りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

     

実家のご近所さんの話は続いた。

「それがね、あのお宅の隣の人が盗んだに違いないって言うのよ。
警察にもそう話したって。」

「えーっ。それはありえないでしょう。
道路沿いのお宅の丸見えの庭から、
真昼間に布団を盗んだら誰かに見られるし、
すぐばれるでしょう」
と私だけでなく母もそう感じると言う。

「でも、お隣にはそう疑われる様な理由があるのよ。」

お近所さんのお隣の人は、60代後半、独身男性の1人暮らし。

お母さんと二人で暮らしていたが、お母さんは数年前亡くなられ、
それ以来1人で暮らしておられる。

お母さんが健在だった時は、
母もそのご近所さんも仲良くお付き合いをしており、
息子さんとはめったに会う事は無かった。

が、お隣の息子さんが定年退職をされた後、
家に居る時間が多くなり、
近所のお婆ちゃん達と親しく立ち話をする様子が良く見られる様になった。

警察の聞き取りでは、男性は「お隣とはどういうお付き合いですか」と聞かれ
「母親みたいな方だと思って接しています。」と答えていたそうだ。

全く自分が疑われているとは感じていない風だったと母は言う。
PAK150505550I9A5248

母もその騒ぎに巻き込まれて、
返事に困ったと言う。

母が「勘違いでは?」と言っても、
「私はぼけていない!確かに布団は干したし、無くなっていたのも嘘じゃない!」
と頑固に言い張るご近所さん。

高齢者には、認知症が進んでくるとこういう事は日常よくある。

家の中に入って、
どの布団か聞いて、本当にそれが無ければ確認できたのだが、
そこまでは誰もできなかったらしい。
だから、勘違いなのか、真実なのか誰にも調べられなかった。

こんな時、このお隣さんにご家族がいればなあと思う。
子どもさんは遠くに住んでいて、
滅多に帰って来ない。

疑われたお隣の男性は、
普段から少し行動に違和感を感じさせるところがあったらしい。    続く



     

先日の母の電話で、久しぶりに?いつもと違う話題が出た。


ご近所さんの話題。

長いお付き合いの母の友人2人がご近所におられる。

それぞれ、賑やかだった家族も自立したり亡くなったりで、
おひとり様になったり
2人暮らしになったり、年齢を経て
最近は病気の話ばかりになったという。


以前も書いたが、おひとり様のご近所さんは
先日「救急車を呼んで!」と母に言いに来た。

走って来れるほどなら大丈夫では?と思ったが、
おそらくパニックになっておられたのだろう。

極度の不安感が襲って、動悸がして、
電話をすれば良いのに慌てていて母の所へ走ったとか。

その頃は、まだ退院したばかりの母だったが、
何とか気を張って救急車を呼び、病院まで付き添い、
親族の方に連絡して1人で帰宅した。
elly137174358

結局ご近所さんは、病気では無く、
すぐに帰宅して何事も無かった様に日常生活に戻ったそうだ。

うちの両親も何かあったらお世話になっているので、
お互い様で助け合っているとのこと。

そういうご近所さんの存在は心強い。

母の電話では、またその人の話題だった。

今度は「庭に干していた敷布団が誰かに盗まれた」と言い、
警察が来て騒ぎになったらしい。

母が言うには
「敷布団が干してあるのを私が見ていたら、信じられるのだけど、
その日は外に出てないから見ていないのよね。
もしかしたら、干したつもりで干してなかったかもしれないし
被害妄想かもしれない。

でも、家の中に入ってその布団を探す訳にもいかないし。
どこまで信じていいのか困ってしまった。

あの人、昔も被害妄想で警察読んで、
間違いだったと指摘されたことがあって。」

「それだけじゃなくて、もっと厄介な事があって~」
と母の話は続いた。


     

母から電話。昨日は再発が無いか調べる検査の日だった。

ちょうど1年前の今頃、腸閉塞を起こし、
悪性リンパ腫がわかった。


再発しやすい進行の早いタイプだったが、
高齢のせいなのか、元が健康だったからか、
再発は無いとのことだった。

毎月の通院も3か月毎になったらしい。

再発の不安、コロナの不安からか、
最近はうんざりする位愚痴っぽい電話が来て、
毎回熱が無いのにあるといい、同じことを繰り返し、
私も同じ事を何度も言い返す。

愚痴るのに、人のアドバイスは聞かない。何も工夫をしない。

私は母のストレスを吐き出すトイレみたいな存在。

再発が無かった、順調とわかればこれで気分も良くなり、
少しは解放されるかと思いきや、全くそうではなかった。
また、熱がでた、だるいという。

しかし、何も症状は無く、食欲もある。朝は平熱、
夕方少し高くなる程度の様だ。

それを昨日医師に話したのかと聞くと、話していない。
毎日、微熱がでてだるいなら、医師に話すはずだろう。
医師に言わずに、私に愚痴ってこられてもどうしようもない。

genkanGFVL4056

想像してみた。母は、昔から「家事が忙しい。掃除が大変」
とヒステリックに言う割に、何もしていない人だった。
掃除、掃除といいながら、家は綺麗にならず、感染に対して無頓着。

座布団や、物を乱暴に投げて置く。

だからパーンと物を置くたびに、埃が舞う。
私は子どもの時からアレルギーを起こしていた。

ひどい時は、食事中にも、埃をたてられていた。

母が電話でいつも
「天気が良いから布団を干したり、マットを洗って干した」
と言う事を思い出した。

掃除は埃がたつので、弟に頼むように言ったが、母は気を使い
頼んでいない、私から弟に頼んでも弟夫婦はやらない。

白血球が少なく、免疫力が弱いから、埃をたてたり、
感染に気をつけるようにと注意したが、
すぐ雑な事をして、埃をたてている。

それどころか、家事を一生懸命していると思っている。

その辺を詳しく聞くと、やっぱり。


何度説明したことだろう。
免疫力が無いから、少しの菌にも負けるんだと。

いつも埃をたてるから、だるさは雑菌に感染したんだろうね。と脅した。
微熱はそうかもしれない。

注意をきかないで、いちいちグチってこられるのは、こっちが参る。

1人暮らしならまだしも、父も弟夫婦もいるのに。
私の貴重な時間を母に奪われている。

しかも、弟の携帯に電話をかけたらでなかった。何かあったんじゃないか。
おかしい。私がかけたらいつもすぐでてくれるのに。
と言う。
自宅にかけてみたらいいじゃないかと言うと、黙る。
つまり、私に弟に電話をして、何をしているのか探ってほしいと言いたいのだ。

私にはぐだぐだと迷惑な電話をいつでもおかまいなくかけてくるのに、
弟には1回かけただけで、こんな調子。

勿論、相手にしなかった。

そして「忙しいから」と言って、電話を切った。

お母さんに大事にされて育った知人は、
実家の母が心配だとそれはそれは毎日気にして、
電話をかけてあげたり、贈り物をしたり、
お母さんの介護をする気満々で、優しい人がいる。

そしてその人のお母さんは、寡黙で娘をあてにしていない。
自分で何とかしっかり生きて行こうとされている。
だからこそ、優しさがうまれるのだろう。


     

色んな人のブログを読んだり、知人の話を聞いていて、価値観の違いというか経済観念の違いを感じる事が多い。育った環境も違うし、違って当然なのだろうけど、それはちょっと?と思う事がある。

いつもお金が無いという人。節約しているから大変、と言う人。貧乏自慢する人。

欲しい物をバンバン買って居たり、節約の基準が違うのだ。
ランチをするのに「この店安いわ。5千円よ。今日は節約してこれにする。」と言う人も過去にはいた。
お金を使う度に「いつも我慢しているからたまには自分へのご褒美」と言う。
本当に困っている時は、ご褒美なんてとんでもない、今日の食費をどうしようかというレベルだと思う。

夫も同じ。仮にお金があっても故意に使い果たして、お金が無い状況に無意識にしている。

無くなったところで貧乏アピールし、ケチである言い訳や人に寄生する理由づけ、自分は我慢して家族を養う立派な男の演出をする。

PP_isuisu

でもプライドだけは高いので、人から「稼げない人」とは見られたくない。
だから馬鹿にされてると思った時「自分は高給取りだ。能力が認められているから、稼いでいる。」と言い出す。真逆の事を。

自分からお金は無いアピールしながら、馬鹿にはされたくないということ。聞いている方が馬鹿らしくなる。

これは夫の育った環境に原因があると思う。以前にも何度か書いたと思う。

舅は真面目に働く良いお父さんだった様だ。高給取りだったと聞いた。少なくとも私の実家よりは。
先祖からの資産もあったようで裕福だった。

お金には困っていないはずなのに、姑の口癖は「お金が無い、うちは貧乏だ。本当なら私はもっとお金持ちと結婚するはずだった。こんな平凡な人と結婚した為に苦労した。」と子どもにも世間にも言い続けた。舅の立場は無かったが、怒る事も無く、強い姑の言いなりだった。

                                     

     

家に居る時間が多いと、ついコーヒーを飲み過ぎてしまう。

私はコーヒーが好きで、精神安定剤かわりに飲んでいるけど、1日3杯が限度。

飲み過ぎるとお腹が痛くなってしまう。

今、コロナでストレスが溜まっているのがわかる。ついお代わりしたくなるのをぐっと我慢。

タバコを吸う人はこんな感じなのかな。

コーヒーは我慢できるけど、タバコは依存症になる、身体には害になる、経済的に負担なのが違うな。

精神安定剤になるという点だけは似た様な感じだろう。
pretytop3PAKU4332

大きな災害が起きて、避難生活になり、停電や断水になって食事もまともにとれなくなった時、コーヒーの香りを嗅いだら、それだけで日頃いかに平和で幸せだったかを噛みしめることだろう。

避難所に、色んな人が差し入れしたり、炊き出ししてくれたりするけれど、あれは絶対嬉しい事だ。

私なら、あったかいコーヒーを1杯頂けたら、辛い事も忘れるかもしれない。

失ってわかる日常の幸せ。

そんな事を考えて居ると、まだまだ甘いなと自分に言い聞かせる。
家でコーヒーを飲み過ぎる心配なんて贅沢だ。とんでもない我儘だ。

さて、仕事に戻ろう。昼には少し歩こう。誰もいない道を。

昨日、ゆっくり散歩したら、太ももの痛みも軽く、歩けた。歩き方を変えてみたのが良かった。

モデル歩きが良いと聞いたが、できる訳もなく、でも何となく意識して歩くと確かに痛くなく、楽だった。でも、恥かしい。”何を気取ってんの、あのおばさん”と笑われそうだ。


     

コロナに関係なく、運動不足解消を意識していたが、最近また運動しなくなった自分。

歩いて買い物に行っていたが、帰りに買った物を両手にさげて歩くので(それも3日分位を買いだめするので重くなる)後日、変なところが痛くなり、足を引きずる様になってしまった。

もうお婆さんだ(´;ω;`)。
両手に荷物を抱えて、長く歩くとおかしな姿勢になる為か、ポンコツな身体にはすぐ影響が出る。

今も、右足の太ももと内側の筋か何かを傷めたのか、少し歩くとひきつり痛い。

歩き方が悪いのだと思う。

筋肉の疲労なら良いが、骨に異常がでるとこんなコロナの時、病院には行きたくない。
股関節を傷めて手術になる友人も結構いる。そんな事を考えると、痛いのを我慢して長く歩くのも今はやめようかなとか、意志が弱くなる。

かと言って、じっとしていてもどんどん筋力が落ちるし。

ほどほどに気を付けながら動くしかない。

運動不足にならない様に意識はして、身体をまめに動かす様にしよう。
TSU863_kirinosaki

今、予算委員会を見ながら書いている。

志位さんが、「文化、芸術、スポーツは人間が生きていく上で無くてはならないもの。どうかこの危機に特別の補償をして頂きたい」と訴えている。

[Go to キャンペーン]の予算には呆れている。それより先に使い道があるだろう。

マスクの怪しい件といい、何をやってもずれていて、モタモタしている国。

気分転換にプライムビデオで映画をみたり、DVDをみて過ごそうかなあ。

昨年見た、映画”Yesterday"

もし、この世にビートルズが存在しなくなっていたら?という映画。ビートルズファン向け?の楽しい映画だった。
今日は、そのDVDを観て気分を変えよう。(無くなったのは、ビートルズだけではなく、タバコ、コーラ、ハリーポッターも存在しなくなっていた)

シンデレラ役をした女優さん(リリージェームズ)が、恋人役ででていて、とても可愛いのと彼女の演技力で映画をより盛り上げており、音楽の良さも快感で、ほのぼのとした気持ちになる良作。


     

遠くにいる友人に、手紙を出した。

手紙を書くなんて久し振りだ。便せんを目の前にして緊張する。

いかに字を書かなくなったのかを感じる。漢字も忘れるし、文字が汚くなる。

メールやラインも便利だが、たまには手紙もいいんじゃないかと思った。

で、あえて手紙という遊び。お互い独身時代はよく手紙をやりとりしていた。
相手の字に個性を感じ、封筒が届いた時のワクワク感も今では忘れてしまっていた。


自分の字は、汚くなってきたけど、久しぶりに私の字を見て、「ああ、彼女の字だ。懐かしい」と思って貰えたら嬉しい。

コロナでどう過ごしているかも聞きたかったし、自分の様子も教えたかった。

電話やラインなら即終わるのに、あえて時間をかけて連絡するのもなかなか良いもの。

急ぎでなければ私はそういうやりとりが好きだ。肉筆に相手の体温を感じる。


ELLY95_hanatotegami

ただ、手紙は、自分の書いた物が相手に残るという事が欠点なのだ。


若い頃、何も考えず、書きたい事を自由に書いてやりとりしていた。
送った相手は私の手紙を捨ててくれてるだろうか。心配だ。

母から「押し入れを片付けたら、友達からの手紙が出て来たけど、どうする?」と連絡がきた。

高校生の頃、転校した友人とやり取りした手紙みたいだ。引っ越し時にいつのまにか処分されたと思っていたが、まだ残っていた様だ。

こういう事がある様に、どこかで私の若き頃のつまらない手紙が発見されて、読まれて笑われているかもしれない('A`|||)

なので、今回の手紙は誰に読まれても良い様に、気を付けて書いた。(笑)
     

テレビも再放送が多く、ニュースもコロナ、コロナで本当にストレスが溜まる。

ずっと休校の子どもたちは、もっとストレスだろうな。大事な成長期、なんだか心配になってくる。


あと2~3か月で収束するとわかれば、まだ頑張る気持ちにもなるが、今の検査数の少なさや、保健所に電話してもなかなかつながらないとか、医療崩壊とか、不安だけがつのる。

皆が我慢して自粛しても、全く気にしないで出歩く人がいる事が信じられない。

私も1人暮らしならそこまで神経質にならないが、家族にうつす訳にはいかないとそれだけでストレスになる。ずっと家に籠りたくなる。でも、そういう訳にもいかず。


買物するのも怖い。人と話すのも怖い。人が皆感染者に見えるし、自分ももしやと一日に一回は不安になる。

018ELLY18420

両親が「怖い」と言って毎日不安な様子でいるが、高齢者は本当に恐怖だろう。

家族が感染しても、付き添えない、顔も見れない、手も握れない、世話ができない、こんな残酷なウイルスだなんて最初は思っていなかった。大したことないみたいに専門家の誰かが言っていなかった?

コロナのせいで、人間の嘘や行動が暴かれている。

まるで人間社会のリセット?

毎日こんな事しか書けないのが辛い。もっと楽しい事を書きたい。

知り合いのシングルマザーが、会社がコロナが原因で倒産する様で、解雇されたとのこと。

ある学生さんは、母子家庭の方で、お母さんからの仕送りがとまり、アルバイトも無くなり、途方に暮れている。お母さんの仕事も無くなったそうだ。

国は何をやっているのだ。ここまでダメだとは思わなかった。

絶対に、忘れてはいけない。今起きていることを。
     

先日からぴたっと返信が来なくなった夫。

都合悪くなるといつもそう。だから別居はやめられないんだろうなあ。


自分の支払いも家族に押し付け、忘れた頃に「ご主人様のお帰りだぞ」と突然帰宅し威張る。

で、先日、自分が得をする話になると速攻返事してきたのに、その後、都合悪くなるとぱたっと無視が始まった。


そんな昨日、夫から郵便物が。連絡もなく私宛にきた。

どうせろくな物じゃないんだろうと思って開けてみた。

普通の夫婦なら「はい、わかった。協力するわ」で済む様なたいした用件では無かったが、夫のやり方に腹がたった。

自分は、こちらからのメールの返事は無視して、(私個人の事ではなく、夫の用件でも)私に責任を押し付けて逃げるのに、連絡も説明もなく、突然送りつけてきて「書類を揃えて、相手に郵送しろ」という事らしい。

手紙も何もそえていない。メールで説明する事も無い。お願いしますでもない。
夫の個人の用事で、私にはさっぱりわからない事。
必要な書類の名前が並べてあり、その中のいくつかに赤い丸がつけてある。

内容を見て、忖度してやっとけと。そういうことか。

私に関係の無い事だし、放置しておこうか。
意味がわからず、忖度する力もありませんという事で。

ひとこと、これをこうしてほしい。お願いします。の一言も言えないのか。
もし、同じ事を私や他人がやったら、夫は故意にその書類を汚したり、捨てたりすると思う。言い訳を用意した上で。

「さあ、知らない。何も連絡なかったし、間違えて届いたと思って捨てたよ。大事な物ならきちんと連絡してお願いすればいいだろう。いきなり送ったお前が悪い。」
と言うか、「え、そんなの送ったの?届いてないよ」ととぼけて終わりだろう。

わざと意地悪をして相手を困らせ、にやりと笑う。

そして「僕が教育してやらなきゃ、非常識な人だ」と偉そうに言う。

お前が言うか、だ。それはお前だろ!
C777_cofeecupmemo


夫は、妻子を家畜扱いしていると以前から感じていた。

自分の為に言いなりになって当然。自分の為に犠牲になって当然。自分にはそれだけの価値があると。

美味しい餌を与えすぎると調子にのって、贅沢になるから、わざと飢えさせる。たまに優しくして自分から離れないように躾ける。

家族が辛い想いをするほど自分の価値があがり、しがみつくと思っている。

そんな訳ないだろう、恨まれるだけだ。

夫を嫌いになるのは当然だろう。

家族にわざと嫌がらせをして、縁を切る様に仕向けているのだろうとずっと思っていた。

でも、最近そうじゃなくて、夫の思う家族像がおかしいのだとわかってきた。

家族とは、親と兄弟のみ。夫にとって大事な存在は実家だけ。

その他は、妻子でも他人でも自分の為に犠牲になるべき存在だというおかしな考えを持っている様だ。
自分に反抗する人は、「親の育て方が悪く、頭が悪いから自分が教育してあげないと」と言う目で見る。全ての人を自分以下に置く。利用できる人にはへこへこするが、裏では馬鹿にしている。

本物の偉人と自分を同一化している。

夫が幼児のまま時間が止まっている間、家族はどんどん成長して、夫抜きの真の幸せを味わっている。

家畜であるべき家族はどこにもいないのに、まだ、存在してると思っている。

私は、だいぶ前に「家族を家畜扱いしないで」と言って反発した事があった。夫は「何が悪い」と言って否定しなかった。「お袋もそう言っていたぞ」と付け足す。そう言えば黙ると思っている。

最後は脅迫して黙らせる。義親が健在の時は、逃げ場があったせいかすぐ脅迫してきた。

私は「どうぞ、お好きなように」と聞き流していた。口だけの小心者。

最近、義親もいなくなり、そういった場面も減ってきた。今回の件で、夫は再び私を家畜にできると思っている事だろう。いざと言う時、自分の世話をさせる為に。不安の裏返しなら面白いのだが。

しばらく、この郵便物は放置しておこう。




     

花粉症の時期が終わるまで洗濯物はなるべく室内に干している。

天気が良い日は外に干せたら気持ち良く乾くのにと思っても、我慢。

部屋だとなかなかカラッと乾かない。邪魔だし、うっとおしい。


パジャマのズボンなどは邪魔すぎて、外に干す事にした。

取り込む時には、良くはたいて、花粉やほこりなどをはらう。

最近は花粉症は軽くなってきているのだが、微熱やのどの違和感、軽い頭痛がするアレルギー症状が起きると、コロナではないかという不安が生じてきて、精神的によろしくない。
なので、今年は少しでも花粉対策を念入りにすることにした。ただでさえ、今年は早い時期から、咳がとまらないという人が多い気がする。
有害物質も飛散しているし、空気が汚れている事は確かだ。


コロナのせいで、巣ごもり生活になって、普段無意識に人々はストレス発散をしているという事がいやというほどわかってきた。


友人と会って食事したり、とりとめのないお喋りをするだけでも、どんなに気分転換ができることか。

買物だって、旅行だって、人が多く賑やかなほど気持ちが高揚してくる。

ライブだって大勢の人と一緒になってノリノリになって騒いで気分がスッキリする。

それをいつまでやらずに我慢すればいいのか。
gorimeconGFVL4041

コロナにはかかりたくないし、人にうつしたくないので、我慢はする。
このままでは、世の中の人たち、精神的にもやられてしまう。

それ以前に、生活ができなくなる恐怖、会社が倒産する恐怖まで襲うのだ。


何がオリンピックだ。国は後手後手で無策ばかりで、人災だろう。

外国に学ぶ事もせず、今まで何をやってきたんだ。
要請をきかない国民が悪い、憲法改正をという事にして誤魔化すつもりだろうが、そうはいかない。

検査まで熱があっても4日待てという。癌の治療中の人にもだ。そのせいで岡江久美子さんは亡くなった。
検査をしてほしいと訴えていたのに、様子をみたが為に手遅れになった。

非難されると今度は、そんなつもりで4日待てと言ってはいないと誤魔化す。
いつのまにか、日本は~非を認めない、責任をとらない、絶対謝らない、誤魔す事が当たり前に通る国になってしまったのか。

このイライラも、ストレスが溜まっているせい?

↑このページのトップヘ