りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

     

今思えばだが…自己愛の強い夫は、言葉の通り、人を愛しているのではなく、「人を愛している気になっている自分」を愛しているのだ。



だから自分がしたい事の為には、大事なはずの人も平気で騙すし、トラブルに巻き込んでも平気なのだろう。



しかし、夫自身はそうは思っていない。自己満足に浸っている。


自分の嘘の為に、恋人や親が嫌な思いをしても、喧嘩をしても、他人事。自分が被害者みたいに思い込んでしまう。


今だからこそ、確信できる話だ。


その後、⇒(嫌いになれなかった
彼(夫)の両親に、ばったり会ったら(というかこれも彼が仕組んだのかもしれないと今思う)まるで人が変わった様に、笑顔で丁寧な対応をされた。


そして、私がなかなか彼を実家に連れていかないでいると、彼はいきなり一人で私の実家を訪問していたのだ。出張のお土産を届けるふりして。

最初は、不審人物かと驚いた様だったが、人懐っこい、好青年を演じるので、両親の印象は良かったようだ。



他にも、色々違和感や不信感を感じる事はあったのだが、流されるまま結婚という結果になった。



今思えば、親からお見合いを勧められた時に、抵抗せず会うだけあってみれば良かったなどど後悔した。



夫の方も、私をお金持ちのお嬢様だと思ったのに違った、失敗したと感じている事だろう。



     

 ⇒ 続き



今思えば、あの時なぜそのまま縁を切らなかったのだろうか、最大のチャンスだったのに!と悔やまれてしかたがない。


暫くしてから、彼(夫)から連絡が来た。
旅行についての連絡だった。

そうだった。団体で参加する観光旅行の予約を一緒に入れていた。企画した会社にいた彼の友人のノルマ協力を頼まれて、申し込んでいた。



今更キャンセル料を払うのも嫌だし、別に彼に会うのも嫌だと思っていた訳でもなかったので、旅行には参加することに。


どっちみち、旅行中は隣に座るわけだし、変に避けるのもおかしいので、何も無かったかのようにふるまった。


その時の私は、結婚相手としての不安はあったが、友人としてなら気の合う楽な人だと思っていて、嫌いにはなっていなかった。


いっそのこと、あの時、嫌いになっていたら良かったのだ。嫌いにさせない彼の持つ魅力というか、(今では演技に見えるが)その明るさに誤魔化されるのだ。



当時は、若かったので、人を見る目もなく、人は変わると信じていた。

自分に自信があった訳でもなく、(こんな風に人の粗さがしばかりしていたら、一生恋人もできず、結婚できないかも)と焦っていた気がする。

旅行先で、予想通り、彼は必死で先日の件をフォローしていた。


「あれから親にちゃんと話して、誤解を解いたから。母にもちゃんと注意したよ。両親とも、申し訳ない事をした。もう一度会って謝りたい。って言ってる。だから、また実家に来てよ。今度は歓迎してくれるはずだからさ。」
と私を説得していた。



自分がついた嘘については、「ああでもしないと、君は親に会おうとしなかったでしょう。僕は早く君を紹介して結婚したかったんだ」と誤魔化していた。


うまいこと、人のせいにして、今思えば夫らしいなと思うが、当時の単純な私は、信じてしまった。

ここまでして、こんな私と結婚したいと言ってくれる人は、もう現れないかもしれないと思っていた。
     

⇒続き


作戦に失敗した彼(夫)は、慌てていた。


ひきつった顔で「どうして?」と聞いてきた。

「あなたのご両親は、私を気に入らなかったみたいね。すっぽかした事になっていたしね?この前の感じでは、結婚を反対されている気がした。」と言った。


その他にも、彼が私に嘘をついていたことや、

「我慢してまで結婚したいと思わない。私にもプライドがある。祝福されて結婚したいから、あなたとは結婚できないと、ご両親に会って思った。」
などなど、不満をぶつけた。


すると、自分が嘘をついた事はとぼけて話題にせず、「僕も、親の態度がひどかったなあと驚いたんだよ。汗をかいていただろう?あれは、親が失礼な態度だったからはらはらしたんだよ。」
と親のせいにしていた。


「あの離婚の記事は無神経すぎるというか、あれはわたしへの嫌がらせでしょう?そんな事をするお母さんなら、仲良くできそうにないわ。」と言うと

「あれは僕も頭にきたんだよ。よっぽど怒鳴りつけようかと思ったけど、我慢したんだ」
としらじらしい言い訳をしてきた。

あれは彼が義母と、その前に「離婚したくなったらどうしたら良いか」という会話をしていたのだ。

義母が調べといたよと、渡しただけだ。それでも、あの場で渡したのは、あまりに無神経か、嫌がらせだと思うが。




「僕が親に注意しとくよ。きっと何か誤解しているんだと思う。だから考え直して。」と言う。


そういう問題ではない、原因は彼が親も私も騙して、おかしな作戦を使ったのが間違いなのだ。




「お袋は、兄貴が大事だから、僕たちの事なんて干渉してこないだろうし、そこまで関心も無いとおもうよ」とも言っていた。

そうかもしれないが、それ以前に、ただ意地悪で、トラブルメーカーな人なら、誰が相手でも何か問題は起きるだろうなと思った。現実にそうだった。

彼は、断られた原因は、親の失礼な態度だけが原因と、問題をすりかえていた。

いや、あなたの行動も問題よと言ったが、聞こえないふりをしていた。

とりあえず、話し合いは平行線。私はもうどうでもいいと思っていた。

しばらく会うのをやめて、頭を冷やすことにした。



     

 ⇒続き


義実家は、彼(夫)の嘘を信じて息子の彼女を待っていた割には、何の準備もしていない感じがした。
騙されたとは言え、私も手ぶらだったし仕方ないが、お客を待っていたという雰囲気ではなかった。


両親ともパジャマで、通された部屋は雑然とした居間。

義母は
「古いお茶葉しかないわ。飲めるかしら」
と言いながら、その古いお茶をだしただけだった。

どうせまたすっぽかされると思っていたのだろうか。


嫌、多分、どうでもよかったんじゃないか。義兄の結婚の時とは雲泥の差だったろう。


義兄の結婚相手は、義母が選んだ。

結婚式まで義母が熱心に口をだしたという。
そして次男の彼には
「あなたは結婚式はしなくてもいいわよ。お兄ちゃんだけはきちんとしてあげたかったけど、あなたはどうでもいいわ」
と言われたという。


そして「お金のある家の人を選ぶのよ。」とも言われていたらしい。義母は、お金持ちの嫁であれば誰でも良かったのだろう。

ただ、プライドが高いので、私にすっぽかされたとなると余計に気に入らなかった事だろう。


驚いたのは、義母が私の実家の事を調べていたことだった。会う前から父の職業、弟の仕事まで知っていたという。

うちはお金持ちとはとても言えない家だったのも気に入らなかったのかもしれない。


おそらく彼が教えていたのだろうが、私には「親には君の存在はいっさい内緒にしている」と言っていた。

何もかも嘘だった。勝手に作戦を練ってやった事だろうが、あまりに自分勝手な、今思えば夫らしい自己満足な行動。


こうやって、人と人をもめさせる。自分の目的の為に。考えが浅く、甘い。義母の性格もあんなだし、仕方ないかとも思える。


義母は実家の住所を聞いて、近所や知り合いに私の実家の事を聞いて回っていたようだった。それは、かなり後から知った。


母が、近所の人から聞いてわかったのだ。



私は、理不尽で、不愉快な義親との対面の後、彼にきっぱり言った。


「あなたとは結婚しません」

               

     

⇒続き


”昨日、私が彼の親に会う事になっていて、それを私がすっぽかした。連絡もつかなかった。”

という事実無根な話をされて、頭が混乱した。


彼が私も義両親も騙したという事だ。


その時の私は、すっぽかした翌日に、初めてのご挨拶に伺う事になっていたらしい。


化粧もせず、普段着で、手ぶらで…ご挨拶に伺うなんてありえないだろう。



でも、義両親は息子を信じているだろうし、その場でいくら私が「それは嘘です!」と言い張っても、信じてもらえる雰囲気では無かった。



「昨日はひどい風邪で寝ていました。まだちゃんと回復してないんですが…」と、咳き込みながらぼそぼそと答えるのが精一杯だった。


咳をしている私の横で、彼(夫)はタバコをプカプカ吸っていた。


流石に義父が「風邪をひいている人の前だからやめなさい」と言ってくれた。義父は禁煙中だったので自分も嫌だったのだろう。

すると義母は「お父さん、この子に言ってもきかないわよ。」と笑っていた。



その時の義父の優しさは救いだったが、それでも息子の嘘を信じている状態、で私を見る目つきが鋭く、目もあわせない。話しかけてくれる事もない。

挨拶をすっぽかす様な人と結婚させたくないのは当然だ。義父は反対だけど息子が決めたならしかたないと我慢しているんだろうなと感じた。

自分の結婚相手が非常識な人だという悪い印象を与えても平気、自分の目的の為には恋人も利用するという人間だったのだ。

今なら絶対許さないし、縁を切って二度と会わないだろうが、当時は自分の未熟さで、「そこまでして自分と結婚したかったのか」と思ってしまったのだった。



彼は、自分がついたひどい嘘に私がいつ怒り出すのか気にしていた様で、暑くもないのに冷や汗をかいていた。


私は、こんな会い方はしたくなかったし、まだ結婚すると決めた訳ではなかったので、納得がいかず、ずっとうつむいて黙っていた。

騙してでも強引に親にあわせて、どんどん話をすすめてしまえばこっちのものと思ったのだろう。


義母は、私の元気のないおかしなムードを察し、気を使って一人で話していたが、更に場を凍り付かせてしまう。

私に見えない様に、彼に何か新聞の切り抜きを渡した。

見えないようにしていても、すぐ目の前で「はい、これ。何か参考になると思って」と小声で言って渡したから、ごまかしようもない。


見られたくないなら、あとからでも良さそうなのに、なんでわざわざ私の前で渡すかなと思った。


私がそれ何?と聞いて、見るように故意にそうした感じがした。


でも、私は無視した。こそこそっとした態度で目の前で渡したものを、見せてなんていう訳ない。
嫌な感じがしたので、気が付かないふりをした。


すると義母はそれが面白くなかったのか、今度は「それ、今見たらだめよ。こっそり後から読みなさい」と大声で言った。


私に、気にさせようとわざとしている感じだった。


彼はただでさえ、私が怒っているのを感じていたし、これ以上嫌な雰囲気になるとやばいと思ったのだろう。


「別にこそこそしなくていいじゃないか。嫌な感じがするだろう。堂々と今見るよ」と母親を正すまともな息子を演じたふうで、(人の横でタバコを吸ってて何をわざとらしい)私にその切り抜きを見せた。



その記事は「離婚する時の心構え、慰謝料を払わずに済む方法」みたいな見出しだった。


騙されてだったけど、一応結婚相手が挨拶にきた時に、その相手の前で、「離婚したくなったらこれを参考にしなさい」と記事を渡した母親…。



彼は、母親の愛情に飢えており、とにかく何でも賛成する良い子を演じていた。


この時も、にこにこして、「サンキュー」と言い、ポケットに記事をしまいこんだ。


彼の顔には、汗がさらにだらだらと流れていた。

                          
     


 ⇒続き

両親はいないと聞いていた私は焦った。


慌てて挨拶をし、「ここで待つように言われていますので」と中に入る事を躊躇した。


まだちゃんと顔を合せていない相手。まだ結婚すると決めた訳では無い時期、もし会うとしてもきちんとした格好で、ちゃんと面会したかった。


その時の私は、病み上がりで休んでいるところを彼(夫)に強引に食事に誘われた訳で、すぐに帰るという約束だったし、服も普段着でお化粧もまともにしていなかった。


困っていると、彼が玄関から顔をだし
「何やってんの?早く入って!おふくろ達は、ずっと待っていたんだから、これ以上待たせるなよ!」
と叫んだ。

(はあ?何言ってんの?話が違うし、親がいるなんて聞いてないし!)と文句言いたかったが、すぐに義母が

「ほら、寒いから、早く入ってドアを閉めてちょうだい」と私の腕を引っ張り、無理やり中に入れた。

仕方なく中に入り、座ったところで、

「昨日、あなたが挨拶に来ると聞いていたから、ずっと待っていたんですよ。この子(夫)もあなたが約束の時間になっても来ないから、探し回ったみたいで。連絡もとれないと困っていたのよ。ああよかった、今日は大丈夫だったのね」


と義母からいきなり訳のわからない苦情を言われたのだった。




     

 ⇒続き

結婚してからの夫の自分勝手さには怒りが溜まっているが、思い出すと、結婚前にもおかしな事がいくつかあった。


夫への不信感が芽生えていたのに「あの時、もっと勇気をだしていれば」と悔いる事実のひとつ。


夫から結婚を迫られ、のらりくらりと返事をのばしていた時期の出来事。


少し夫に違和感を感じ始めており、私はこの人で良いのかと迷っていた。でも、ここで断ったら一生結婚できないような気がしていた。自分に自信が無かった。


冬の寒い日の夜、突然彼(夫)が私のアパートに来た。(私は仕事を辞めて地元に帰り転職、彼も私も一人暮らし)

私は、風邪をひいていて、やっと熱がさがったばかりで、咳がまだでていた。

「何か元気になるものを食べに行こうよ」と誘われた。

気が乗らなかったが「食べた後、すぐ帰宅するのなら」という条件で一緒に出掛けた。


彼の車で街にでて、食事をした。

帰ろうとして車に乗った時「ちょっと実家に取りにいきたい物があるから、立ち寄ってから君の家に送るね」と言われた。

私は「荷物取りにいくだけ?私は車の中で待ってればいいのね。」と言った。早く帰って休みたかったが、反対したところで、どうしようもなかった。


実家につくと、彼は私に「荷物を運ぶの手伝ってくれない?玄関の前で待ってて。すぐ来るから」と言いだした。


え?私、まだ体調悪いし、寒いし、荷物運びさせるの?と驚いたが、そう思った時にはもう彼は車から出ていっていた。


仕方なく、玄関の前で立っていると、ドアが開き、彼の母親が出てきて「何しているの?早く入りなさい!」と手招きをした。   



     

夫の人格について、何もかもわかってるつもりはない。

かつて一番モラハラがひどかった頃、姑が私の母に言った言葉。
「あの子の事は母である私が一番わかります!」


おそらく、無責任すぎる夫(息子)の苦情を言われると思い、プライドの高かった姑が先走って口にしたのだと思う。
絶対謝らないぞという構えが感じられた。


夫の言動は、人の真似が基本だと前にも書いた。


自分が知らずに恥をかいたり、悔しかった事などを自分の中で咀嚼できず、学習もできない為、それを自分の考えであるかのように、真似をして、人に仕返しして心落ち着くという行動パターン。


本人には、人真似をしている自覚はない。
真似した後、自己満足しているのだが、された方は?何言ってるの?変な人。となるだけ。


真似していたのがあからさまにわかった時があった。

その前に、上司の悪口を私にさんざん愚痴っていた。自分は悪くない、上司がサイコパスだの自分をねたんでいるだの、といういつもの話。


いつも都合よく、話をかえて話すのはわかっているので、うのみにせずに聞いていた。



だが、その後、その上司に自分が言われた事を、私に言ってきた。


そして、自分のいう事を聞かないと送金をとめるような事を言う。

つまり、上司から「これ以上仕事でミスをすると給料だせなくなるぞ。」と指導されたのをそのまま家族に向けて復讐し、その時の自分の悔しさを発散したわけだ。



この時の言い方もやり方も、聞いていた上司の話と同じだったから、すぐわかった。


私は夫とは違い、夫の部下でもなく、そんな圧力をかけられる理由もないから猛反論をした。


すると、逃げた。作戦に失敗すると逃げるのだ。音信不通になる。



夫は自分が困った時は、うるさいくらい連絡をしてきて、愚痴をこぼし、こちらに何とかさせようとする。子どもの為には何もしないのに。調子がよすぎるのだ。

その夫の特徴から分析してみると、家族にしてきたこれまでの行動全ても、誰かの真似しているのだと思う。

家族に無責任で自己中心、しかもその自覚がなく、自分を美化して被害者面までするというのは、誰の真似なんだろう。



     

今の目標は、あちこちにいる県外の友人に会う旅をすること。


節約して、お互い元気に動けるうちに会いにいきたい。


後悔しているのは、親友に会えないまま永遠のお別れになってしまったこと。いつか会えると思っていたら亡くなってしまった。



でも、自分もいつかは必ずこの世からいなくなるのだと思うと、”生きるって何のため?”と思ってしまう。


昔から自分には生への執着はないと思っていた。

が、子どもを産んだ時「これで死ねなくなった」と思った。

今も「自分がまだまだしっかりしないと。まだ死ねない」と思う。


自分が天蓋孤独であれば、もっと気楽に生きていたかなあ。


生まれ変わったら次はどうしたい?~と聞かれたら

「もう生まれ変わりたくない」

と答えるだろう。


そんなに人間界ってつまらなかった?辛かった?


いや、そういう事じゃないんだな。


少し前までは「人生って楽しい。来世でもまたこの子たちと家族になりたい!」と思っていた。


ここ最近、変わってきた。今だけ、気分が落ち込んでいるせいかもしれないが、子どもの時から信じてきた人生の教えというものが、最近違うんじゃないかと思えてきた。


これは政治のせいもある?一生懸命真面目に生きている事が報われないどころか、平気で人を裏切り、嘘をついたり、お金や権力を持つ人の方が、堂々と好きに生きて居られる事が馬鹿らしく見える。身近にもいて、迷惑ばかりかけられる。


悪い事をすれば罰が当たるよって、昔は言われたものだが、本当にそうだろうか。


そんな事を思っていると、もう頑張りたくないし、生まれ変わってまた一生懸命真面目に生きるのは無理!と思えるのだ。



     

今朝は祝日で、ゆっくり2度寝ができた。

ずっと睡眠不足だったので、久し振りに休めた。


最近目覚めも悪かったし、憂鬱な気分が続いていたのに、今朝はそうではなかった。


起き上がる時、「この幸せに感謝しよう!」と自分に言い聞かせた。

「そうだ、毎日こうやって布団で目覚める事は、幸せな事だ。今だけかもしれないし、老後、悲惨な生活になるかもしれない。今だけかもしれないこの幸せを今だけでも噛みしめよう。先の事は、そうなった時に考えればいい。」

カーテンを開け、日差しを浴びる。外を眺める。今日も一日が始まる。今日まで無事生きてこられた。


これが幸せでなくて何なのだ。


いつこの生活が脅かされるかわからない。災害も、事故も病気も突然襲ってくる。



両親もいつ倒れるかわからない。この平穏な生活は一瞬かもしれないが、大事にしたい。



↑このページのトップヘ