいと思うしかなかった。

Mさんは、DVで苦しんだ事を思い出し、老後、ずっと夫の世話をさせられるのは嫌だった。

今更帰って来なくていい。介護状態になってもずっと彼女に世話してもらえばいいのに、と願っていた。