りんごの嘆き

人生の後半もだいぶ過ぎた主婦りんごの嘆き。これからは自分らしく生きる。最後は笑って終わりたい。

     



今は8月だとわかっていたが
お盆の時期という感覚が無くなっていた。

いつのまにか、世の中の子どもたちは夏休み。
自分には季節感が感じられない。
毎日、コロナと熱中症にならないよう、
気を付けるだけの日々。

去年の今頃を思い出せば
気分が全然違う事に驚く。
これまで、どれだけ気分転換や
楽しい事をやろうと考えながら
過ごしてきたか。そんな事も忘れていた。

高校野球の甲子園大会の歓声も応援団の演奏も聞こえない。
「栄冠は君に輝く」
大好きな歌も聞こえない。
金属バットのカキーンという音も
ブラスバンドの応援歌も聞こえない。

生れて初めてだ、こんな夏は。
今年の日本は、コロナに加えて梅雨も長く
あちこちで水害もおきて
浮かれ気分は全く無かった。

今日、テレビで海水浴場の映像をみて驚いた。
八ヶ岳も人が多い。
密すぎる。

皆パワーあるなあ。

今年だけの辛抱で終わってほしい。


PPP_suzusigenahuurintachi_TP_V

朝起きてすぐ
ラジオ体操第一と第二をやった。

気持ち良いし、終わる頃には息があがっている。

子ども時代の夏休みの思い出、ラジオ体操。

最近はやらない地区が多いし、
特に今年はコロナでどこも中止だろう。

我が子が小さい時も、
寝ぼけ顔で近くの公園に行っていた。

自分も、休みなのに朝早く起こされる
ラジオ体操が嫌だった。
そんな思い出も消えた夏。

当たり前だった四季の行事は
人生の懐かしい思い出になって
子ども時代の故郷の思い出となり残る。

何気無い日常は
それだけで幸せだということを
つくづく感じる。

     

友人から結果の連絡がきた。


陰性だった。
ほっとして力が抜けた。

一番心配だったのは、
友人の症状が急変する事だった。
年齢的にも若くないし
昨日まで元気だった人が
急変したとの話をきくと
自分も不安になる。

検体を鼻からと、唾液の二つ取ったそうだ。

こういう実験的なやり方で
唾液検査の正確性が証明され、
気軽に唾液検査ができるようになってほしい。

もう普通に生活してもよいと言われたそうだ。


友人が言うには、
このまま会社全体でテレワークに移行してほしかったが
会社は、
テレワーク=社員がさぼる と思い込んでいて
よっぽどの事でないと、しないらしい。

リラックスしながらの仕事はダメ、
上司が見張る中で
緊張感の中で仕事をさせたいらしい。

友人が陽性だったらどうするつもりだったのか。


「陰性だったと上司に伝えると
検査を本当に受けたのか証明しないと
自粛中のテレワーク勤務を認めない。
休んだことにする、と言われたのよ。
信じられないでしょ?
さぼりたくて、コロナ疑いがあるからと嘘をついて
テレワーク希望しただなんて
社員を疑う会社ってある?」

macbook1696_TP_V

友人の会社は、パソコンがあればできる仕事で
事務所でなくても、家でもできる職種だそうだ。

それこそ、テレワークにぴったりの仕事。

家族経営で、頭の古い、
プライドだけが高い管理職ばかりなのだそう。

会社の所在地区に感染が広がっており、
知事がそれなりの宣言をだしても
テレワークをしたがらない経営者。
通勤電車もバスも危険なのに。

職場内は、マスクをしない人が多く
ソーシャルディスタンスも気にして無いという。

会社自体が、コロナ対策に疎いのだ。
もし友人が陽性だったら
社内感染が起きていたかもしれないのだ。

コロナかもしれない社員がでたのに
何も意識は変わっていないらしい。

そのくせ、もし社内から陽性者がでたら
その人を非難し、社内感染したら
全て個人のせいにすることだろう。

とりあえず、今は安心したが
まだまだこれから注意は必要。

友人も、会食はしばらくしないと今回のことで
懲りた様だ。

コロナをインフルエンザと同じだと
ただの風邪だと言う人がいる。
恐いのは、薬もワクチンも無いこと。
どういうウィルスかよく解明されていないこと。

変異した新しいコロナウィルスが
東京から地方に広がっているという話も聞く。
どこが、ただの風邪なのか。

     



保健所から、検査をするにあたらないと言われた
連休中に県外の人とも会食をした友人は
陽性者が急増してきて
急に不安になってきた様だ。

連休後、5日ほどして突然襲った息苦しさ。

1人暮らしで夜だったこともあり
尚更不安になったことだろう。
保健所に電話した翌日、かかりつけの病院に電話。

コロナの不安があると話し
診察予約をした。
感染者用の部屋で待たされ、
肺炎の検査。

結果は異状なし。

「鼻炎や、ストレスが原因で息苦しくなることもあります。
気にすると益々苦しくなったりします。
おそらく、コロナでは無いと思いますが」
とのこと。
「ですが、ただの風邪の症状でも
念の為に検査をしたら陽性だったケースもあります。
医師の予約で検査を受けられる検査機関がありますよ。
受けますか?」

と言われたそうだ。
予約をお願いすると
希望者が多いそうで、1週間後に予約がとれた。

発症から2週間前からの行動記録などを書かされるのだそう。

友人の場合は、軽い息苦しさのみで、
肺炎では無かったので良かったが、
発熱や倦怠感などの症状がある人は
1週間待たされるのは不安だろう。

その間、自宅待機で、家族がいれば尚更だ。

もし、待つ間に症状が悪化したら
すぐに連絡をと言われたそうで
こういう病院なら安心だ。

検査結果は検査翌日に本人に電話がくるのだそう。

ということは、今日、結果がわかるという事だ。
自分の事じゃないのに
ドキドキする。
受験の後の合否発表前の気分に似ている。

djrtfguhj_TP_V

色々、考えた。

もし陽性だったら、市や県のコロナ感染者数のニュースで流れ、

記者会見では、陽性者の職業や行動歴などを質問される。

友人の事も公になるわけだ。

保健所から濃厚接触者(職場や会食した人達)に連絡がいき、
全員PCR検査となる。
その中で陽性がでたら
またその人の家族や濃厚接触者が検査…。

友人もコロナの被害者なのだが
連休での行動を非難する人がでてくるだろう。

もし陽性だったら
誹謗中傷を受けないことを祈る。

検査を受けたことは
感染を防ぐ事になるはずなのに
非難される場合もあるという異常さ。

こういうことが不安で
逆に検査を受けない人もでてくるかもしれない。

そんな事を考えて居たら
まるで自分の事の様に思われ
益々、コロナより人が怖くなってきた。

さて、結果はどうだったかな。連絡くるかな。

     



遠方の友人からラインがきて
その後電話で話をした。

今日の夕方、PCR検査を受ける予定だという。
保健所では断られたので
医師に相談し、他の機関で受けるそうだ。
医師の予約で申し込めた。
費用も、初診料のみ。900円ほど。
保健所で断られた軽症の人の予約が多いのだろう。
検査日は1週間後だった。

検査を受けることは
職場の人にしか話していなくて
誰にも言えず、検査までの1週間、
自宅で1人自粛生活。
ストレスがたまり
遠方で影響の無い私に打ち明けて来た。

症状を感じた日から
仕事はテレワークに変えてもらい、
1人暮らしなので家族への感染の心配はない。
すぐに息苦しさも落ち着き、今は無症状らしい。

検査を受けると言うだけで
どんなデマや噂が流れるかわからないし
接触した人に余計な不安を与えるし
濃厚接触者になるであろう友人達にもまだ話せない。

結果が陰性なら問題は無い。

もし、陽性だったら
職場の人たち、一緒に遊んだ友人達も
無症状で感染しているかもしれない。

保健所から連絡がいき、騒ぎになるだろう。
今は誰も、体調不良はいないらしいから
大丈夫だとは思うが、不安でしかたないとのこと。
自分も、今後、体調が急変しないかも心配だと。

syodoku458A1956_TP_V

~PCR検査を予約するまでのいきさつ~

連休に友人と会食。
その後普通に出勤していたが
連休の1週間後、夜に息苦しさを感じた。

ネットで検索したら
息苦しさはコロナの兆候かもとあり、
連休にマスクをはずして色んな人と食事をしたことが
思い出された。
日数的に、発症する頃だ。
不安になり、コロナ相談センターに電話をかけてみた。

すると
「あなたの息苦しさは、たいしたことありません。
今普通に会話されてますよね。
もっと苦しさで会話もできない位のレベルの人が
症状があるとみなされるのです。
それ以外に症状が何もないのなら、
保健所では検査は受けられません。
コロナでは無いと思われます。
でも、気になるのでしたら
かかりつけの病院に行って相談されてください」

的な内容の話だったそうだ。
                   続く
     
     

コロナで友人にも会わず、
外出先から用事すんだら即帰宅。


スーパーで買い物するのも神経使い
ああ、もうストレスだらけ。

最近は、コロナの症状に苦しむ恐怖より
世間が怖い。

もし自分や家族が感染したら
近所の噂になるかも?
職場には必ず知られる。
濃厚接触者は調べる訳だし

誰かから感染しているわけで
皆がコロナの被害者。

でも、濃厚接触者に対しては
最初に陽性が判明した人がうつしたかのような
誤解をされる。

マスクもしないで
ソーシャルディスタンスも守らず、
人にうつしても構わないと思う人が、
故意にうつしたなら
非難されても誰もかばわない。

気をつけていても
かかってしまう事はある。

とても苦しい思いをしたり
急変して亡くなる話を聞くと益々怖い。
それより
まずは人の差別、誹謗中傷の方が怖い。

こういうのも、
誰でも検査を受けられるなら
無くなるのではないか。

症状が無くても
不安だから調べたいと思う人も
簡単に検査できればいいと思う。

無症状で、まさかと思っていた人が陽性かもしれないし
知らずに広げるところを防ぐ事もできる。

そして、
誹謗中傷している人も
自分が検査することになれば
まさかの陽性かもしれないし
そうなると、明日は我が身で
人の事を責めることもできなくなる。

体調が悪くても
検査を受けられない、
ただの風邪と言われたと言う人が
コロナだったらどうしよう
仕事は?家族にうつさないか?と不安で苦しむ事も無くすべきだ。
P1030538_EDIT_TP_V

地方によっては、
長崎みたいに
医師会が立ち上がって、
初診料だけで、検査を気軽に受けられる様になってきている。

おそらく他の地方もこれに続いて行くと思う。

国は税金あげようかとか言ってる?馬鹿か。
税金の無駄使いばかりしているくせに
国会も開かず、
あまりにずれている。
発想が、何につけてもおかしい。

どこの星の話?

冷房のきいた部屋にいると
冷えてきて
肩こり、頭痛、せきなども出る。

こんな時、コロナじゃないかとふと不安になる人も多いのでは。

感染者の数だけ
発表するのではなく
無症状、軽症、などの数字、
今日の退院者の数も同時に教えてほしい。

一番の解決策は、
国のトップがかわることかもしれない(笑)


     


久し振りに母から電話がきた。

弟から様子を聞いていたので
話の内容は予想通り。

声のトーンは低くて力が無い。

コロナのせいもあるが
鬱気味になるのは仕方ない。

体力が落ちて来て
かつての様に人とお喋りしたり、楽しい事も無いからだろう。
自分で散歩をしたり、
動く努力はしている様子。

父の手術の話になったが
やはり、病気になった事を責めている。

私の言う通りにしないからこうなった、と言う。

そうなのだ、自分の思い通りに人を動かす事を
当然と思っている。

私はそれは違うとたしなめて、同調はしない。
HOTEL86_washitunoocya20150124135505_TP_V

父が今後介護認定を受けられたら
介護サービスを受けられるだろうから
(これまでは、母だけではサービス受けられなかった)
掃除や買い物を頼めるねという話をした。

時間が短いかもしれないから
ヘルパーさんもバタバタかもしれないけど
掃除だけでも助かると思うよ、と勧めた。

弟夫婦がいっさい、やらないので
その辺の事情が、担当者にわかってしまうだろうけど
仕方ない。恥をかけばいい。

というか、そういう家庭は結構多いらしい。

今日は、布団を干したら暑くて気分が悪くなりそうだったと
言っていた。

そういう事も危険に思う。

でも、主婦は、やりたくなるんだよね。

そんな事も、できなくなったと思いたくないし。

母のやる気は理解できる。

でも、そういう事をした後、
いつも具合が悪いと言い出す母。

かといって
他に誰もしてくれない。

母が弟に頼めばやるだろうが
いつも家に居る訳じゃないし、
気を使っている。

週に一回でもいいから
掃除とか、布団干しとか
何かしてほしい事はない?と言って
手伝う人がいれば、
全然違うだろう。

私が近所に住んでいたら
今頃、命令口調で
毎日、家事をやりにこいと母から呼び出された事だろう。

弟夫婦は、全て私に押し付けて
夫婦で娘の所に行ったり
長期旅行に行っていた事だろう。

弟に文句を言う私を母が必死で止めて
彼等だけは特別扱いで
私はヘルパーかわりに使われていたと思う。


だから、県外に居て、良かったと思う。

コロナでストレスだけど
そう思うしか無い。

それにしても、父は歳相応の認知症。

頑固でおかしくなっている。

それを何度も母に言うのだが
母も頭が固くなっているので
聞いていない。

老後、配偶者と揉めながら
憎みながら最期を迎えるのは嫌だなあと
母を見ていて思う。


     

父の手術は約2時間半。


弟は、手術室前で父を見送り
駐車場の車の中で終わるのを待っている。

付き添い、面会は1人だけということで
常に弟1人で送迎したり
許可を得て部屋まで付き添っていたらしい。

1人と決まっていなくても
母は病気持ちだし
奥さんは全く無関心なので
弟1人が行動するのは予想していた。

コロナでこうなった今、
近くに弟がいてくれたのは
本当に助かった。
OG458A8663_TP_V

実家の近くに誰か親族がいるかと言えば
病気持ちのおひとり様の高齢者ばかり。
とても協力をお願いできるような方々ではない。

弟に何かあったら
弟の奥さんしか頼める人はいない。

おそらく手伝ってはくれないだろう。

これまで母が家事ができない時も無関心で
コロナ禍でも長期旅行に行こうとしたくらいだから。

弟が健康でいてくれる事を祈るしかない。

「ちょっとした怪我の治療程度だよ」と父の事を言うのだが
本当にそうなのだろうか。

高齢であろうが、
寿命であろうが
本人はまだまだ若い時のつもりでいるし
いつまでも生きていたいと思っている。

私たちと何も変わらない。
死ぬのは怖い。

勝手に、命の選別が行われる世の中はおかしい。

色々、怖い話が入ってくるのだが
人の寿命について
他人があれこれ決めるべきじゃない。

無事に手術は終わる事だろう。

弟へ。お疲れさま、ありがとう。


     

今日は父が入院する日。

弟にメールしたら
ちょうど病院にいた。

まずは、コロナの抗体検査をしてからだそうだ。
結果がでるまでの1時間、待っているところだった。

陰性を確認後
病室へ通され、説明を受けて今日は終わり。

明日が手術。

簡単な手術だし、父も旅行気分みたいで元気とのこと。

手術後、麻酔が醒めたら動いて大丈夫らしい。

とは言っても、痛みはあるだろうし
寝る時、背中が気になるだろう。

順調にいけば、数日で退院。

だから弟は、何も気にしていない様子。

それが私を安心させてくれる。
011KAI319_TP_V

高齢だから、いつ何があってもおかしくない。

これまで父に大きな病気などが無かった事が奇跡。

去年までは、行きたい時に行けた実家。

行くのをやめたらこんな事に。

まさかこんな感染症で世界中が混乱し、
自由に行けなくなるとは思いもしなかった。

母の病気が落ち着いてきた時だったのが救い。

両親に、もし今緊急な事が起こったら
私はどうすればよいのだろう。
こっちもあっちもクラスター発生してるし
危険な状況。

感染ルートをみると
ほとんどが県外に行った、県外から来た人に会った、
が多い。

移動すると感染するという感じ。

PCR検査をいつでも、誰でも、何度でも。
それができれば、
どうしても帰省しないといけなくなったら
検査をしてから出発し
帰宅前にまた検査をして
安全を確認した上で、行動できる。

私が若かった頃の日本の印象は
世界に先立ち、優れた研究者、専門家の元、
国が対策を次々と考え実行し、
国民の為に早く収束させる努力をする、
そんな国だった気がするが
いつのまにこんな最悪な国になったのだ。

政治がどれだけ自分の生活に影響があるのか
無関心だった人に今こそ、気が付いてほしい。

今の日本が当たり前だと思わないでほしい。


     


昨夜は何度か目が覚めて
寝てない様な気もするが
それでも夢を見た。

何となく気になる夢だった。

実家の夢は定期的に見る。
いつも自分だけが現在の年齢で
設定は子ども時代。

両親は若い。

元気で明るい雰囲気の夢だ。
子ども時代を思い出す。

でも、昨日は違った。

現在の私と現在の母が出て来た。

AME19716056_TP_V

私が帰宅すると
母が突然訪ねてくる。

夢の中にはコロナは無い。

母は、歳をとって病気なのに無理をしてやってきた。

何気ない会話をした後、すぐに帰るという母。
引きとめる事もしない私。

後から商店街を歩きながら
「ここで一緒に買い物をしてあげたら喜んだかな。」
とふと後悔する私。

すると目の前に、母の姿。
服屋さんで服をお土産に買っている。
嬉しそうに笑いながら。

その姿を遠くから見て
「ああ、やっぱり一緒に買い物したかったんだろうなあ」と思う私。

帰りの新幹線の場面になる。

せっかく無理して1人で来た母に対して、
そっけなくしたので、見送りには行こうと決め、
急いで駅に走る私。

母が乗ったあたりの座席の近くまでホームを走る。

新幹線が動き出した。

良く中が見えないが、とにかく手を振る。
一生懸命の笑顔で手を振った。

きっと母は、中から私の姿を見ているだろう。

そして私の笑顔を見て安心しただろうなと。

口には出さないが、
私の事が気になって心配でたまらず
1人で来てしまった母を感じた。

とても、悲しい夢だった。

これは、コロナのせいで
身動き取れない私も親も同じストレスを抱えているが
いつお別れになるかわからない両親がいるという
私の不安も表れているのかもしれない。

そして、我が子達の事も
心配する母としての自分の心境も。


     

アベノマスク更に8千万枚配布について、
延期はされたが、すでにその分の税金は使われている。
備蓄用にするらしいが
いつ誰が使う?

どうして本当に今すぐ必要な事に税金を使わないのか?
役にたたない物より
お金を配ればいいじゃない。

本当に国民にお金を配るのは嫌な様だ。

夫がお金を送らず、不要なガラクタを妻子に送ってくるのと似ている。

そして「くれてやった。」と自己満足。
お金は絶対渡したくない様で
物を渡して誤魔化す。
それも、全く役にたたない不良品や貰い物や
自分が新しい物を買って、使用済みの物を家族に使わせる。

どんな物でも、送れば
してやった、となる。
自分は浪費三昧。


TS0529015_TP_V

以前、ドライブレコーダーをつけようと思い、
私が店で見ていたのを夫が知り
別居先に帰ってすぐに
夫が送って来た。

中古のドライブレコーダー。
良く見ると
海外製の取説もない怪しげな製品だった。
ネットでレビューを見たら
安物ですぐ故障する物だった。

だから私に送って来たのだろう。
自分はもっと良い物を買って。

メモが入っており
「プレゼントだ。自分で配線するように。」とある。

店で自分で選び、つけてもらう方が早い、
そうするつもりだった。
何故、そこまで指示する?

自分でじっくり選ぶつもりだった。
それを知っていた夫。

夫は、私が楽しむ事をさせたくなくて
こいつには中古でいい。工賃ももったいない。
どうせ女にはわからない、と思ったのだろう。

妻子が、自分より新しい物を使うのも嫌なのだ。


↑このページのトップヘ